Create issue ticket

考えれる255県の原因 呼吸筋麻痺, 歩行異常

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] ,下位運動ニューロン障害(すなわち,腓骨筋や手の小筋の筋萎縮),振動感の異常,凹足などの足奇形である.発症は10歳前から60歳代と幅広い.[grj.umin.jp] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp]

  • ダニ麻痺症

    犬のダニ麻痺症の主症状 フラフラ歩く 後肢の脱力 顔面の弛緩 発声障害と嚥下困難 呼吸麻痺 瞳孔散大[koinuno-heya.com] ライム病 犬・人 発熱、全身麻痺、起立不能、歩行異常などが単独あるいは複合して現れます。[uchida-animal-hospital.com] 人に感染した場合は、神経過敏や歩行異常などの神経症状、多発性関節炎、皮膚症状などが見られます。 猫ヘモバルトネラ症 猫にヘルバルトネラ フェリスという菌が、マダニやノミを媒介して感染して発症します。貧血、元気消失、体重減少などが見られ、免疫力が落ちると症状が悪化します。[1242.com]

  • 糖原病 2 型

    を認めない 0 b 軽度の障害を認める (目安として、IQ70未満や補助具などを用いた自立歩行が可能な程度の障害) 1 c 中程度の障害を認める (目安として、IQ50未満や自立歩行が不可能な程度の障害) 2 d 高度の障害を認める (目安として、IQ35未満やほぼ寝たきりの状態) 4 V 現在の臓器障害に関する評価(以下の中からいずれか1[nanbyou.or.jp] 軽度の異常値が継続している (目安として正常範囲から1.5SDの逸脱) 1 c 中等度以上の異常値が継続している (目安として1.5SDから2.0SDの逸脱) 2 d 高度の異常値が持続している (目安として2.0SD以上の逸脱) 3 IV 現在の精神運動発達遅滞、神経症状、筋力低下についての評価(以下の中からいずれか1つを選択する) a 異常[nanbyou.or.jp]

  • 低カリウム性周期性四肢麻痺

    通常下肢より弛緩性麻痺が生じるが、呼吸麻痺や脳神経支配筋の障害はほとんどみられない。 麻痺は夜間、早朝に起こりやすく、運動や、でんぷんに富む食物を大量に摂取した後に生じることが多い。発作に先立って血清カリウム値が著明に低下するのが特徴で、血清CK値も上昇し、心電図でU波が出現する。[ameblo.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 甲状腺眼症/バセドウ病眼症 に対するステロイドパルス療法で重篤な 低カリウム性 周期性四肢麻痺 が誘発 甲状腺眼症/バセドウ病眼症 に対するステロイドパルス療法で、呼吸麻痺し、呼吸不全までおこす重篤な 低カリウム性 周期性四肢麻痺が誘発される事があります。[nagasaki-clinic.com]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • 凹足

    CMT type 2C - CMT2C - (12q23-q24) -構音障害や呼吸麻痺をきたす。 CMT type 2D - CMT2D ( OMIM 601472 ) - GARS遺伝子(7p15)を原因遺伝子とする。下肢よりも上肢に障害が強い(非典型的)。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    重症化すれば呼吸麻痺にいたります。 解説 末梢神経系に炎症が生じ、髄鞘とよばれる神経線維を取り囲む組織が破壊されることによっておこる病気です。髄鞘が破壊されることを脱髄と呼びます。ギランバレー症候群は末梢神経の代表的脱髄疾患です。症状が出現する数日 数週間前に呼吸器系や消化器系の感染症が多くの例でみられます。[kanden-hsp.jp] 手足に力が入りづらい(脱力)、転びやすい(歩行障害)、物をうまくつかめない(握力・巧緻性の低下)、触った感じが分かりづらい(感覚鈍麻)、痺れやちくちくした痛みを感じる(感覚異常)などの症状が出ます。腱反射は一般に低下ないし消失します。[cidp-sgj.org] 呼吸障害 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の検査・診断 一つの検査で診断がつくわけではなく、診断の上では、 発症 からの経過と診察の 所見 も非常に重要となる 検査の例 末梢 神経伝導検査 神経の電気信号を伝える速度が通常よりも低下していないかを調べる 神経根 MRI ( 脊髄 MRI)検査 神経の形や性状に異常なものがいないかを[medley.life]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    症状 初発症状は、手・指の萎縮と筋力低下を特徴とする。 次第に上肢・下肢の麻痺へと進行する。 進行に伴い言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる。 感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡の4つが生じにくいことが特徴(4大陰性徴候)。 検査と診断 特異的な診断法はない。初期症状や神経学的所見などをもとに、総合的に診断する。[nurseful.jp] 歩行の調整不良、指と手の動き、構音障害(眼球運動不調)、眼振異常などの眼球運動異常、眼球運動異常、眼筋麻痺などの典型的な臨床徴候の神経学的検査. 運動失調症の家族歴の確認、運動失調症の原因となる変異の同定、または運動失調症の遺伝型に特徴的な臨床表現型の認識による、疾患の遺伝的性質の記録.[laurarodriguezsa.over-blog.com] (2)歯車様筋強直、動作緩慢、姿勢歩行障害のうち2つ以上が存在する。 ※2 脳CT又はMRIにおける特異的異常とは、多発脳梗塞、被殻萎縮、脳幹萎縮、著明な脳室拡大、著明な大脳萎縮など他の原因によるパーキンソニズムであることを示す明らかな所見の存在をいう。[hoken.kakaku.com]

  • 筋ジストロフィー

    SMA 1-5 について SMAは、脊髄および下位脳幹における進行性の運動ニューロンの脱落を特徴とする疾患であり、重篤で進行性の萎縮や無力を引き起こします。最も重篤なタイプのSMAの患者さんは最終的に麻痺状態となり、呼吸や嚥下など生命維持のための基本的な身体機能に支障をきたす恐れがあります。[biogen.co.jp] ジストロフィン異常症や肢帯型は動揺性歩行などの歩容異常、階段昇降困難、易転倒性といった歩行障害で発症する。顔面肩甲上腕型では上肢挙上困難、筋強直性ジストロフィーはミオトニア現象や握力低下などで発症する。[nanbyou.or.jp] 運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー (neurophathy、末梢神経障害) 特定系統の症候学 錐体路障害 錐体外路障害 切迫する病態に関しての用語 脳浮腫 頭蓋内圧 亢進 脳ヘルニア 脳死 脳血管障害 [ 編集 ] 一過性脳虚血発作 (TIA) 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血[ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] 運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー (neurophathy、末梢神経障害) 特定系統の症候学 錐体路障害 錐体外路障害 切迫する病態に関しての用語 脳浮腫 頭蓋内圧 亢進 脳ヘルニア 脳死 脳血管障害 [ 編集 ] 一過性脳虚血発作 (TIA) 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血[ja.wikipedia.org] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp]

さらなる症状