Create issue ticket

考えれる260県の原因 呼吸筋麻痺, 片麻痺

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp] 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は主に中高年に発症する、進行性の筋力低下や萎縮を特徴とする神経難病です。健康な人を数年の内に呼吸麻痺により死に至らしめる難病で、この経過を遅らせる有効な治療法は現在のところ、ありません。[u-tokyo.ac.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp] 重症例では,呼吸麻痺に対する呼吸補助(人工呼吸)が行われることがあります。 (参考) 厚生労働省検疫所ホームページ:ギラン・バレー症候群について[pe.emb-japan.go.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    […] acute hepatic failure/acute liver failure 急性肝不全 acute hepatitis 急性肝炎 acute hepatocellular injury 急性肝細胞傷害 acute hydrops of gallbladder 急性胆嚢水腫 acute infantile hemiplegia 急性乳児麻痺[jpeds.or.jp] 急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 呼吸筋麻痺

    概要 第43回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集 -862-FP-349 呼吸麻痺を呈し、挿管管理を要した重度低カリウム血症の1 例公立陶生病院小野寺 良太、横山 俊樹、早川 浩史、稲葉 慎一郎、倉田 圭、中島 義仁、市原 利彦、川瀬 正樹呼吸麻痺を呈し、挿管管理を要した重度低カリウム血症の1例公立陶生病院 救急部集中治療室小野寺良太[jsicm.org] 球麻痺型:飲み込みが悪くなる、言葉が話しにくくなるなど 上肢型:字が書きにくい、箸がうまく使えない、腕が上げにくいなど 下肢型:歩きにくい、階段が昇りにくい、スリッパが脱げやすい、こむら返りなど 呼吸麻痺型:手足の筋力低下よりも呼吸困難が先に現れる 当院の結果からは、球麻痺型、上肢型、下肢型、呼吸麻痺型で発症される割合は、それぞれ、およそ[alsjapan.org] ところが人工呼吸器を装着し、維持期になると徐々に状況が変わっていく。まずALSの呼吸麻痺が即「死」を意味しなくなる。人工呼吸器装着率は海外は%以下、日本では29%と圧倒的に高い。人工呼吸器装着下での維持期には重度の二次性サルコペニアとなる。[jsdnnm.com]

  • ボツリヌス中毒

    9)14) 重症例では、呼吸、横隔膜麻痺のため呼吸困難におちいり死にいたる。[j-poison-ic.or.jp] 麻痺と四肢筋の筋力低下の順序と強さは鑑別点の一つになる.つまり,ボツリヌス中毒では四肢筋力が比較的保たれているのに呼吸麻痺が強いのに対し,Fisher型のギランバレー症候群ではまず,四肢筋力が低下して歩けない状態になった後に呼吸麻痺が起こることが多い(2).[square.umin.ac.jp] 初期に便秘、活気がない、哺乳不良、泣き声が弱い、さらに緊張性低下、よだれが多い、首のすわりが悪くなった、眼球運動の麻痺、無呼吸などがでてきます。 診断 疑わしい場合、食品、便、血液からボツリヌス毒素を検出することで診断がつきます。(衛生研究所に検査を依頼) 治療 呼吸麻痺を起こすことがあるので、呼吸管理が必要です。[senoopc.jp]

  • 多発性神経炎

    脳血管障害による完全麻痺(筋力2以下)。 末梢神経障害による3肢以上の機能障害(筋力3),もしくは1肢以上の筋力全廃(筋力2以下)。 両眼の視力の和が0.01以下の視力障害。[vas-mhlw.org] 重症化すれば呼吸麻痺にいたります。 解説 末梢神経系に炎症が生じ、髄鞘とよばれる神経線維を取り囲む組織が破壊されることによっておこる病気です。髄鞘が破壊されることを脱髄と呼びます。ギランバレー症候群は末梢神経の代表的脱髄疾患です。症状が出現する数日 数週間前に呼吸器系や消化器系の感染症が多くの例でみられます。[kanden-hsp.jp] ベル麻痺) 神経痛性萎縮症(腕神経叢炎):急性・肩痛・上腕萎縮 腰部椎間板ヘルニア:急性・下肢のしびれ ギランーバレー:急性又は亜急性・四肢脱力・四肢麻痺呼吸麻痺 感覚障害(あっても軽い)・ヒステリーと間違うことあり 変形性脊椎症:慢性・手足のしびれ・左右非対称・運動障害 多発性神経炎:慢性・進行性・左右対称性にしびれが上行(糖尿病[ibaraisikai.or.jp]

  • ダニ麻痺症

    *4口下 マダニの顎体部にあり、吸血する際にこれを宿主の皮下に差し込み体を固定する役目をする。 *5ダニ麻痺 マダニの唾液中に含まれる末梢神経性毒素が原因となり、神経症状を引き起こす。 *6重症熱性血小板減少症候群 ブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類される新しいウイルスが原因となるダニ媒介性感染症。[saitama-vma.org] 犬のダニ麻痺症の主症状 フラフラ歩く 後肢の脱力 顔面の弛緩 発声障害と嚥下困難 呼吸麻痺 瞳孔散大[koinuno-heya.com]

  • シャイ・ドレーガー症候群

    、群発性頭痛、髄膜炎、脳炎、肥厚性硬膜炎、進行麻痺、多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、進行性多巣性白質脳症、副腎白質ジストロフィー、てんかん、筋萎縮性側索硬化症、痙性対麻痺、脊髄性進行性筋萎縮症、ハンチントン病、ウィルソン病、ミトコンドリア脳筋症、その他の遺伝性神経疾患、顔面神経麻痺、動眼神経麻痺、滑車神経麻痺、外転神経麻痺、その他の脳神経麻痺[kashiwado.com] この他、首を含む全身のに、筋力低下や動かしているうちに力が出なくなる疲労現象を認めます。重症例では、呼吸麻痺が出て緊急の人工呼吸器管理を必要とする場合もあります。[jikei.ac.jp] 重症化すると呼吸麻痺をおこし、呼吸困難を来すこともあります。 多発性硬化症/視神経脊髄炎 多発性硬化症は中枢神経系の脱髄疾患の一つです。私達の神経活動は神経細胞から出る細い電線のような神経の線を伝わる電気活動によってすべて行われています。[hwc.or.jp]

  • ブラウン・セカール症候群

    弛緩性麻痺 痙性麻痺 麻痺 交代性麻痺 一過性麻痺 下交叉性麻痺 純粋運動性麻痺 同側性麻痺 不全麻痺 対麻痺および四肢麻痺 弛緩性対麻痺 痙性対麻痺 屈曲性対麻痺 対麻痺 不全対麻痺 弛緩性四肢麻痺 痙性四肢麻痺 四肢不全麻痺 四肢麻痺 脊髄中心症候群 下肢の単麻痺 下肢弛緩性麻痺 下肢不全麻痺 下肢麻痺 下肢単麻痺 その[scuel.me] これらによる合併症は,呼吸器(呼吸麻痺による障害―横隔膜・肋間筋/排痰障害―無気肺・肺炎)消化器(麻痺性イレウス/上腸間膜動脈症候群/消化性潰瘍)泌尿器(神経因性膀胱/膀胱炎―尿路感染症)褥瘡(骨突出部)痙縮拘縮 浮腫 痛み 骨萎縮 異所性骨化 (脊髄空洞症)があります.[central.or.jp] ベル麻痺) 神経痛性萎縮症(腕神経叢炎):急性・肩痛・上腕萎縮 腰部椎間板ヘルニア:急性・下肢のしびれ ギランーバレー:急性又は亜急性・四肢脱力・四肢麻痺呼吸麻痺 感覚障害(あっても軽い)・ヒステリーと間違うことあり 変形性脊椎症:慢性・手足のしびれ・左右非対称・運動障害 多発性神経炎:慢性・進行性・左右対称性にしびれが上行(糖尿病[ibaraisikai.or.jp]

  • 脊髄梗塞

    頸椎部の硬膜外出血では,麻痺を呈して脳梗塞と症候が類似する場合がある。 【検査所見】 〈MRI〉 想定される病変レベルのMRIを撮影して腫瘍や椎間板ヘルニアなどの圧迫性病変をまず鑑別する必要がある。 動脈性梗塞では,T2強調画像で高信号と軽度の脊髄腫脹を認めることがあるが,異常所見を認めない場合もある。[jmedj.co.jp] 急性期にはエダラボンなどの脳脊髄保護療法を開始しつつ,速やかに血栓融解療法を行う.抗リン脂質抗体症候群の場合は,副腎ステロイド療法(プレドニゾロン 40 60 mg)に加えて,急性期のヘパリン療法も併用する.その他,大動脈炎でのステロイド療法の併用や梅毒性血管炎でのペニシリン大量投与など基礎疾患への対応も併用する.また上位頸髄レベルの障害では呼吸麻痺[kotobank.jp] 麻痺症状は上行し延髄レベルへの麻痺進行の可能性が考えられたため、入院第6病日ステロイドパルス療法を追加したが、呼吸麻痺による呼吸不全のため第7病日に死亡。家族の同意を得て病理解剖実施した。[archive.jsco.or.jp]

さらなる症状

類似した症状