Create issue ticket

考えれる66県の原因 呼吸筋麻痺, 腰背部痛

  • ギラン・バレー症候群

    顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp] 重症例では,呼吸麻痺に対する呼吸補助(人工呼吸)が行われることがあります。 (参考) 厚生労働省検疫所ホームページ:ギラン・バレー症候群について[pe.emb-japan.go.jp]

  • 脊髄梗塞

    急性期にはエダラボンなどの脳脊髄保護療法を開始しつつ,速やかに血栓融解療法を行う.抗リン脂質抗体症候群の場合は,副腎ステロイド療法(プレドニゾロン 40 60 mg)に加えて,急性期のヘパリン療法も併用する.その他,大動脈炎でのステロイド療法の併用や梅毒性血管炎でのペニシリン大量投与など基礎疾患への対応も併用する.また上位頸髄レベルの障害では呼吸麻痺[kotobank.jp] […] timeは78分で,clamp時の体温は25度とした.術直後のCTでは人工血管周囲に一時血腫を認めたが術後 2 週間でのCTでは縮小しており,また下行大動脈にflapの残存を有したが脊髄,腹部臓器に虚血所見はなかった.下肢不全麻痺などの神経症状はなく,全身状態良好にて 5 月27日退院した.以降外来にて経過観察としていたが,8 月下旬ごろより背部[jsvs.org] 麻痺症状は上行し延髄レベルへの麻痺進行の可能性が考えられたため、入院第6病日ステロイドパルス療法を追加したが、呼吸麻痺による呼吸不全のため第7病日に死亡。家族の同意を得て病理解剖実施した。[archive.jsco.or.jp]

  • ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp] 筋力低下はしばしば下肢近位側より始まり、上肢や下肢遠位にみられることもあり、呼吸まで悪化して呼吸不全を伴う完全麻痺になることがある。両側性軸索運動神経障害は遠位橈骨神経を障害することもある[King et al 2002]。運動神経障害は脳神経も含み、球麻痺をおこすことがある。[grj.umin.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp] 、けいれん、呼吸麻痺、不安、不眠、錯乱、うつ病、譫毛) ・自律神経・視床下部症候(高血圧、頻脈、発熱、発汗、低Na血症(SIADH) ③急性ポルフィリン症の初診断名 ・急性腹症、イレウス、虫垂炎、膵炎、消化性潰瘍、胆石症、尿路結石、精神異常、てんかん、Guillain-Barre症候群、SMON病、妊娠悪阻、卵巣捻転、子宮外妊娠 ④急性ポルフィリン[sakurafriends.jugem.jp]

  • 糖原病 2 型

    ポンペ病(ぽんぺびょう、Pompe Disease)は、糖原病の1つ(II型)であり、細胞内酵素であるα1,4グリコシダーゼの欠損によりあらゆる細胞のライソゾームにグリコーゲンが蓄積する病態である。常染色体劣性遺伝形式をとる。ライソゾームに関連した酵素が欠損しているために、分解されるべき物質が老廃物として体内に蓄積してしまう先天代謝異常疾患の総称である「ライソゾーム病」として特定疾患に2001年に指定された。糖原病や酸性マルターゼ欠損症(AMD)とも呼ばれる。オランダの病理学者・ヨアネス・カッシアヌス・ポンペが1932年に初めて報告した。 発病年齢は幼児期から[…][ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    合併症がハイリスクとなる人とは、 65歳以上の年齢 慢性呼吸器疾患(喘息やCOPD) 心血管疾患(高血圧単独を除く) 慢性腎、肝、血液、代謝(糖尿病など)疾患 神経疾患(運動麻痺、痙攣、嚥下障害) 免疫抑制状態(HIV感染や、薬物によるものを含む) 妊婦 長期療養施設の入所者 著しい肥満 アスピリンの長期投与を受けている者 担癌患者 「インフルエンザ[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄性プロトポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 、けいれん、呼吸麻痺、不安、不眠、錯乱、うつ病、譫毛) ・自律神経・視床下部症候(高血圧、頻脈、発熱、発汗、低Na血症(SIADH) ③急性ポルフィリン症の初診断名 ・急性腹症、イレウス、虫垂炎、膵炎、消化性潰瘍、胆石症、尿路結石、精神異常、てんかん、Guillain-Barre症候群、SMON病、妊娠悪阻、卵巣捻転、子宮外妊娠 ④急性ポルフィリン[sakurafriends.jugem.jp] 筋力低下はしばしば下肢近位側より始まり、上肢や下肢遠位にみられることもあり、呼吸まで悪化して呼吸不全を伴う完全麻痺になることがある。両側性軸索運動神経障害は遠位橈骨神経を障害することもある[King et al 2002]。運動神経障害は脳神経も含み、球麻痺をおこすことがある。[grj.umin.jp]

  • 馬尾症候群

    ベル麻痺) 神経痛性萎縮症(腕神経叢炎):急性・肩痛・上腕萎縮 腰部椎間板ヘルニア:急性・下肢のしびれ ギランーバレー:急性又は亜急性・四肢脱力・四肢麻痺呼吸麻痺 感覚障害(あっても軽い)・ヒステリーと間違うことあり 変形性脊椎症:慢性・手足のしびれ・左右非対称・運動障害 多発性神経炎:慢性・進行性・左右対称性にしびれが上行(糖尿病[ibaraisikai.or.jp] 神経根 放散 知覚障害 脱力 筋萎縮 反射 誘発試験 L1 鼡径部、大腿内側 鼡径部、大腿内側 なし L2 背部、側腹部、大腿前内側部 大腿前内側部 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L3 腰背部、股関節部、大腿前外側部 大腿前外側部 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L4 殿部、大腿後外側部[ja.wikipedia.org]

  • 悪性神経膠腫

    麻痺、片麻痺、無力症 呼吸器 呼吸困難、気管支炎、肺炎、鼻出血 その他 疲労 浮腫、味覚異常、感染症、疼痛、体重減少、カンジダ症 注6)4例(1%)以上の発現が認められた副作用 10%以上 10%未満 注8) 全身症状 発熱、悪寒 精神神経系 頭痛 不眠、めまい、失語症、意識障害、情緒不安定、傾眠、激越、錯乱、不安、無感情、行動障害、うつ[kegg.jp] 、感覚異常、神経疾患、ニューロパシー、振戦、知覚過敏、脱力、脱力、筋骨格痛、筋肉痛、関節痛、背部痛、ミオパシー 呼吸器 咳嗽、呼吸困難、鼻閉、肺炎、上気道感染 眼 眼痛、視覚異常、霧視、視力低下、視野欠損 その他 疲労 状態悪化、疼痛、浮腫、血糖値上昇、低カリウム血症、体重減少、体重増加、カンジダ症、単純疱疹、感染症、中耳炎、アレルギー反応[kegg.jp] しびれ、痙攣、振戦、片麻痺 無力症 呼吸器 上気道炎、胸水、しゃっくり 眼 霧視、眼瞼炎 その他 疲労 浮腫、熱感、CRP上昇、血糖値上昇、ヘモグロビンA 1C 上昇、血清総蛋白減少、アルブミン減少、血中ナトリウム減少、水頭症 味覚異常、体重減少、疼痛、尿崩症 注5)海外のみで認められている副作用で企業中核データシートに記載のあるものについては[kegg.jp]

  • 延髄灰白髄炎

    感染者の200人に1人に下肢麻痺が出現し、そのうち5-10%が呼吸麻痺により死亡すると言われています。 治療法 特異的な治療法はありません。 予防等 ワクチン接種による予防が主体です。[forth.go.jp] 臨床症状は、背部や、それに伴う脊柱の運動制限、脊柱の不安定性、神経根症状などがある。X線所見では、椎間腔の狭小化、骨棘形成、椎体辺縁の骨硬化像や不整がみられる。治療は、主に保存的療法が行われるが、椎体固定術などの手術療法が適応となることもある。[jscf.org] 一方の下肢に麻痺が見られる例が多いのですが、上肢、下肢、体幹、嚥下、全身に発症します。延髄や呼吸を冒されると球麻痺と言って、呼吸が出来なくなり、人工呼吸器が出来るまでは死亡率は極めて高かったのです。[jigh.org]

さらなる症状