Create issue ticket

考えれる378県の原因 呼吸筋麻痺, 疼痛

  • 筋萎縮性側索硬化症

    疼痛の緩和 ALSではしばしば疼痛が生じ、特に進行期には動けないことや圧迫に伴う耐え難い痛みを経験します。体位変換やマッサージのほか、消炎鎮痛薬を使用します。程度が強い場合には、モルヒネなどのオピオイド鎮痛薬を使用します。[utanohosp.jp] 対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] ALS3型. 1つの大家系で,大部分の患者が下肢症状から発症する典型的ALSを認めた.発症年齢は45歳,罹病期間は5年であった.疼痛,認知症,感覚喪失,小脳変性といった非定型的な症状はみられなかった[Hand et al 2002]. ALS4型(球麻痺症状を伴わない優性遺伝の若年発症型運動ニューロン疾患) .[grj.umin.jp]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    経頭蓋磁気刺激を用いた脳神経疾患の診断と治療(脳卒中・パーキンソン病・神経障害性疼痛) 血液や脳脊髄液を用いたバイオマーカーの開発研究 脊髄小脳変性症や神経変性疾患の遺伝子診断 脳MRIのcerebral microbleedsに基づく脳卒中リスク評価 毛細血管幹細胞を用いた再生医療の研究(本学心血管再生・先端医療開発講座との共同研究) 筋萎縮性側索硬化症[amc1nai.net] 呼吸困難が強くなれば生命にかかわることがあり、 重症無力症でみられる呼吸麻痺をクリーゼと言い、 医療機関への救急受診が必要となります。[ketsukyo.or.jp] 不随意運動,疼痛を主とする症候群 1 Lambert-Brody症候群 春原 經彦 375 2 Rippling muscle syndrome 春原 經彦 379 3 里吉病(全身こむらがえり病) 春原 經彦 384 B.[nippon-rinsho.co.jp]

  • 糖原病 2 型

    グロボトリアオシルセラミド(GL-3)が分解されず、体内に蓄積されるため、腎不全、心不全、脳梗塞、四肢疼痛、発汗障害、腹痛や下痢などの消化器症状などが引き起こされます。 ハンター症候群(ムコ多糖症II型) 「イズロン酸2-スルファターゼ」と呼ばれる酵素が欠損しているか、その働きが低下していることによって発症します。[jcrpharm.co.jp] ,p112) 膵A細胞から発生する腫瘍で多くの場合心窩部に疼痛のある腫瘤を触れしばしば 肝に転移する。腫瘍からグルカゴンが多量に産生され肝グリコーゲンが分解されて 血糖値が上昇する。糖負荷値にも異常があり血中のグルカゴンは40mg/dl(正常2mg) と高くグルカゴンを負荷しても血糖や血中インスリンが増量しない。[ibaraisikai.or.jp] 1.糖尿病性神経障害に基づくと思われる自覚症状 2.両側アキレス腱反射の低下あるいは消失 3.両側内踝振動覚低下(128音叉にて10秒未満) C.注意事項 1.糖尿病性神経障害に基づくと思われる自覚症状とは 1)両側性 2)足趾先及び足裏の「しびれ」「疼痛」「感覚低下」「感 覚異常」のうち何れかの症状(冷感は取らない)を訴える。[ibaraisikai.or.jp]

  • 脊髄梗塞

    研究班 脊髄障害性疼痛症候群の実態の把握と病態の解明に関する研究班[nanbyou.or.jp] 急性期にはエダラボンなどの脳脊髄保護療法を開始しつつ,速やかに血栓融解療法を行う.抗リン脂質抗体症候群の場合は,副腎ステロイド療法(プレドニゾロン 40 60 mg)に加えて,急性期のヘパリン療法も併用する.その他,大動脈炎でのステロイド療法の併用や梅毒性血管炎でのペニシリン大量投与など基礎疾患への対応も併用する.また上位頸髄レベルの障害では呼吸麻痺[kotobank.jp] 麻痺症状は上行し延髄レベルへの麻痺進行の可能性が考えられたため、入院第6病日ステロイドパルス療法を追加したが、呼吸麻痺による呼吸不全のため第7病日に死亡。家族の同意を得て病理解剖実施した。[archive.jsco.or.jp]

  • ポルフィリン症

    初めは日光曝露後、顔や手背などの露光部に痒みやチクチクとした疼痛を伴った浮腫性の紅斑や時に水疱が生じることで気付かれることが多く、時には、周囲の子供よりも日焼けしやすいという程度のこともある。[med.kindai.ac.jp] 急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] の数値的評価スケールで測定した疼痛評価(10点を最悪とした、0-10点スケール) -悪心の数値評価スケールでの測定評価(10点を最悪とした、0-10点スケール) -簡易倦怠感尺度短縮版の数値的評価スケールで測定した疲労評価(10点を最悪の疲労とした、0-10点スケール) -12項目短形測量(SF-12)のPCSのベースラインからの変化 試験実施施設[rctportal.niph.go.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    当初より筋、筋膜性疼痛や神経因性疼痛の症状はなく、疼痛に留意し自覚症状の確認を実施前後で確認し、運動負荷設定を行った。起立立位が可能となった時点からは体幹下肢失調も呈していた為、協調性訓練も合わせて動作訓練として立位訓練より実施し、経過中は、上記の疼痛症状は認めなかった。4ヶ月で独力立位保持、介助歩行可能となる。[jstage.jst.go.jp] 顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp]

  • ニューロパチー

    前炎症性サイトカインは主として発痛性であり、これらの多面発現性分子は種々の慢性疼痛疾患における疼痛を引き起こす可能性があることを示唆するエビデンスがある。[natureasia.com] 神経症状が出てから2週から4週で症状はピークになり、重症例では四肢麻痺が進んで歩行に介助を要し、10数%の患者さんは呼吸にも麻痺が及んで人工呼吸器を装着することが知られています。また約半数の人は顔面神経麻痺、複視、嚥下障害といった脳神経障害を生じます。頻脈、徐脈、起立性低血圧、膀胱直腸障害といった自律神経障害を伴うこともあります。[neurology-jp.org] 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。呼吸麻痺により呼吸障害をきたすこともある。 発症1 2週間前に、軽い上気道炎症や下痢がみられる。 発症から4週間以内に症状のピークを迎え、その後自然回復することが多い。しかし、後遺症が残ることもある。[nurseful.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    何回も発作を経験している患者は、腸の慢性疼痛と同様に激烈な慢性神経因性疼痛に襲われることがある。これは影響を受けている神経系の軸索神経が損傷を受けていることによるものと思われる。このような場合には長時間有効な麻薬に類似した鎮痛剤が処方される。また、この疾患にはうつ病の発症を往々に伴うので、必要があるなら抗うつ薬を投与する必要がある。[ja.wikipedia.org] 急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 抑鬱 から見た うつ病 ( 抑鬱 フレッシュアイペディアより) 急性間欠性ポルフィリン症 から見た うつ病 何回も発作を経験している患者は、腸の慢性疼痛と同様に激烈な慢性神経因性疼痛に襲われることがある。これは影響を受けている神経系の軸索神経が損傷を受けていることによるものと思われる。[fresheye.com]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    慢性型の疼痛はいわゆる頑痛で、時に麻酔薬にも耐性を示し、患者は毒物中毒に陥りやすい。 この病型では深部腱反射はほぼ正常で、筋力低下も生じないことが特徴的である。 自律神経障害はほぼ発症する。 下肢の血流障害、発汗障害のため、"cold foot"を呈し、皮膚潰瘊、次いで起こる 壊疽 の危険性が高い。[shiga-med.ac.jp] 重症化すれば呼吸麻痺にいたります。 解説 末梢神経系に炎症が生じ、髄鞘とよばれる神経線維を取り囲む組織が破壊されることによっておこる病気です。髄鞘が破壊されることを脱髄と呼びます。ギランバレー症候群は末梢神経の代表的脱髄疾患です。症状が出現する数日 数週間前に呼吸器系や消化器系の感染症が多くの例でみられます。[kanden-hsp.jp] 呼吸障害 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の検査・診断 一つの検査で診断がつくわけではなく、診断の上では、 発症 からの経過と診察の 所見 も非常に重要となる 検査の例 末梢 神経伝導検査 神経の電気信号を伝える速度が通常よりも低下していないかを調べる 神経根 MRI ( 脊髄 MRI)検査 神経の形や性状に異常なものがいないかを[medley.life]

  • 低カリウム血症

    重大な副作用及び副作用用語 重大な副作用 消化管の閉塞,潰瘍又は穿孔(頻度不明) 観察を十分に行い,嚥下時の疼痛,激しい嘔吐・腹痛・腹部膨満,消化管出血等があらわれた場合には,直ちに投与を中止する。 心臓伝導障害(頻度不明) 一時に大量投与した場合にあらわれやすい。[kegg.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状