Create issue ticket

考えれる166県の原因 呼吸筋麻痺, 末梢神経障害

  • ギラン・バレー症候群

    ギラン・バレー症候群が全身型の疾患であるのに対して、同様の自己免疫が原因で末梢神経障害が起こる疾患にフィッシャー症候群やビッカースタッフ型脳幹脳炎があり、外眼筋麻痺、失調、深部反射低下などが見られる。[ja.wikipedia.org] その後、下肢から体幹部に向かい左右対称性に筋力低下や麻痺が上行する。四肢麻痺は、遠位に強く現れる。呼吸麻痺が発症すると人工呼吸器により呼吸管理が必要となることがある。運動神経の障害が主であるが、軽度の感覚神経障害も発症する。特に異常感覚や神経因性疼痛が多く支持療法が必要となることも多い。[ja.wikipedia.org] 四肢の腱反射低下〜消失 症状の左右対称性 軽度の感覚障害、異常感覚 脳神経麻痺(外眼筋麻痺、顔面神経麻痺、球麻痺)の存在 自律神経障害(頻脈、不整脈、血圧変動)の存在 発症時に発熱を欠く診断を支持する検査所見 末梢神経伝導検査での異常(伝導速度低下、遠位潜時延長、伝導ブロック、F波潜時延長、複合筋活動電位低下など) 発症1週間以降における蛋白細胞解離[ja.wikipedia.org]

  • ダニ麻痺症
  • ポルフィリン症

    骨髄性プロトポルフィリン症 ( Erythopoietic protoporphyria, EPP )の診断と治療 近畿大学医学部皮膚科 川原 繁 EPP は常染色体優性遺伝を示し,原因はプロトポルフィリンからヘムへの合成酵素であるフェロケラターゼ( ferrochelatase )の活性低下である。 (1)臨床症状 ① 皮膚症状 EPP[…][med.kindai.ac.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症
  • 筋萎縮性側索硬化症

    しかしながらALSあるいはMNDにおける小脳障害性や末梢知覚神経障害性については、これまで十分検討されて来たとはいえない。このうちALS剖検例において、日本で初めて小脳系の異常に着目したのは1902(明治35)年の三浦謹之助論文「筋萎縮性側索硬化症ニ就テ」である。[ja.wikipedia.org] 検査所見 ALSの診断のため、電気生理学的検査( 神経伝導検査 、筋電図)、血液検査、 髄液 検査、神経画像検査などが行われる。 特に、電気生理学的検査は重要であり、神経伝導検査により、 脱髄性ニューロパチー や 感覚神経障害 を来す他の 末梢神経 疾患を除外することができる。[bsd.neuroinf.jp] ALSは、運動ニューロンの変性によって進行性の筋力低下や萎縮を起こし、健康人を数年内に呼吸麻痺により死に至らしめる神経難病で、この経過を遅らせる有効な治療法はいまだ見つかっていない。[news.mynavi.jp]

  • 麻痺

    これはこの2つの感覚系の走行が中枢神経内で異なる経路を通ることが原因でおこる。臨床解剖学では乖離性感覚障害は局在診断において非常に重要な情報となる。 末梢神経性乖離性感覚障害末梢神経障害では感覚の全種類が平行して障害されることが多いが、ある種の小径線維優位の末梢神経障害では表在感覚鈍麻があるのに深部感覚が保たれる。[ja.wikipedia.org] 動脈閉塞、急性動脈解離、脳出血、脳梗塞といった、血管障害、脊髄硬膜外膿瘍や急性脊髄硬膜下血腫などミエロパチーを起こす疾患、ギラン・バレー症候群、重症無力症、皮膚筋炎、多発性筋炎、多発性硬化症といった呼吸麻痺をおこす神経疾患は注意が必要である。特にギラン・バレー症候群は進行が早いため注意が必要である。[ja.wikipedia.org] 麻痺には、運動神経障害される運動麻痺と、感覚神経障害される感覚麻痺(知覚麻痺)がある。また中枢が障害される中枢性麻痺と末梢神経障害される末梢性麻痺に分類される。 診断学においては麻痺(paralysis)とは運動障害であり、感覚障害を示す言葉ではないと考えられている。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    慢性炎症性脱髄性多発神経炎は2ヶ月以上かけて緩徐に進行する四肢筋力低下と感覚障害を主徴とする原因不明の後天性脱髄性末梢神経障害である。歴史的にはDyckらがメイヨークリニックの症例で緩徐進行、再発性などの臨床経過、左右対称で近位と遠位が同程度の障害など典型的CIDPと言われる臨床像を確立した。[ja.wikipedia.org] なお稀ですが脳神経の障害も知られており、しゃべりにくい、表情麻痺などが報告されています。ただし呼吸がしにくいなどの症状はごく稀ですので、その際には他の疾患でないか考慮する必要があります。 7.[nanbyou.or.jp] 長期経過中におそらくサイトカインや補体の活性化などによりBNBが破壊されて病変は遠位部から徐々に神経幹におよび、神経伝導速度が低下していると考えられている。 四肢の脱力やしびれ、感覚鈍麻といった、運動神経末梢神経の双方の障害が認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺障害

    他の部位で絞扼性ニューロパチーを起こし多発単神経炎のパターンをとることがある。後述のポリニューロパチーも含めると甲状腺機能低下症はあらゆる末梢神経障害のパターンをとりえる。 手根管症候群は単神経炎であるが甲状腺機能低下症による末梢神経障害は感覚優位のポリニューロパチーとなる。病態は不明な点が多いがホルモン補充療法で軽快する。[ja.wikipedia.org] 発作中のK濃度は平均1.7mEq/lであり呼吸麻痺や致死的不整脈などの致命的合併症が起こりうる。 バセドウ病だけでなく橋本病でも起こることがある。 甲状腺機能亢進症に伴う不随意運動としては振戦が一番有名である。手指や足指などに生じる8から10Hzの速い振戦を特徴とする。姿勢時や精神緊張時に増強する。[ja.wikipedia.org]

  • ビタミンB12欠乏

    他にも補酵素型ビタミンB12のメチルコバラミンも医療用医薬品として販売されており、末梢神経障害や悪性貧血の治療に用いられる。 シアノコバラミンは合成が極めて困難であるため、現在は放線菌などの細菌の培養液から生産されている。 ビタミンB12は代謝に関与しており、特にDNA合成と調整に加え脂肪酸の合成とエネルギー産生に関与している。[ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺
  • 高尿酸血症

    また 末梢神経障害 や汎血球減少症などの報告もある。痛風発作の極期には非ステロイド性抗炎症薬が有効であるが短期間に限り比較的多量を投与して炎症を沈静化させる(NSAIDパルス療法)。保険適応のある非ステロイド性抗炎症薬は インドメタシン 、 ナプロキセン 、 オキサプロジン 、 プラノプロフェン である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺

さらなる症状

類似した症状