Create issue ticket

考えれる270県の原因 呼吸筋麻痺, 知覚障害

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] しかし、本症では外眼筋や括約筋は侵されず、眼球運動障害は伴わず、失禁も伴いません。また知覚障害も認められないという特徴があり、褥創(じょくそう)も少ないといわれています。知能低下もありません。残念ながら臨床症状は次第に進展し、ついには寝たきり状態になります。[rnac.ne.jp] また、尿道や肛門をキュッと締める括約筋も筋肉ですが障害は受けにくいのです。すなわち尿や便が勝手にもれて、垂れ流しにはなりにくいということです。動き以外では、知覚障害・感覚障害が起こりにくいことが挙げられます。すなわち見たり聴いたり、あるいは冷たさや痛さなどを感じる感覚は最後まで残ります。[alsjapan.org]

  • ギラン・バレー症候群

    顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] 上記は主に運動神経が障害されたことによる症状です。感覚神経が障害された場合は、知覚障害、重症例では自律神経が障害され、体温や発汗、消化管、血圧や心臓に症状が出る場合もあります。特に急速に麻痺が進行する例や、呼吸筋にまで症状が及ぶ呼吸不全(呼吸ができなくなる)例は、進行の抑制と早期改善が必要です。[saiseikai.or.jp] 全身性が原則である診断を支持する所見 臨床所見 重要度順に 進行性 比較的対称性 軽度な知覚症状 脳神経障害:顔面神経が約50%。[ja.wikipedia.org]

  • 低カリウム血症

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 症状としては2.5 3.5mEq/Lで消化器症状(嘔吐、食欲不振)、骨格症状(脱力、筋力低下、テタニー)、尿濃縮障害(多飲、多尿)、インスリン分泌障害(耐糖能障害)K 2.5mEq/L では四肢麻痺呼吸麻痺、イレウスを来たします。[jhf.or.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] [症状] 腹部の症状(腹痛、嘔吐(おうと)、便秘(べんぴ))、神経症状(運動まひ、知覚障害、けいれん)と精神症状(不安、ヒステリー、錯乱(さくらん)、昏睡(こんすい))の3つがおもな症状です。これに、自律神経症状(発汗、頻脈(ひんみゃく)、高血圧)なども加わり、多彩な症状が現われます。[kotobank.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • フグ中毒

    治療 フグ中毒の治療では、呼吸麻痺による換気不全と低酸素状態を解除することが主となります。具体的には、口から呼吸の管を挿入して人工呼吸での管理を行います。フグ中毒において最も重要なことは、早期に診断を受け、早めに呼吸機能を補助することです。[medicalnote.jp] 運動不能となった後、知覚麻痺、言語障害、 血圧 降下、 呼吸困難 となり、その後全身性の運動麻痺による 呼吸不全 で死亡する。一般に短時間で発症した場合は重症化し、致死時間は4 6時間、8時間以内に生死の決定をみる。 テトロドトキシン はフグの肝臓と卵巣に多く含まれるが、筋肉や皮、精巣にも含まれる場合がある。[pharm.or.jp] 福田の分類 [53] I 度 - 指先や口唇部および舌などの知覚障害 II 度 - 四肢の知覚障害、軽度の運動麻痺 III 度 - 全身の運動障害、反射の消失、発声不能、呼吸困難、血圧低下、胸内苦悶 IV 度 - 呼吸意識障害。[ja.wikipedia.org]

  • ボツリヌス中毒

    9)14) 重症例では、呼吸、横隔膜麻痺のため呼吸困難におちいり死にいたる。[j-poison-ic.or.jp] 眼麻痺症状:視力低下、調節障害、複視、眼瞼下垂、散瞳、対光反射遅延 球麻痺症状:発語障害、嚥下障害、呼吸困難、筋力低下、知覚異常 分泌障害:唾液、汗、涙 神経症状:脱力感、めまい 胃腸症状:腹痛、嘔吐、下痢 ※ 意識障害はない。[group-midori.co.jp] 麻痺と四肢筋の筋力低下の順序と強さは鑑別点の一つになる.つまり,ボツリヌス中毒では四肢筋力が比較的保たれているのに呼吸麻痺が強いのに対し,Fisher型のギランバレー症候群ではまず,四肢筋力が低下して歩けない状態になった後に呼吸麻痺が起こることが多い(2).[square.umin.ac.jp]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    呼吸困難が強くなれば生命にかかわることがあり、 重症無力症でみられる呼吸麻痺をクリーゼと言い、 医療機関への救急受診が必要となります。[ketsukyo.or.jp] 1)低頻度反復刺激誘発筋電図 2)エドロフォニウム試験(眼球運動障害、低頻度反復刺激誘発電図などの客観的な指標を用いて評価すること) 3)単線維電図 4.鑑別診断 眼麻痺、四肢筋力低下、嚥下・呼吸障害を来す疾患は全て鑑別の対象になる。[nanbyou.or.jp] 重症無力症における注意すべき点 クリーゼについて: 感染や外傷、ストレスなどをきっかけに、急激に全身の筋肉が麻痺することがあります。特に、呼吸の筋力低下によって急に息苦しくなる状態を、クリーゼといいます。クリーゼにならないために、普段より息苦しさが強くなったときは、早めに受診する必要があります。[utanohosp.jp]

  • 脊髄梗塞

    急性期にはエダラボンなどの脳脊髄保護療法を開始しつつ,速やかに血栓融解療法を行う.抗リン脂質抗体症候群の場合は,副腎ステロイド療法(プレドニゾロン 40 60 mg)に加えて,急性期のヘパリン療法も併用する.その他,大動脈炎でのステロイド療法の併用や梅毒性血管炎でのペニシリン大量投与など基礎疾患への対応も併用する.また上位頸髄レベルの障害では呼吸麻痺[kotobank.jp] 数分以内に症状が出現する場合や数時間経過して出現する場合もあります.梗塞の部位にもよりますが、症状には、背部痛、しびれ感、四肢や下肢の麻痺や知覚障害、失禁などがあります.[komiyama.me] 麻痺症状は上行し延髄レベルへの麻痺進行の可能性が考えられたため、入院第6病日ステロイドパルス療法を追加したが、呼吸麻痺による呼吸不全のため第7病日に死亡。家族の同意を得て病理解剖実施した。[archive.jsco.or.jp]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム血症

    筋力低下や筋肉痛、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、便秘、痙攣(けいれん)などの諸症状から、重度になると四肢麻痺(まひ)や自律神経失調、筋肉痙攣、呼吸麻痺、不整脈、麻痺性腸閉塞などに至ります。 低カリウム血症が起こる主な原因は次の3つが挙げられます。[adpkd.jp] 血漿K濃度が6mEq/lをこえてくると四肢のしびれ感,脱力感,弛緩性麻痺,不整脈,そしてついには心拍停止や呼吸麻痺による呼吸困難も現われてくる。この場合,血漿K濃度が同程度に上昇しても,ある患者では著明な症状が現われたり,またほとんど出現しない患者もある。[medicalfinder.jp] なお、筋肉及び中枢神経系の症状として錯感覚、痙攣、反射消失があらわれ、また、横紋の弛緩性麻痺呼吸麻痺に至るおそれがある。 発生後は直ちに投与を中止し、下記のうち適切な処置を行うこと。 カリウムを含む食物や薬剤の制限又は排除。カリウム保持性利尿剤の投与が行われている場合にはその投与中止。[kegg.jp]

さらなる症状

類似した症状