Create issue ticket

考えれる118県の原因 呼吸筋麻痺, 片麻痺

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] ALSは、運動ニューロンの変性によって進行性の筋力低下や萎縮を起こし、健康人を数年内に呼吸麻痺により死に至らしめる神経難病で、この経過を遅らせる有効な治療法はいまだ見つかっていない。[news.mynavi.jp] 呼吸管理 ALSでは呼吸麻痺による呼吸不全が死因となることがほとんどである。人工呼吸器の装着の判断は、疾患の告知とともに重要な問題となっている。[bsd.neuroinf.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    その後、下肢から体幹部に向かい左右対称性に筋力低下や麻痺が上行する。四肢麻痺は、遠位に強く現れる。呼吸麻痺が発症すると人工呼吸器により呼吸管理が必要となることがある。運動神経の障害が主であるが、軽度の感覚神経障害も発症する。特に異常感覚や神経因性疼痛が多く支持療法が必要となることも多い。[ja.wikipedia.org] ギラン・バレー症候群が全身型の疾患であるのに対して、同様の自己免疫が原因で末梢神経の障害が起こる疾患にフィッシャー症候群やビッカースタッフ型脳幹脳炎があり、外眼麻痺、失調、深部反射低下などが見られる。[ja.wikipedia.org] PCB(pharygeal-cervical-brashial weakness、咽頭頚部上腕型GBS)という亜型も知られており咽頭呼吸筋、近位筋の筋力低が特徴とされている。 稀な疾患であり、年間の発病率は10万人当たり1〜2人程度とされる。ただ、厳密には前述するように複数の名称が混在しており、その解釈により増減する。[ja.wikipedia.org]

  • 急性間欠性ポルフィリン症
  • ボツリヌス中毒
  • 麻痺

    ほとんどの脳血管障害が麻痺を主訴とするため、これを想定する。まず顔面に麻痺が存在しない頸部以下の麻痺であれば脊髄レベルの血管障害と考えることができる。麻痺と対側に顔面麻痺がある場合、すなわち交代性麻痺であれば脳幹障害である。脳幹障害は気管内挿管の必要が高くなる。[ja.wikipedia.org] 動脈閉塞、急性動脈解離、脳出血、脳梗塞といった、血管障害、脊髄硬膜外膿瘍や急性脊髄硬膜下血腫などミエロパチーを起こす疾患、ギラン・バレー症候群、重症無力症、皮膚筋炎、多発性筋炎、多発性硬化症といった呼吸麻痺をおこす神経疾患は注意が必要である。特にギラン・バレー症候群は進行が早いため注意が必要である。[ja.wikipedia.org] 不全麻痺(paresis)は運動麻痺分布が部分的であったり、運動麻痺の程度が不完全な状態を示す。分布では単麻痺(monoplegia)は四肢のうち一肢のみの運動麻痺である。麻痺(hemiplegia)は身体の一側に限局する運動麻痺であり、運動麻痺の頻度としては最も多い。[ja.wikipedia.org]

  • ジフテリア

    軟口蓋の麻痺(3週目)や眼、手足、横隔膜の麻痺(5週目)、さらに二次性肺炎、横隔麻痺による呼吸障害、小児では、中耳炎、呼吸不全が見られる場合もある。感染例の多い咽頭ジフテリアの場合は、厚い偽膜と咽頭粘膜の浮腫により気道を閉塞することもあり、熱は通常高くない。[idsc.nih.go.jp] また、毒素が血流中に入って全身に拡がると、心筋炎・心不全による循環器系障害、四肢の筋肉および呼吸などの麻痺( ジフテリア後神経麻痺) の原因となる。毒素の直接作用は、動物細胞のレセプターに結合し、細胞膜から細胞内に侵入しペプチド伸長因子(EF-2)を不活化することによりリボゾームにおけるタン白合成を阻害し、細胞を死に至らしめる。[idsc.nih.go.jp]

  • 脳卒中

    症状は麻痺や感覚障害だけでなく、失語や失認など「高次脳機能障害」をしばしば伴います。さらに、心筋梗塞や四肢の閉塞性動脈硬化症も合併しますからあなどれません。 *高次脳機能障害・・・大脳の皮質が傷害されたときにみられる症状で、失語(言葉が出てこない、他人のいうことが理解できないなどの症状で、言語中枢に傷害が生じた時に起こる。[ncvc.go.jp] 症状は出血の部位によって異なりますが、多くは麻痺、感覚障害を伴い、重症例では意識障害をきたします。意識障害を伴う脳出血の予後はあまりよくありません。 3.くも膜下出血 脳動脈にできたこぶ(動脈瘤)が破れて、脳の表面(くも膜下腔)に出血するものです。大部分は先天性の動脈瘤ですが、高血圧によって大きくなるといわれています。[ncvc.go.jp]

    不足: 呼吸筋麻痺
  • 一過性脳虚血発作

    内頚動脈領域症状…単麻痺ないし麻痺、感覚異常、構語障害、失語 椎骨脳底動脈領域症状…めまい、同名半盲、運動失調、半身ないし両側の筋力低下・感覚障害、構語障害これを分かりやすい言葉で表現すると、片目が見えなくなったり、ものが二重に見えたり、転倒しやすくなったり、顔や手足がしびれたり、急に言葉が不自由になる(ろれつがまわらない、言葉がでなくなる[ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺
  • 片頭痛

    麻痺頭痛麻痺頭痛(HM)は家族性麻痺性頭痛(FHM)と孤発性麻痺性頭痛に分類される。海外における検討では有病率は0.01〜0.03%と稀少疾患である。典型的な頭痛よりも発症は早期であり10〜20歳とされる。運動性の前兆が認められるのが最大の特徴である。前兆の出現中もしくは前兆出現後60分以内に頭痛がおこる。[ja.wikipedia.org] それほど多くはないが、頭痛なしで、あるいは頭痛ではないただの頭痛とともに前兆が現れる場合もある。他の下位分類としては、運動麻痺と前兆が起こる頭痛である家族性麻痺頭痛や孤発性麻痺頭痛がある。近親者に同様の症状があれば「家族性」、そうでなければ「孤発性」とされる。[ja.wikipedia.org] 脳底型片頭痛脳底型頭痛(BM)は頭痛の前兆の責任病巣が脳幹または両側大脳半球あるいはその両方と考えられるものである。運動麻痺が前兆のものは含まれない。脳底型前兆で最も多いものはめまい感である。血管収縮薬は使用禁忌である。これはトリプタンの治験が血管攣縮を増悪させる恐れがあるという懸念から脳底型片頭痛を除外して行った経緯からである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺
  • 多発性神経炎

    多発性神経炎(たはつせいしんけいえん)とは、薬物中毒、代謝異常、遺伝性疾患などにより手や足の末梢神経に障害を生じる病気である。多発性ニューロパチーとも称される。多発性神経炎と多発性神経根炎に分けることもある。 主に次のような原因がある。 中毒ヒ素や鉛、薬品(医薬品や農薬等)などによるもの。アルコールの慢性中毒によるものもある。代謝異常ビタミンB群の欠乏慢性疾患糖尿病遺伝性疾患 その他[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺

さらなる症状

類似した症状