Create issue ticket

考えれる343県の原因 呼吸筋麻痺, 腹痛

  • ポルフィリン症

    腹痛、便秘、嘔吐の消化器3症状が特徴として挙げられます。腹痛は、押すと痛みが出る一方で腹部は極めて柔らかい状態です。また、症状が多彩で、循環器症状として 高血圧 、精神神経症状としてはヒステリー、多発性神経炎などを伴うことが特徴です。 さらには、家族歴も挙げられます。[saiseikai.or.jp] 急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    多くの場合、前駆的症状として感冒様症状や下痢・腹痛などの消化器症状に引き続き、1 2週間 後に発症します。臨床症状は、手足の筋力低下、運動麻痺や感覚異常です。こうした症状は、多くの場合2 4週間進行した後、病勢は沈静化します。しかし重 症の場合は、呼吸筋が障害され呼吸ができなくなり、人工呼吸管理を必要とすることがあります。[ketsukyo.or.jp] 顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] 典型的な症状としては、感染症状(咳・腹痛・下痢など)の数日から数週間後に手足の力が急に入らなくなってきます。通常、下肢から始まり徐々に上肢に広がっていきます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    などの腹部症状でおこることが多い 腹部症状 腹痛、嘔吐、 便秘 など 神経症状 末梢神経障害 手足の動きの 麻痺 やしびれ、痛みなど 中枢神経症状 頭痛 意識障害 、幻覚、けいれん 自律神経 障害 高血圧 頻脈 皮膚症状は出ない 急性間欠性ポルフィリン症の検査・診断 血液検査、尿検査で診断する 腹痛から 急性虫垂炎 や婦人科疾患と、神経症状[medley.life] 急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • ボツリヌス中毒

    胃腸炎症状は少ないが、腹痛、下痢(病初期)、持続する便秘(進行した時期)がみられる。なお、意識は清明で発熱はみられない。 9)14) 重症例では、呼吸筋、横隔膜麻痺のため呼吸困難におちいり死にいたる。[j-poison-ic.or.jp] 炎症を起こす ・O-157もこれに分類される ・感染源は肉(牛、豚など)と糞による二次感染の食品、そして未殺菌乳、野菜、リンゴジュース、ヨーグルト、浅漬けなど ・熱に弱く、75 1分間で死滅するなど、加熱が予防に役立つ ・潜伏期間は長く4-8日ほど ・健康な成人では軽い下痢のみが多いが、乳幼児や基礎疾患を有する高齢者では重篤になりやすい ・腹痛[sukegawa-clinic.com] 麻痺と四肢筋の筋力低下の順序と強さは鑑別点の一つになる.つまり,ボツリヌス中毒では四肢筋力が比較的保たれているのに呼吸麻痺が強いのに対し,Fisher型のギランバレー症候群ではまず,四肢筋力が低下して歩けない状態になった後に呼吸麻痺が起こることが多い(2).[square.umin.ac.jp]

  • 急性胃腸炎

    一般的にウイルス性胃腸炎よりも細菌性腸炎のほうが重症になりやすく、しばしば激しい腹痛、血便、38 以上の高熱を伴う。 ほとんどの場合、数日 1週間程度で自然軽快するが、脱水症状には注意が必要である。また、細菌性腸炎では、ときに重篤な合併症を起こすこともある。[ja.wikipedia.org] 潜伏期は2時間 3日で、頭痛・眼瞼下垂・散瞳・複視を 初発症状とし、まもなく嚥下障害・発語障害・呼吸麻痺へと進み、3 7日目に死亡す る(日本に多いE型による死亡率は35%)。早期に抗毒素血清を使用することが大切。 3.セレウス菌:Bacillus cereus による。[nms.co.jp] 【症状の現れ方】 ほとんどが腹痛、発熱、血便で始まります。細菌性の胃腸炎は腹痛が比較的強く、腸の動きが悪くなって腹部が膨満することもあります(麻痺性イレウス)。発熱は細菌感染に伴って持続します。嘔吐も現れますが、ウイルス感染によるものより比較的遅れて出現します。 便には血液、粘液、うみなどが混じります。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 食中毒

    アニサキス 特徴 海産魚介類に寄生する体長2 3cm 寄生虫で、ヒトが海産魚介類を生食することにより、アニサキスの幼虫が胃腸壁に侵入し、腹痛等の症状が起こる。 症状 胃アニサキス症:1 8時間程で腹痛、悪心、嘔吐が起こる。 腸アニサキス症:数時間 数日後に腹痛、悪心、嘔吐が起こる。[city.sagamihara.kanagawa.jp] 平成29年2月17日(金曜日)の給食の時間以降、第九小学校、第十小学校、けやき台小学校、南砂小学校、若葉小学校、松中小学校、新生小学校の児童と教職員1,098人(2月24日正午現在)に嘔吐、腹痛等の症状が発生しました。[city.tachikawa.lg.jp] 食後30分 6時間で、はきけ、腹痛などの症状が出ます。 生の魚や貝などの魚介類(ぎょかいるい)が原因となります。 さしみ、すし 塩分のあるところで増える菌で、真水や熱に弱い特徴があります。 食後4時間 96時間で、激しいげりや腹痛などの症状が出ます。 十分に加熱されていない肉(特にとり肉)や、飲料水、生野菜などが原因となります。[maff.go.jp]

  • 感染性大腸炎

    下痢や腹痛、血便などの症状が思い当たる方は、この記事で確認してみてください。 あなたのスマホが、お薬手帳に! 症状は、下痢・発熱・嘔吐(おうと)など 潰瘍性大腸炎は、原因不明の病気です。 症状には、次のようなものがあります。[epark.jp] 潜伏期は18 48時間で軽度の消化器症状、その後羞明・眼瞼下垂などの眼症状、発声困難や嚥下困難、続いて呼吸困難を来す。発熱や意識障害は見られない。呼吸麻痺で死亡する。治療は抗毒素血清、人工呼吸。乳児ボツリヌス症は主にボツリヌスの芽胞を含んだはちみつを摂取して発症する。1歳未満の乳児に発症。[nishimuranaika-cl.com] 加熱不十分な瓶詰め、真空パック食品などの酸素が少ない条件下で食品中で増殖した ボツリヌス菌の産生する 毒素が消化管から吸収され、神経接合部に作用して麻痺を起こして複視、発語・嚥下障害、四肢麻痺呼吸麻痺などを来たし、重症例では死亡する。潜伏期は12 36時間のことが多い。食品を十分加熱すれば食中毒を起こすことはない。[nsknet.or.jp]

  • フグ中毒

    その後、頭痛、腹痛、嘔吐などの中毒症状が表れ、重症の場合は、歩行起立困難、言語障害、呼吸困難などを起こして死に至ります。 フグの毒力には個体差がある フグは、同じ種類でも季節や生息海域によって、毒の強さが異なるうえ、個体差が非常に大きいと言われているため、安全に食べるには専門的な知識と経験が不可欠です。[city.hirado.nagasaki.jp] 治療 フグ中毒の治療では、呼吸麻痺による換気不全と低酸素状態を解除することが主となります。具体的には、口から呼吸の管を挿入して人工呼吸での管理を行います。フグ中毒において最も重要なことは、早期に診断を受け、早めに呼吸機能を補助することです。[medicalnote.jp] 症状は、しびれや腹痛、嘔吐など。何人かは重体で意識がなく、非常に危険な状態だった。 翌朝1人が死亡し、その2日後にはさらに1人が死亡した。 一方で、危篤状態に陥っていた男性の他3人は一命を取り留めた。 事件があった相撲部屋の力士たちは、九州場所が行われていたため福岡県にいた。 稽古場を後にする、若い衆たち。[ntv.co.jp]

  • インフルエンザ

    主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、微熱です。通常、これらの症状が1 2日間続いた後に治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や、軽い風邪のような症状の場合もあります。[kantei.go.jp] 合併症がハイリスクとなる人とは、 65歳以上の年齢 慢性呼吸器疾患(喘息やCOPD) 心血管疾患(高血圧単独を除く) 慢性腎、肝、血液、代謝(糖尿病など)疾患 神経疾患(運動麻痺、痙攣、嚥下障害) 免疫抑制状態(HIV感染や、薬物によるものを含む) 妊婦 長期療養施設の入所者 著しい肥満 アスピリンの長期投与を受けている者 担癌患者 「インフルエンザ[ja.wikipedia.org] 年齢によりますが、頭痛や腹痛などの症状が出ることもあります。熱は4 5日続いて、その間に気管支炎や肺炎をはじめとする合併症がおこることがよくあります。 伝染力が強く、熱が下がってもその後数日間はほかの人にうつす可能性が高いので、家での安静が必要です。[know-vpd.jp]

  • ダニ麻痺症

    ダニにかまれることで感染する疾患 疾患名 重症熱性血小板減少症 候群(SFTS) つつが虫病 日本紅斑熱 ライム病 病原体 SFTSウィルス つつが虫病リケッチア 日本紅斑熱リケッチア ボレリア 病原体をもつ ダニの種類 マダニ類 ツツカムシ類 (ダニの一種) マダニ類 マダニ類 症状 発熱、消化器症状(嘔気、嘔吐 、腹痛、下痢、下血)など[city.chikuma.lg.jp] 犬のダニ麻痺症の主症状 フラフラ歩く 後肢の脱力 顔面の弛緩 発声障害と嚥下困難 呼吸麻痺 瞳孔散大[koinuno-heya.com] ・潜伏期:6日〜2週間 発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が多くの症例で認められ、その他頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状などを起こします。[bravopets.jp]

さらなる症状

類似した症状