Create issue ticket

考えれる119県の原因 呼吸筋麻痺, 虚弱

  • 低カリウム血症

    低カリウム血症の症状としては、多尿、高血圧、疲労、筋力低下、神経機能の低下、不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、虚弱、便秘、乾燥肌、筋肉痙攣(こむら返り)などがある。 軽度 (K 3.0-3.5mEq/L)特段の症状は現れない事が多い。若干血圧の上昇や不整脈を引き起こすことがある。[ja.wikipedia.org] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 症状 [ 編集 ] 低カリウム血症の症状としては、 多尿 、 高血圧 、疲労、筋力低下、神経機能の低下、不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、虚弱、 便秘 、乾燥肌、筋肉痙攣( こむら返り )などがある。 軽度 (K 3.0-3.5mEq/L) [2] 特段の症状は現れない事が多い。[ja.wikipedia.org]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp] 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は主に中高年に発症する、進行性の筋力低下や萎縮を特徴とする神経難病です。健康な人を数年の内に呼吸麻痺により死に至らしめる難病で、この経過を遅らせる有効な治療法は現在のところ、ありません。[u-tokyo.ac.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp] 重症例では,呼吸麻痺に対する呼吸補助(人工呼吸)が行われることがあります。 (参考) 厚生労働省検疫所ホームページ:ギラン・バレー症候群について[pe.emb-japan.go.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 急性間欠性ポルフィリン症、虚弱者または呼吸機能が低下、頭部外傷後遺症または進行した動脈硬化症、心障害、肝障害、腎障害、アルコール中毒、薬物依存傾向または既往歴、神経症、甲状腺機能低下症がある。[rad-ar.or.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    呼吸困難が強くなれば生命にかかわることがあり、 重症無力症でみられる呼吸麻痺をクリーゼと言い、 医療機関への救急受診が必要となります。[ketsukyo.or.jp] 1)低頻度反復刺激誘発筋電図 2)エドロフォニウム試験(眼球運動障害、低頻度反復刺激誘発電図などの客観的な指標を用いて評価すること) 3)単線維電図 4.鑑別診断 眼麻痺、四肢筋力低下、嚥下・呼吸障害を来す疾患は全て鑑別の対象になる。[nanbyou.or.jp] 重症無力症における注意すべき点 クリーゼについて: 感染や外傷、ストレスなどをきっかけに、急激に全身の筋肉が麻痺することがあります。特に、呼吸の筋力低下によって急に息苦しくなる状態を、クリーゼといいます。クリーゼにならないために、普段より息苦しさが強くなったときは、早めに受診する必要があります。[utanohosp.jp]

  • インフルエンザ

    合併症がハイリスクとなる人とは、 65歳以上の年齢 慢性呼吸器疾患(喘息やCOPD) 心血管疾患(高血圧単独を除く) 慢性腎、肝、血液、代謝(糖尿病など)疾患 神経疾患(運動麻痺、痙攣、嚥下障害) 免疫抑制状態(HIV感染や、薬物によるものを含む) 妊婦 長期療養施設の入所者 著しい肥満 アスピリンの長期投与を受けている者 担癌患者 「インフルエンザ[ja.wikipedia.org] 使用上の注意 してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります) 短期間の服用にとどめ,連用はしないでください 相談すること 1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください (1)医師の治療を受けている人 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体[info.pmda.go.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 5型

    ,上肢型(普通型),下肢型(偽多発神経炎型)などに病型分類されることがある.その他呼吸麻痺が初発症状としてみられる例や首下がり症状で発症する例がある.高齢発症例では球麻痺型の割合が高くなる.[kotobank.jp] 【用語説明】 ※1 筋萎縮性側索硬化症(ALS): 筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、極めて進行が速く、約半数の患者さんが発症後3年から5年で呼吸麻痺により死亡するという難病です。1年間に人口10万人あたり1 2人程度が発症するといわれており、国内の患者数はおよそ7000人です。[igakuken.or.jp] 対症療法 として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、 栄養 管理のため 胃瘻 や 中心静脈栄養 を使う。その他、 QOL 向上をはかって、 流涎 や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org]

  • 多巣性運動ニューロパチー

    適切に治療されない場合、筋肉のやせが進むことはありますが、呼吸麻痺することはありません。 キーワード解説 抗GM1抗体 神経に存在する「糖脂質」という物質に対する抗体で、約半数のMMN患者さんの血液中に認められます。自分の神経を攻撃する「自己抗体」として働いている可能性がありますが、病因的意義は不明です。[jbpo.or.jp] この他、首を含む全身のに、筋力低下や動かしているうちに力が出なくなる疲労現象を認めます。重症例では、呼吸麻痺が出て緊急の人工呼吸器管理を必要とする場合もあります。[jikei.ac.jp] が全身へと拡がり,呼吸麻痺のため生命の危険にさらされるようになります.またルーゲーリックは30歳代の後半で発症しましたが,一般に50歳代に発症のピークがあり,男性が女性より約2倍多く,年間発症率は人口10万人当たり1-2人であります.また家族歴も約10%に見られるともいわれています.[itsuki-hp.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    重症化すれば呼吸麻痺にいたります。 解説 末梢神経系に炎症が生じ、髄鞘とよばれる神経線維を取り囲む組織が破壊されることによっておこる病気です。髄鞘が破壊されることを脱髄と呼びます。ギランバレー症候群は末梢神経の代表的脱髄疾患です。症状が出現する数日 数週間前に呼吸器系や消化器系の感染症が多くの例でみられます。[kanden-hsp.jp] 呼吸障害 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の検査・診断 一つの検査で診断がつくわけではなく、診断の上では、 発症 からの経過と診察の 所見 も非常に重要となる 検査の例 末梢 神経伝導検査 神経の電気信号を伝える速度が通常よりも低下していないかを調べる 神経根 MRI ( 脊髄 MRI)検査 神経の形や性状に異常なものがいないかを[medley.life] から数ヶ月かけて徐々に進行するのが特徴 国の難病指定を受けている特定疾患の一つ 有病率 は10万人に1.6人と報告されている 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の症状 主に左右対称に手足の運動や感覚の障害が起こる 手足の筋力低下、脱力 手足の感覚障害、しびれ まれに手足以外の部分の神経の異常が起こることもある 嚥下困難 顔面神経麻痺[medley.life]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    症状 初発症状は、手・指の萎縮と筋力低下を特徴とする。 次第に上肢・下肢の麻痺へと進行する。 進行に伴い言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる。 感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡の4つが生じにくいことが特徴(4大陰性徴候)。 検査と診断 特異的な診断法はない。初期症状や神経学的所見などをもとに、総合的に診断する。[nurseful.jp]

さらなる症状

類似した症状