Create issue ticket

考えれる100県の原因 呼吸筋麻痺, 自律神経性ニューロパチー

  • ギラン・バレー症候群

    と急性自律神経ニューロパチー 小池 春樹 急性発症CIDP 神林 隆道,園生 雅弘 ギラン・バレー症候群の治療 野村 恭一 ギラン・バレー症候群の予後,予後関連因子 海田 賢一 ギラン・バレー症候群の新規治療の現状と展望 三澤 園子 総説 【シリーズ・ビタミンと神経疾患 その3】 ビタミンDと多発性硬化症 新野 正明,宮崎 雄生 原著 日本人小児部分[igaku-shoin.co.jp] 顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp]

  • ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp] 筋力低下はしばしば下肢近位側より始まり、上肢や下肢遠位にみられることもあり、呼吸まで悪化して呼吸不全を伴う完全麻痺になることがある。両側性軸索運動神経障害は遠位橈骨神経を障害することもある[King et al 2002]。運動神経障害は脳神経も含み、球麻痺をおこすことがある。[grj.umin.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp] 、けいれん、呼吸麻痺、不安、不眠、錯乱、うつ病、譫毛) ・自律神経・視床下部症候(高血圧、頻脈、発熱、発汗、低Na血症(SIADH) ③急性ポルフィリン症の初診断名 ・急性腹症、イレウス、虫垂炎、膵炎、消化性潰瘍、胆石症、尿路結石、精神異常、てんかん、Guillain-Barre症候群、SMON病、妊娠悪阻、卵巣捻転、子宮外妊娠 ④急性ポルフィリン[sakurafriends.jugem.jp]

  • ニューロパチー

    最もよく知られた自律神経ニューロパチーは,糖尿病,アミロイドーシス,または自己免疫疾患に起因する末梢神経障害に伴うものである。自己免疫自律神経ニューロパチーは,ウイルス感染後にしばしば発症する特発疾患であり,発症は亜急性のことがある。自律神経機能不全は通常,アルコール末梢神経障害においては晩期の症候である。[msdmanuals.com] 神経症状が出てから2週から4週で症状はピークになり、重症例では四肢麻痺が進んで歩行に介助を要し、10数%の患者さんは呼吸にも麻痺が及んで人工呼吸器を装着することが知られています。また約半数の人は顔面神経麻痺、複視、嚥下障害といった脳神経障害を生じます。頻脈、徐脈、起立性低血圧、膀胱直腸障害といった自律神経障害を伴うこともあります。[neurology-jp.org] 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。呼吸麻痺により呼吸障害をきたすこともある。 発症1 2週間前に、軽い上気道炎症や下痢がみられる。 発症から4週間以内に症状のピークを迎え、その後自然回復することが多い。しかし、後遺症が残ることもある。[nurseful.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    最もよく知られた自律神経ニューロパチーは,糖尿病,アミロイドーシス,または自己免疫疾患に起因する末梢神経障害に伴うものである。自己免疫自律神経ニューロパチーは,ウイルス感染後にしばしば発症する特発疾患であり,発症は亜急性のことがある。自律神経機能不全は通常,アルコール末梢神経障害においては晩期の症候である。[msdmanuals.com] 呼吸麻痺、嚥下障害、不整脈や血圧の変動などの自律神経障害などを伴う重症例の場合では、厳重なモニタリングや、人工呼吸・循環管理などの集中治療を要する場合があります。[byouin.metro.tokyo.jp] 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。呼吸麻痺により呼吸障害をきたすこともある。 発症1 2週間前に、軽い上気道炎症や下痢がみられる。 発症から4週間以内に症状のピークを迎え、その後自然回復することが多い。しかし、後遺症が残ることもある。[nurseful.jp]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    分類 [ 編集 ] I型(遺伝感覚根性ニューロパチー) II型(先天感覚根性ニューロパチー) III型(家族自律神経異常症/ライリー・デイ症候群) IV型( 先天性無痛無汗症 ) 痛覚・温覚が欠如しており、発汗しない。 V型 痛覚の欠如および不完全性の無汗症。 関連項目 [ 編集 ] 症候学 ニューロパチー[ja.wikipedia.org] 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。呼吸麻痺により呼吸障害をきたすこともある。 発症1 2週間前に、軽い上気道炎症や下痢がみられる。 発症から4週間以内に症状のピークを迎え、その後自然回復することが多い。しかし、後遺症が残ることもある。[nurseful.jp] 自律神経ニューロパチーIV型(HSAN IV)の特徴は、痛覚と温度覚に影響を及ぼす先天的かつ重篤な感覚消失と発汗欠如である。[grj.umin.jp]

  • 遺伝性神経障害

    ニューロパチー 遺伝感覚ニューロパチー ネラトン症候群 モルバン病 優性遺伝感覚ニューロパチー 劣性遺伝感覚ニューロパチー 遺伝感覚自律神経ニューロパチー 遺伝性圧脆弱性ニューロパチー 先天性無痛無汗症 慢性家族性多発性神経炎 遺伝性ニューロパチー 間質性神経炎 全身末梢神経症 特発性ニューロパチー その他の多発(性)ニューロパチ[scuel.me] 重症例では呼吸麻痺に対する呼吸管理が必要になる。中枢神経系髄鞘形成不全に対しては、知的障害に運動障害を伴うことが多いことから、脳性麻痺児に準じた療育を受けることが実際的である。ワーデンバーグ症候群に伴う感音性難聴に対しては、人工内耳の装着を行なう(13)。[plaza.umin.ac.jp] 脱髄および再髄鞘化が生じ,肥大した末梢神経およびオニオンバルブが神経生検により認められる。 感覚・自律神経ニューロパチー 遺伝感覚・自律神経ニューロパチーはまれである。5つの病型が報告されている。遠位部の温痛覚の消失が,振動覚および位置覚の消失よりも顕著である。[msdmanuals.com]

  • 遺伝性運動感覚性神経障害

    ニューロパチー 遺伝感覚ニューロパチー ネラトン症候群 モルバン病 優性遺伝感覚ニューロパチー 劣性遺伝感覚ニューロパチー 遺伝感覚自律神経ニューロパチー 遺伝性圧脆弱性ニューロパチー 先天性無痛無汗症 慢性家族性多発性神経炎 遺伝性ニューロパチー 間質性神経炎 全身末梢神経症 特発性ニューロパチー その他の多発(性)ニューロパチ[scuel.me] 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。呼吸麻痺により呼吸障害をきたすこともある。 発症1 2週間前に、軽い上気道炎症や下痢がみられる。 発症から4週間以内に症状のピークを迎え、その後自然回復することが多い。しかし、後遺症が残ることもある。[nurseful.jp] 脱髄および再髄鞘化が生じ,肥大した末梢神経およびオニオンバルブが神経生検により認められる。 感覚・自律神経ニューロパチー 遺伝感覚・自律神経ニューロパチーはまれである。5つの病型が報告されている。遠位部の温痛覚の消失が,振動覚および位置覚の消失よりも顕著である。[msdmanuals.com]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    ** とうにょうびょうじりつしんけいしょうがい シソーラス PubMed, Scholar, Google, WikiPedia 【類義語】 糖尿病ニューロパチー, 糖尿病多発神経障害, 糖尿病自律神経障害, 糖尿病筋萎縮症, 糖尿病自律神経ニューロパシー, 糖尿病自律神経ニューロパチー, 糖尿病単ニューロパシー, 有痛性糖尿病性神経障害[lsd-project.jp] 重症化すれば呼吸麻痺にいたります。 解説 末梢神経系に炎症が生じ、髄鞘とよばれる神経線維を取り囲む組織が破壊されることによっておこる病気です。髄鞘が破壊されることを脱髄と呼びます。ギランバレー症候群は末梢神経の代表的脱髄疾患です。症状が出現する数日 数週間前に呼吸器系や消化器系の感染症が多くの例でみられます。[kanden-hsp.jp] 2型糖尿病神経膀胱 2型糖尿病神経痛 2型糖尿病自律神経ニューロパチー 2型糖尿病多発ニューロパチー 2型糖尿病性単ニューロパチー 2型糖尿病性末梢神経障害 インスリン非依存性糖尿病 NIDDM  末梢循環合併症を伴うもの 2型糖尿病・末梢循環合併症あり 2型糖尿病性壊疽 2型糖尿病性潰瘍 2型糖尿病性血管障害 2型糖尿病性動脈硬化症[scuel.me]

  • 傍腫瘍性末梢性ニューロパチー

    運動感覚ニューロパチー 脱髄 ニューロパチー 自律神経 ニューロパチー がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)の症状 特定の症状のパターンがあるわけではなく、以下のようなものが様々な部位に、様々な組み合わせで生じる 筋力低下 感覚低下 腱反射の消失 がんニューロパチー(傍腫瘍末梢神経障害)の検査・診断 確定診断に必要な検査[medley.life] およそ左右対称の症状で、遠位筋優位もしくは近位優位の筋力低下をきたします。また下肢優位もしくは上肢優位のこともあります。筋力低下は進行性で、最終的には四肢麻痺呼吸麻痺(25%は人工呼吸器)となります。[ikeda-c.jp] 致命的な: 糖尿病性神経障害 : 両側横隔神経麻痺 両側横隔神経麻痺は、めったにありませんが、時々学会報告されます。 糖尿病性神経障害 により、 呼吸である横隔膜を支配する横隔神経が左右とも機能が悪くなると、肺での換気ができなくなります。[nagasaki-clinic.com]

さらなる症状