Create issue ticket

考えれる12県の原因 呼吸筋麻痺, 脳脊髄液タンパク質の増加

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp] 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は主に中高年に発症する、進行性の筋力低下や萎縮を特徴とする神経難病です。健康な人を数年の内に呼吸麻痺により死に至らしめる難病で、この経過を遅らせる有効な治療法は現在のところ、ありません。[u-tokyo.ac.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp] 重症例では,呼吸麻痺に対する呼吸補助(人工呼吸)が行われることがあります。 (参考) 厚生労働省検疫所ホームページ:ギラン・バレー症候群について[pe.emb-japan.go.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp] 、けいれん、呼吸麻痺、不安、不眠、錯乱、うつ病、譫毛) ・自律神経・視床下部症候(高血圧、頻脈、発熱、発汗、低Na血症(SIADH) ③急性ポルフィリン症の初診断名 ・急性腹症、イレウス、虫垂炎、膵炎、消化性潰瘍、胆石症、尿路結石、精神異常、てんかん、Guillain-Barre症候群、SMON病、妊娠悪阻、卵巣捻転、子宮外妊娠 ④急性ポルフィリン[sakurafriends.jugem.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    重症化すれば呼吸麻痺にいたります。 解説 末梢神経系に炎症が生じ、髄鞘とよばれる神経線維を取り囲む組織が破壊されることによっておこる病気です。髄鞘が破壊されることを脱髄と呼びます。ギランバレー症候群は末梢神経の代表的脱髄疾患です。症状が出現する数日 数週間前に呼吸器系や消化器系の感染症が多くの例でみられます。[kanden-hsp.jp] 呼吸障害 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の検査・診断 一つの検査で診断がつくわけではなく、診断の上では、 発症 からの経過と診察の 所見 も非常に重要となる 検査の例 末梢 神経伝導検査 神経の電気信号を伝える速度が通常よりも低下していないかを調べる 神経根 MRI ( 脊髄 MRI)検査 神経の形や性状に異常なものがいないかを[medley.life] から数ヶ月かけて徐々に進行するのが特徴 国の難病指定を受けている特定疾患の一つ 有病率 は10万人に1.6人と報告されている 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の症状 主に左右対称に手足の運動や感覚の障害が起こる 手足の筋力低下、脱力 手足の感覚障害、しびれ まれに手足以外の部分の神経の異常が起こることもある 嚥下困難 顔面神経麻痺[medley.life]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    症状 初発症状は、手・指の萎縮と筋力低下を特徴とする。 次第に上肢・下肢の麻痺へと進行する。 進行に伴い言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる。 感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡の4つが生じにくいことが特徴(4大陰性徴候)。 検査と診断 特異的な診断法はない。初期症状や神経学的所見などをもとに、総合的に診断する。[nurseful.jp]

  • ライム髄膜脳炎

    破傷風の特徴的な症状である強直性痙攣は破傷風毒素が主な原因であり、潜伏期間(3 21 日)の後に局所(痙笑、開口障害、嚥下困難など)から始まり、全身(呼吸困難や後弓反張など)に 移行し、重篤な患者では呼吸麻痺により窒息死することがある。[mymc.jp]

  • アレキサンダー病

    神経症状 けいれん 大頭症 精神運動発達遅滞 四肢運動障害:筋力低下、痙性麻痺、小脳性運動失調、強剛 球麻痺あるいは仮性球麻痺:嚥下障害、構音障害、発声障害 自律神経障害:起立性低血圧、膀胱直腸障害、睡眠時無呼吸 口蓋ミオクローヌス 反復性嘔吐 B.[plaza.umin.ac.jp]

  • 悪性神経膠腫

    麻痺、片麻痺、無力症 呼吸器 呼吸困難、気管支炎、肺炎、鼻出血 その他 疲労 浮腫、味覚異常、感染症、疼痛、体重減少、カンジダ症 注6)4例(1%)以上の発現が認められた副作用 10%以上 10%未満 注8) 全身症状 発熱、悪寒 精神神経系 頭痛 不眠、めまい、失語症、意識障害、情緒不安定、傾眠、激越、錯乱、不安、無感情、行動障害、うつ[kegg.jp] 、感覚異常、神経疾患、ニューロパシー、振戦、知覚過敏、脱力、脱力、筋骨格痛、筋肉痛、関節痛、背部痛、ミオパシー 呼吸器 咳嗽、呼吸困難、鼻閉、肺炎、上気道感染 眼 眼痛、視覚異常、霧視、視力低下、視野欠損 その他 疲労 状態悪化、疼痛、浮腫、血糖値上昇、低カリウム血症、体重減少、体重増加、カンジダ症、単純疱疹、感染症、中耳炎、アレルギー反応[kegg.jp] しびれ、痙攣、振戦、片麻痺 無力症 呼吸器 上気道炎、胸水、しゃっくり 眼 霧視、眼瞼炎 その他 疲労 浮腫、熱感、CRP上昇、血糖値上昇、ヘモグロビンA 1C 上昇、血清総蛋白減少、アルブミン減少、血中ナトリウム減少、水頭症 味覚異常、体重減少、疼痛、尿崩症 注5)海外のみで認められている副作用で企業中核データシートに記載のあるものについては[kegg.jp]

  • 延髄灰白髄炎

    感染者の200人に1人に下肢麻痺が出現し、そのうち5-10%が呼吸麻痺により死亡すると言われています。 治療法 特異的な治療法はありません。 予防等 ワクチン接種による予防が主体です。[forth.go.jp] ただし、入院時には既に多量の抗体を検出することがあり、力価の増加は必ずしも検出されない [2] 。 腰椎穿刺 によって得られる患者の 脊髄 の解析は、 白血球 数(基本的に リンパ球 )の増加タンパク質レベルの軽度増加を証明する。脊髄からのウイルス分離も麻痺型ポリオに対する診断的価値を持つが、めったに検出されない [2] 。[ja.wikipedia.org] 一方の下肢に麻痺が見られる例が多いのですが、上肢、下肢、体幹、嚥下、全身に発症します。延髄や呼吸を冒されると球麻痺と言って、呼吸が出来なくなり、人工呼吸器が出来るまでは死亡率は極めて高かったのです。[jigh.org]

  • 原発性捻転ジストニア

    リー症候群の臨床症状で最も多く遭遇するのは進行する退行と呼吸異常や眼振といった脳幹機能不全の徴候である。その他の主要な症状としては視神経萎縮、眼麻痺、発育障害、筋緊張低下、脱力、痙縮、失調症、発作、球症状、不随意運動、およびジストニアがある。この疾患はミトコンドリアの機能障害に続発する酸化的リン酸化の変動が原因になる。[grj.umin.jp]

さらなる症状