Create issue ticket

考えれる358県の原因 呼吸筋麻痺, 末梢神経障害

  • ギラン・バレー症候群

    CIDPの診断と検査 末梢神経障害があること、似たような症状を示す他の疾患がないこと、この2つを確認することでCIDPと診断します。具体的には、髄液検査や、神経伝導検査などを行います。末梢神経の髄鞘が障害されているか、軸索にも障害が及んでいるかによって、その後の症状の改善のしやすさが異なります。[utanohosp.jp] 顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp]

  • ダニ麻痺症

    筋肉に付着している末梢運動神経が最も多く障害されますが、脳神経(迷走・顔面・三叉)や交感神経が影響を受けることもしばしばです。 犬のダニ麻痺症の主症状 フラフラ歩く 後肢の脱力 顔面筋の弛緩 発声障害と嚥下困難 呼吸筋麻痺 瞳孔散大[koinuno-heya.com] 犬のダニ麻痺症の主症状 フラフラ歩く 後肢の脱力 顔面の弛緩 発声障害と嚥下困難 呼吸麻痺 瞳孔散大[koinuno-heya.com]

  • ポルフィリン症

    急性期には腹痛・嘔吐などの消化器症状で発症し、四肢のしびれ・脱力などの末梢神経障害を伴うことが多い。腹痛は殆ど必発で激しいわりに圧痛・デファンスなど他覚的所見に乏しく、しばしばイレウス、さらにはヒステリーに間違われる。神経症状は、末梢神経障害がほぼ必発で四肢の脱力・シビレ等を診る。[med.kindai.ac.jp] 急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    手足の動きの 麻痺 やしびれ、痛みなど 中枢神経症状 頭痛 意識障害 、幻覚、けいれん 自律神経 障害 高血圧 頻脈 皮膚症状は出ない 急性間欠性ポルフィリン症の検査・診断 血液検査、尿検査で診断する 腹痛から 急性虫垂炎 や婦人科疾患と、神経症状から ギラン・バレー症候群 などの 末梢神経障害 を起こす疾患と診断が紛らわしいことがある[medley.life] 急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • ニューロパチー

    一つの神経だけに傷害がおこる単末梢神経障害の場合には、その神経の支配領域、例えば一側の手や足にしびれや痛みがおこります。この単末梢神経障害があちこちにおこると多発性末梢神経障害といいます。これらの症状は、末梢神経障害の原因により、感覚障害が強い感覚障害優位から運動障害優位や自律神経障害優位という特徴があります。[nukada.jimdo.com] 神経症状が出てから2週から4週で症状はピークになり、重症例では四肢麻痺が進んで歩行に介助を要し、10数%の患者さんは呼吸にも麻痺が及んで人工呼吸器を装着することが知られています。また約半数の人は顔面神経麻痺、複視、嚥下障害といった脳神経障害を生じます。頻脈、徐脈、起立性低血圧、膀胱直腸障害といった自律神経障害を伴うこともあります。[neurology-jp.org] 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。呼吸麻痺により呼吸障害をきたすこともある。 発症1 2週間前に、軽い上気道炎症や下痢がみられる。 発症から4週間以内に症状のピークを迎え、その後自然回復することが多い。しかし、後遺症が残ることもある。[nurseful.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    一つの神経だけに傷害がおこる単末梢神経障害の場合には、その神経の支配領域、例えば一側の手や足にしびれや痛みがおこります。この単末梢神経障害があちこちにおこると多発性末梢神経障害といいます。これらの症状は、末梢神経障害の原因により、感覚障害が強い感覚障害優位から運動障害優位や自律神経障害優位という特徴があります。[nukada.jimdo.com] 呼吸麻痺、嚥下障害、不整脈や血圧の変動などの自律神経障害などを伴う重症例の場合では、厳重なモニタリングや、人工呼吸・循環管理などの集中治療を要する場合があります。[byouin.metro.tokyo.jp] 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。呼吸麻痺により呼吸障害をきたすこともある。 発症1 2週間前に、軽い上気道炎症や下痢がみられる。 発症から4週間以内に症状のピークを迎え、その後自然回復することが多い。しかし、後遺症が残ることもある。[nurseful.jp]

  • 脊髄梗塞

    単一の神経根が障害された場合は感覚鈍麻の範囲は皮膚分節より狭い。感覚消失や境界が明瞭な場合は末梢神経障害( ニューロパチー )の可能性が高い。触覚より痛覚の感覚鈍麻の方がデルマトームに一致しやすい。 ミオトーム ミオトームとは1本の前根により支配されている筋支配の単位である。1つの骨格筋は複数の神経根に支配されている。[ja.wikipedia.org] 急性期にはエダラボンなどの脳脊髄保護療法を開始しつつ,速やかに血栓融解療法を行う.抗リン脂質抗体症候群の場合は,副腎ステロイド療法(プレドニゾロン 40 60 mg)に加えて,急性期のヘパリン療法も併用する.その他,大動脈炎でのステロイド療法の併用や梅毒性血管炎でのペニシリン大量投与など基礎疾患への対応も併用する.また上位頸髄レベルの障害では呼吸麻痺[kotobank.jp] 麻痺症状は上行し延髄レベルへの麻痺進行の可能性が考えられたため、入院第6病日ステロイドパルス療法を追加したが、呼吸麻痺による呼吸不全のため第7病日に死亡。家族の同意を得て病理解剖実施した。[archive.jsco.or.jp]

  • 多発性神経炎

    CIDPの診断と検査 末梢神経障害があること、似たような症状を示す他の疾患がないこと、この2つを確認することでCIDPと診断します。具体的には、髄液検査や、神経伝導検査などを行います。末梢神経の髄鞘が障害されているか、軸索にも障害が及んでいるかによって、その後の症状の改善のしやすさが異なります。[utanohosp.jp] 重症化すれば呼吸麻痺にいたります。 解説 末梢神経系に炎症が生じ、髄鞘とよばれる神経線維を取り囲む組織が破壊されることによっておこる病気です。髄鞘が破壊されることを脱髄と呼びます。ギランバレー症候群は末梢神経の代表的脱髄疾患です。症状が出現する数日 数週間前に呼吸器系や消化器系の感染症が多くの例でみられます。[kanden-hsp.jp] ベル麻痺) 神経痛性萎縮症(腕神経叢炎):急性・肩痛・上腕萎縮 腰部椎間板ヘルニア:急性・下肢のしびれ ギランーバレー:急性又は亜急性・四肢脱力・四肢麻痺呼吸麻痺 感覚障害(あっても軽い)・ヒステリーと間違うことあり 変形性脊椎症:慢性・手足のしびれ・左右非対称・運動障害 多発性神経炎:慢性・進行性・左右対称性にしびれが上行(糖尿病[ibaraisikai.or.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    ・メコバラミン:活性型のビタミンB12であり末梢神経障害の保険適用薬です。大量投与によるALSへの有効性が期待されています。 ・Updated Awaji基準:ALSの最新の診断基準。従来の基準(revised El Escorial基準)より早期に診断することができます。[als-mecobalamin.org] 対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] 鑑別診断 下位または上位ニューロン障害のみを示す神経変性疾患 脳腫瘍、多発性硬化症など脳幹病変 頚椎症、後縦靭帯骨化症など脊髄病変 末梢神経障害 [診断の判定] 次の1 5のすべてを満たすものを、筋萎縮性側索硬化症と診断します。 成人発症である。 経過は進行性である。 神経所見で、上記3つのうち2つ以上をみとめる。[agmc.hyogo.jp]

  • 異常感覚性大腿痛

    一つの神経だけに傷害がおこる単末梢神経障害の場合には、その神経の支配領域、例えば一側の手や足にしびれや痛みがおこります。この単末梢神経障害があちこちにおこると多発性末梢神経障害といいます。これらの症状は、末梢神経障害の原因により、感覚障害が強い感覚障害優位から運動障害優位や自律神経障害優位という特徴があります。[nukada.jimdo.com] (2)ギラン・バレー症候群 Guillain-Barre syndrome: GBS 上気道感染、下痢を前駆症状とし、下肢遠位部より筋力低下が進行し、さらに上肢に及 ぶ弛緩性麻痺を起こす。重症例では脳神経麻痺呼吸麻痺を起こす。髄液では細胞数 は正常だが蛋白が上昇する。(蛋白細胞解離)神経伝導速度は低下し、伝導ブロックを 生じる。[www2b.biglobe.ne.jp] ベル麻痺) 神経痛性萎縮症(腕神経叢炎):急性・肩痛・上腕萎縮 腰部椎間板ヘルニア:急性・下肢のしびれ ギランーバレー:急性又は亜急性・四肢脱力・四肢麻痺呼吸麻痺 感覚障害(あっても軽い)・ヒステリーと間違うことあり 変形性脊椎症:慢性・手足のしびれ・左右非対称・運動障害 多発性神経炎:慢性・進行性・左右対称性にしびれが上行(糖尿病[ibaraisikai.or.jp]

さらなる症状

類似した症状