Create issue ticket

考えれる316県の原因 呼吸筋麻痺, 筋肉痛

  • ギラン・バレー症候群

    主な症状は、下痢、腹痛及び発熱で、他に倦怠感、頭痛、めまい、筋肉などが起こることもありますが、比較的予後は良好です。初期症状は風邪と間違われることもあります。[shokukanken.com] 顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] 症状は軽度の発熱、頭痛、関節筋肉、斑丘疹、結膜炎、疲労感、倦怠感などです。血小板減少などが認められることもありますが、一般的に他の蚊媒介感染症であるデング熱、チクングニア熱より軽症といわれています。また、症状の出ない感染が感染者の約8割を占めるとされています。 ジカウイルス感染はギラン・バレー症候群 ※ の原因となります。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]

  • ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位筋より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸筋麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp] 筋力低下はしばしば下肢近位側より始まり、上肢や下肢遠位にみられることもあり、呼吸まで悪化して呼吸不全を伴う完全麻痺になることがある。両側性軸索運動神経障害は遠位橈骨神経を障害することもある[King et al 2002]。運動神経障害は脳神経も含み、球麻痺をおこすことがある。[grj.umin.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] (表)急性ポルフィリン症の症状 共通症状 ① 激しい腹痛 ② 嘔吐、便秘 ③ 背部、胸部、下肢筋肉筋肉の脱力や麻痺、運動麻痺、 手足の感覚麻痺 ⑤ 発汗、微熱、頻脈、高血圧 腹痛として見逃されている急性ポルフィリン症 急性ポルフィリン症は血中にポルフィリンが蓄積した時に発作として症状が現れます。[orphanpacific.com] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位筋優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸筋麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 運動により筋肉が誘発され、アセタゾラミドが症状を緩和する。 Myotonia permanens 非常に症状の強い型であり、筋電図で持続的なミオトニー活動が認められる。持続的な電気的ミオトニーは著明な全身(顔も含む)の筋肥大を呈し、Schwartz-Jampel症候群と以前混同されたことがある。[grj.umin.jp] 筋肉の病変によるもの 炎症性: 多発筋炎、皮膚筋炎、リウマチ性多発筋症など 神経筋接合部の病変によるもの: 重症筋無力症(MG)、ランバート・イートン症候群など 各種の筋ジストロフィー その他: 周期性四肢麻痺、代謝性ミオパチーなど 5.[hosp.tohoku.ac.jp]

  • ダニ麻痺症

    犬のダニ麻痺症の主症状 フラフラ歩く 後肢の脱力 顔面の弛緩 発声障害と嚥下困難 呼吸麻痺 瞳孔散大[koinuno-heya.com] 12 16日程度(平均15日)の潜伏期の後、発熱、頭痛、悪寒、筋肉、関節痛、全身の倦怠感などの症状の出現が主で、ときに、神経症状(意識障害、痙攣、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸不全、出血症状(歯肉出血、紫斑、下血)が出現します。[city.hachinohe.aomori.jp] 2 3週間の潜伏期の後に、発熱、頭痛、筋肉、全身倦怠感、呼吸器症状などのインフルエンザ様症状を呈します。発熱は38 40度に及び、2週間程度持続します。 どうやってうつるの? 感染動物の尿、糞、乳汁などに排出されて環境が汚染され、環境中の粉塵やエアロゾルを吸入することで感染します。[city.osaka.lg.jp]

  • 糖原病 2 型

    XI型 Kannno病 筋肉 lactate dehydrogenase 欠損 運動不耐 筋・筋硬直 横紋筋融解症 XII型 筋肉 aldolase 欠損 運動不耐 筋・筋硬直 横紋筋融解症 黄疸 発達遅滞 XIII型 筋肉 enolase 欠損 運動不耐 筋・筋硬直 横紋筋融解症 XIV型 筋肉 phosphoglucomutase[ja.wikipedia.org] 特に体幹および下肢における、進行性の筋力低下 労作時疲労 息切れ(呼吸困難) 睡眠時無呼吸または、断続的な睡眠 朝の頭痛 日中の眠気 脊柱側彎症 下背部 ※症状には個人差があります。 皮膚や筋肉、血液を少し採取して、血液中の酵素(GAA)の働きを測定します。 他にも、筋肉を少し採取して蓄積しているグリコーゲンを確認したりします。[nagoya-central-hospital.com] 症状 [ 編集 ] 主に筋肉と肝臓に症状が表れる。 筋肉の症状としては、運動時筋、筋硬直、横紋筋融解症、ミオグロビン尿症、筋力低下、筋萎縮、心筋障害などがあげられる。 肝臓の症状としては、低血糖、肝腫大、乳酸アシドーシスなどがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 急性胃腸炎

    潜伏期は2時間 3日で、頭痛・眼瞼下垂・散瞳・複視を 初発症状とし、まもなく嚥下障害・発語障害・呼吸麻痺へと進み、3 7日目に死亡す る(日本に多いE型による死亡率は35%)。早期に抗毒素血清を使用することが大切。 3.セレウス菌:Bacillus cereus による。[nms.co.jp] 胃腸症状の他に筋肉、全身倦怠感、頭痛などを伴うこともあります。 【潜伏期】 12〜48時間 【伝搬様式】 糞口感染します。吐物などが乾燥すると空気中に浮遊するため、空気感染(飛沫核感染)する可能性も言われています。また、牡蠣などの二枚貝からの感染もあります。[tsudashonika.com]

  • ウイルス性上気道感染症

    鼻閉・鼻出血・嗄声・呼吸困難・心不全・呼吸麻痺などが続く。適切な治療により重症化は防げる。 登校基準 …原則として患者は指定医療機関に入院するので治癒するまで出席停止とする。(なお、定期予防接種がある。[nagaoka-med.or.jp] ・頭痛、筋肉 体がウイルスと活発に戦うために分泌されるプロスタグランジンという物質が、熱を出したり、頭痛や筋肉、関節痛を強めます。痛みや倦怠感が強い場合はインフルエンザの可能性があります。 ・口内炎 手足口病やヘルパンギーナなど、夏風邪(かぜ)とよばれる感染症で口内炎が起こることがあります。[daiichisankyo-hc.co.jp] そこで、咳の強さ、喀痰の量や性状、筋肉などの全身状態を総合して、ウイルス以外の病原菌の関与が疑われる状況では、抗菌薬を処方する場合があります。マイコプラズマや百日咳菌にはマクロライド系の抗生物質が概ね有効です。[shibuya-naika.jp]

  • 低カリウム性周期性四肢麻痺

    筋肉見たいな感じになり 筋肉だと思っていました 最初に足に来ました! 何回か力が入らなくてこけてました!笑 寝たら治ると思っていたら 朝起きたら手足が動きませんでした!心臓も止まるみたいなんで来お付けてあげてくださいね! 遺伝子検査とかで分かるみたいですが治療方はないみたいです![oshiete.goo.ne.jp] 通常下肢より弛緩性麻痺が生じるが、呼吸麻痺や脳神経支配筋の障害はほとんどみられない。 麻痺は夜間、早朝に起こりやすく、運動や、でんぷんに富む食物を大量に摂取した後に生じることが多い。発作に先立って血清カリウム値が著明に低下するのが特徴で、血清CK値も上昇し、心電図でU波が出現する。[ameblo.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位筋優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸筋麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com]

  • インフルエンザ

    合併症がハイリスクとなる人とは、 65歳以上の年齢 慢性呼吸器疾患(喘息やCOPD) 心血管疾患(高血圧単独を除く) 慢性腎、肝、血液、代謝(糖尿病など)疾患 神経疾患(運動麻痺、痙攣、嚥下障害) 免疫抑制状態(HIV感染や、薬物によるものを含む) 妊婦 長期療養施設の入所者 著しい肥満 アスピリンの長期投与を受けている者 担癌患者 「インフルエンザ[ja.wikipedia.org] 38 以上の発熱、頭痛、関節筋肉、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。 朝から38 以上の発熱があった場合はインフルエンザの疑いが強いので、早目に医療機関への受診を考慮しましょう。[ddmap.jp] 監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38 以上の「高熱」や、関節筋肉、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。 インフルエンザの症状は?[influ-news.info]

さらなる症状

類似した症状