Create issue ticket

考えれる46県の原因 呼吸筋麻痺, 筋単収縮

  • 筋萎縮性側索硬化症

    、線維束収縮症候群、重金属中毒、多発神経炎、神経線維腫神経接合部疾患筋無力症、Lambert-Eaton 筋無力症候群脳脊髄疾患脊髄空洞症、平山病、ライム病、後天性免疫不全症候群(HIV}、HTLV-I関連脊髄症 (HTLV-1 associated myeloathy; HAM)、脳血管障害筋疾患封入体筋炎、多発筋炎、皮膚筋炎内分泌疾患[ja.wikipedia.org] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp] 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は主に中高年に発症する、進行性の筋力低下や萎縮を特徴とする神経難病です。健康な人を数年の内に呼吸麻痺により死に至らしめる難病で、この経過を遅らせる有効な治療法は現在のところ、ありません。[u-tokyo.ac.jp]

  • 低カリウム血症

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 症状としては2.5 3.5mEq/Lで消化器症状(嘔吐、食欲不振)、骨格症状(脱力、筋力低下、テタニー)、尿濃縮障害(多飲、多尿)、インスリン分泌障害(耐糖能障害)K 2.5mEq/L では四肢麻痺呼吸麻痺、イレウスを来たします。[jhf.or.jp]

  • 脊髄梗塞

    急性期にはエダラボンなどの脳脊髄保護療法を開始しつつ,速やかに血栓融解療法を行う.抗リン脂質抗体症候群の場合は,副腎ステロイド療法(プレドニゾロン 40 60 mg)に加えて,急性期のヘパリン療法も併用する.その他,大動脈炎でのステロイド療法の併用や梅毒性血管炎でのペニシリン大量投与など基礎疾患への対応も併用する.また上位頸髄レベルの障害では呼吸麻痺[kotobank.jp] 麻痺症状は上行し延髄レベルへの麻痺進行の可能性が考えられたため、入院第6病日ステロイドパルス療法を追加したが、呼吸麻痺による呼吸不全のため第7病日に死亡。家族の同意を得て病理解剖実施した。[archive.jsco.or.jp] 【剖検所見】 S状結腸癌は原発巣局所再発なく、多発性肺転移、単発性肝転移を伴っていた他、胸髄 頸髄および腰髄にかけて高度の脊髄出血性梗塞を認め、直接死因は脊髄出血性梗塞による呼吸麻痺および神経原性心停止と推定された。【考察】本症例では画像所見から当初、脊髄転移を疑い初期診療を行ったが剖検にて脊髄梗塞が判明した。[archive.jsco.or.jp]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • 急性過換気

    原因として,①気管支喘息,肺気腫などの閉塞性肺障害,②脊髄損傷,神経疾患などによる呼吸麻痺,③麻酔薬・麻薬の過量投与,急性薬物中毒,脳血管障害などによる呼吸中枢抑制などがあげられる。[jaam.jp] 呼吸苦 四肢のしびれ 過換気ではない! 呼吸困難の患者を診たら,代謝性アシドーシス,GBS,周期性四肢麻痺,重症無力症も一応念頭に置く! ( 次回につづく )[igaku-shoin.co.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 4型

    、線維束収縮症候群、重金属中毒、多発神経炎、神経線維腫 神経接合部疾患 筋無力症、Lambert-Eaton 筋無力症候群 脳脊髄疾患 脊髄空洞症 、 平山病 、 ライム病 、 後天性免疫不全症候群 (HIV}、 HTLV-I関連脊髄症 (HTLV-1 associated myeloathy; HAM)、脳血管障害 筋疾患 封入体筋炎[ja.wikipedia.org] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp] ,上肢型(普通型),下肢型(偽多発神経炎型)などに病型分類されることがある.その他呼吸麻痺が初発症状としてみられる例や首下がり症状で発症する例がある.高齢発症例では球麻痺型の割合が高くなる.[kotobank.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 7型

    、線維束収縮症候群、重金属中毒、多発神経炎、神経線維腫 神経接合部疾患 筋無力症、Lambert-Eaton 筋無力症候群 脳脊髄疾患 脊髄空洞症 、 平山病 、 ライム病 、 後天性免疫不全症候群 (HIV}、 HTLV-I関連脊髄症 (HTLV-1 associated myeloathy; HAM)、脳血管障害 筋疾患 封入体筋炎[ja.wikipedia.org] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp] 呼吸補助装置のうち、非侵襲的陽圧換気は、鼻や口にマスクを装着することで気管切開をすることなく非侵襲的に人工呼吸器を使用できます。しかし、呼吸麻痺が重度になると呼吸を十分に補助することができなくなるため、自発呼吸がない場合には、使用は禁忌とされています。また、誤嚥があり咳で十分に排出できない場合にも、使用しないほうが良いとされています。[utanohosp.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 2型

    、線維束収縮症候群、重金属中毒、多発神経炎、神経線維腫 神経接合部疾患 筋無力症、Lambert-Eaton 筋無力症候群 脳脊髄疾患 脊髄空洞症 、 平山病 、 ライム病 、 後天性免疫不全症候群 (HIV}、 HTLV-I関連脊髄症 (HTLV-1 associated myeloathy; HAM)、脳血管障害 筋疾患 封入体筋炎[ja.wikipedia.org] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp] ,上肢型(普通型),下肢型(偽多発神経炎型)などに病型分類されることがある.その他呼吸麻痺が初発症状としてみられる例や首下がり症状で発症する例がある.高齢発症例では球麻痺型の割合が高くなる.[kotobank.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 5型

    、線維束収縮症候群、重金属中毒、多発神経炎、神経線維腫 神経接合部疾患 筋無力症、Lambert-Eaton 筋無力症候群 脳脊髄疾患 脊髄空洞症 、 平山病 、 ライム病 、 後天性免疫不全症候群 (HIV}、 HTLV-I関連脊髄症 (HTLV-1 associated myeloathy; HAM)、脳血管障害 筋疾患 封入体筋炎[ja.wikipedia.org] ,上肢型(普通型),下肢型(偽多発神経炎型)などに病型分類されることがある.その他呼吸麻痺が初発症状としてみられる例や首下がり症状で発症する例がある.高齢発症例では球麻痺型の割合が高くなる.[kotobank.jp] 【用語説明】 ※1 筋萎縮性側索硬化症(ALS): 筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、極めて進行が速く、約半数の患者さんが発症後3年から5年で呼吸麻痺により死亡するという難病です。1年間に人口10万人あたり1 2人程度が発症するといわれており、国内の患者数はおよそ7000人です。[igakuken.or.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 3型

    、線維束収縮症候群、重金属中毒、多発神経炎、神経線維腫 神経接合部疾患 筋無力症、Lambert-Eaton 筋無力症候群 脳脊髄疾患 脊髄空洞症 、 平山病 、 ライム病 、 後天性免疫不全症候群 (HIV}、 HTLV-I関連脊髄症 (HTLV-1 associated myeloathy; HAM)、脳血管障害 筋疾患 封入体筋炎[ja.wikipedia.org] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp] ,上肢型(普通型),下肢型(偽多発神経炎型)などに病型分類されることがある.その他呼吸麻痺が初発症状としてみられる例や首下がり症状で発症する例がある.高齢発症例では球麻痺型の割合が高くなる.[kotobank.jp]

さらなる症状