Create issue ticket

考えれる135県の原因 呼吸筋麻痺, 歩行異常

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] ALSは、運動ニューロンの変性によって進行性の筋力低下や萎縮を起こし、健康人を数年内に呼吸麻痺により死に至らしめる神経難病で、この経過を遅らせる有効な治療法はいまだ見つかっていない。[news.mynavi.jp] 呼吸管理 ALSでは呼吸麻痺による呼吸不全が死因となることがほとんどである。人工呼吸器の装着の判断は、疾患の告知とともに重要な問題となっている。[bsd.neuroinf.jp]

  • ダニ麻痺症
  • ミオパチー

    症状では両下肢の弛緩性麻痺で発症し数時間かけて上肢へと進展するが、脳神経の障害や呼吸麻痺になることはほとんど無い。早朝、起床時などから脱力が生じることが多く、数時間で回復することが多く、長くても2〜3日で回復する。大量炭水化物の摂取や過激な運動が誘発要因として知られている。[ja.wikipedia.org] 歩行動揺性歩行は筋疾患でみられる代表的な歩行異常である。腰帯筋筋力低下によって起こる歩行異常である。つま先歩きの障害は脛骨神経麻痺などの他に遠位型ミオパチーのひとつの三好型ミオパチーによる腓腹筋障害の可能性がある。また、踵歩きができない場合は遠位型ミオパチーの縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーによる前脛骨筋槽外の可能性がある。[ja.wikipedia.org] 1歳までの乳児期は通常は異常がない。例外的に、乳児期に発育、発達の遅れをみるものもいる。処女歩行が1歳6ヶ月を過ぎるものが30〜50%いる。多くは3〜5歳頃、転びやすい、走れない、階段を昇れないなど、歩行に関する異常で発症する。ステロイド治療しなければ10歳前後で歩行不能となる。[ja.wikipedia.org]

  • 糖原病 2 型

    ポンペ病(ぽんぺびょう、Pompe Disease)は、糖原病の1つ(II型)であり、細胞内酵素であるα1,4グリコシダーゼの欠損によりあらゆる細胞のライソゾームにグリコーゲンが蓄積する病態である。常染色体劣性遺伝形式をとる。ライソゾームに関連した酵素が欠損しているために、分解されるべき物質が老廃物として体内に蓄積してしまう先天代謝異常疾患の総称である「ライソゾーム病」として特定疾患に2001年に指定された。糖原病や酸性マルターゼ欠損症(AMD)とも呼ばれる。オランダの病理学者・ヨアネス・カッシアヌス・ポンペが1932年に初めて報告した。 発病年齢は幼児期から[…][ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    なお稀ですが脳神経の障害も知られており、しゃべりにくい、表情麻痺などが報告されています。ただし呼吸がしにくいなどの症状はごく稀ですので、その際には他の疾患でないか考慮する必要があります。 7.[nanbyou.or.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    抄録 39歳男性例を報告した.視覚異常を自覚し,1カ月後に全身痙攣発作が出現して当科に入院した.頭部MRIにて右前頭葉内側,中脳,視床,大脳皮質に異常信号が多発したが,痙攣発作のコントロールとともに右前頭葉内側を除いて異常所見はおおむね消失した.その後,失調性歩行,四肢しびれが顕著となり,大球性貧血,血清ビタミンB12値低下,抗胃壁細胞抗体陽性[doi.org]

    不足: 呼吸筋麻痺
  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺
  • 末梢神経障害

    異常感覚性大腿神経痛 Meralgia paresthetica 大腿外側皮神経、鼠径部 疼痛、灼熱感、知覚異常、立位歩行で増悪 肥満、妊娠、コルセット着用の圧迫 総腓骨神経麻痺 Common peroneal nerve palsy 総腓骨神経、総腓骨頭 感覚障害、足関節背屈障害、垂れ足、鶏歩 手術や病気での長期臥床、泥酔、ギプスや下肢装具[ja.wikipedia.org] 外側大腿皮神経障害 [ 編集 ] 大腿外側の異常感覚や痛みを症状とする。症状は立位又は歩行で増強し坐位で軽減する。筋力は正常で膝蓋腱反射も保たれる。末梢神経の血管障害であり、太っている人がきつい下着やジーンズをはいた際などにおこりえる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺
  • 関節炎

    関節炎(かんせつえん、英: Arthritis)は、関節の炎症をともなう疾病の総称。症状には局所症状と全身症状があり、局所症状としては発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限などが知られ、全身症状としては発熱、全身倦怠感、体重減少などが知られている。 急性か慢性か、単関節炎か多関節炎かといった観点で纏められることが多い。 単関節炎は感染症、結晶誘発性、物理的要因によるものが多い。 細菌性関節炎淋菌性関節炎は若年者に多い。移動性の関節痛が特徴的である。高齢者、免疫不全状態の患者では非淋菌性関節炎が起りやすい。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺

さらなる症状