Create issue ticket

考えれる113県の原因 呼吸筋麻痺, 末梢性運動ニューロパチー

  • ギラン・バレー症候群

    顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] 疾患名 急性に進行 ギラン・バレー症候群 フィッシャー症候群 慢性に進行 慢性炎症脱髄多発根ニューロパチー(CIDP) MAG抗体陽性ニューロパチー 多巣運動ニューロパチー(MMN) ギラン・バレー症候群 急性に進行する末梢神経障害です。有病率は10万人あたり1 2人で、いずれの年齢層にも発症する可能性があります。[utanohosp.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp]

  • ダニ麻痺症

    犬のダニ麻痺症の主症状 フラフラ歩く 後肢の脱力 顔面の弛緩 発声障害と嚥下困難 呼吸麻痺 瞳孔散大[koinuno-heya.com]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp] 、けいれん、呼吸麻痺、不安、不眠、錯乱、うつ病、譫毛) ・自律神経・視床下部症候(高血圧、頻脈、発熱、発汗、低Na血症(SIADH) ③急性ポルフィリン症の初診断名 ・急性腹症、イレウス、虫垂炎、膵炎、消化性潰瘍、胆石症、尿路結石、精神異常、てんかん、Guillain-Barre症候群、SMON病、妊娠悪阻、卵巣捻転、子宮外妊娠 ④急性ポルフィリン[sakurafriends.jugem.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    重症化すれば呼吸麻痺にいたります。 解説 末梢神経系に炎症が生じ、髄鞘とよばれる神経線維を取り囲む組織が破壊されることによっておこる病気です。髄鞘が破壊されることを脱髄と呼びます。ギランバレー症候群は末梢神経の代表的脱髄疾患です。症状が出現する数日 数週間前に呼吸器系や消化器系の感染症が多くの例でみられます。[kanden-hsp.jp] 疾患名 急性に進行 ギラン・バレー症候群 フィッシャー症候群 慢性に進行 慢性炎症脱髄多発根ニューロパチー(CIDP) MAG抗体陽性ニューロパチー 多巣運動ニューロパチー(MMN) ギラン・バレー症候群 急性に進行する末梢神経障害です。有病率は10万人あたり1 2人で、いずれの年齢層にも発症する可能性があります。[utanohosp.jp] 呼吸障害 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の検査・診断 一つの検査で診断がつくわけではなく、診断の上では、 発症 からの経過と診察の 所見 も非常に重要となる 検査の例 末梢 神経伝導検査 神経の電気信号を伝える速度が通常よりも低下していないかを調べる 神経根 MRI ( 脊髄 MRI)検査 神経の形や性状に異常なものがいないかを[medley.life]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] 特に、電気生理学的検査は重要であり、神経伝導検査により、 脱髄ニューロパチー や 感覚神経障害 を来す他の 末梢神経 疾患を除外することができる。[bsd.neuroinf.jp] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp]

  • 呼吸筋麻痺

    概要 第43回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集 -862-FP-349 呼吸麻痺を呈し、挿管管理を要した重度低カリウム血症の1 例公立陶生病院小野寺 良太、横山 俊樹、早川 浩史、稲葉 慎一郎、倉田 圭、中島 義仁、市原 利彦、川瀬 正樹呼吸麻痺を呈し、挿管管理を要した重度低カリウム血症の1例公立陶生病院 救急部集中治療室小野寺良太[jsicm.org] (3)鑑別診断 ①脳幹・脊髄疾患:腫瘍、多発硬化症、頸椎症、後縦靱帯骨化症など。 ②末梢神経疾患:多巣運動ニューロパチー、遺伝性ニューロパチーなど。 ③筋疾患:筋ジストロフィー、多発性筋炎、封入体筋炎など。 ④下位運動ニューロン障害のみを示す変性疾患:脊髄性進行性筋萎縮症など。[nanbyou.or.jp] )、伴球脊髄筋萎縮症、 ポリオ 後症候群、ヘキソサミターゼA欠乏 末梢神経障害 頸椎症 、 腰椎症 、 多巣運動ニューロパチー 、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy; CIDP)、筋痙攣、線維束収縮症候群、重金属中毒、多発単神経炎、神経線維腫[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄梗塞

    急性期にはエダラボンなどの脳脊髄保護療法を開始しつつ,速やかに血栓融解療法を行う.抗リン脂質抗体症候群の場合は,副腎ステロイド療法(プレドニゾロン 40 60 mg)に加えて,急性期のヘパリン療法も併用する.その他,大動脈炎でのステロイド療法の併用や梅毒性血管炎でのペニシリン大量投与など基礎疾患への対応も併用する.また上位頸髄レベルの障害では呼吸麻痺[kotobank.jp] (名) 慢性炎症脱髄性多発根神経炎 29 多巣性運動ニューロパチー 2 Guillain-Barre症候群 1 Fisher症候群 1 多発ニューロパチー 8 Charcot-Marie-Tooth病 5 脳神経麻痺 9 Isaacs症候群 2 その他 3 骨格筋疾患/ミオパチー (名) 壊死性筋症・多発筋炎・皮膚筋炎 9 筋ジストロフィー[hosp.tohoku.ac.jp] 麻痺症状は上行し延髄レベルへの麻痺進行の可能性が考えられたため、入院第6病日ステロイドパルス療法を追加したが、呼吸麻痺による呼吸不全のため第7病日に死亡。家族の同意を得て病理解剖実施した。[archive.jsco.or.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] (名) 慢性炎症脱髄性多発根神経炎 29 多巣性運動ニューロパチー 2 Guillain-Barre症候群 1 Fisher症候群 1 多発ニューロパチー 8 Charcot-Marie-Tooth病 5 脳神経麻痺 9 Isaacs症候群 2 その他 3 骨格筋疾患/ミオパチー (名) 壊死性筋症・多発筋炎・皮膚筋炎 9 筋ジストロフィー[hosp.tohoku.ac.jp] 脱力の程度も、下肢のみといった限局性筋力低下から完全四肢麻痺まである。発作の頻度も幅があり、毎日から生涯に数回までがある。顔面・嚥下・呼吸麻痺はあまり見られず、感覚や膀胱直腸障害はない。平均的には、高カリウム性は低カリウム性より程度も軽く持続も短い。[ja.wikipedia.org]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    呼吸困難が強くなれば生命にかかわることがあり、 重症無力症でみられる呼吸麻痺をクリーゼと言い、 医療機関への救急受診が必要となります。[ketsukyo.or.jp] (名) 慢性炎症脱髄性多発根神経炎 29 多巣性運動ニューロパチー 2 Guillain-Barre症候群 1 Fisher症候群 1 多発ニューロパチー 8 Charcot-Marie-Tooth病 5 脳神経麻痺 9 Isaacs症候群 2 その他 3 骨格筋疾患/ミオパチー (名) 壊死性筋症・多発筋炎・皮膚筋炎 9 筋ジストロフィー[hosp.tohoku.ac.jp] 1)低頻度反復刺激誘発筋電図 2)エドロフォニウム試験(眼球運動障害、低頻度反復刺激誘発電図などの客観的な指標を用いて評価すること) 3)単線維電図 4.鑑別診断 眼麻痺、四肢筋力低下、嚥下・呼吸障害を来す疾患は全て鑑別の対象になる。[nanbyou.or.jp]

  • ニューロパチー

    神経症状が出てから2週から4週で症状はピークになり、重症例では四肢麻痺が進んで歩行に介助を要し、10数%の患者さんは呼吸にも麻痺が及んで人工呼吸器を装着することが知られています。また約半数の人は顔面神経麻痺、複視、嚥下障害といった脳神経障害を生じます。頻脈、徐脈、起立性低血圧、膀胱直腸障害といった自律神経障害を伴うこともあります。[neurology-jp.org] このほか、慢性炎症脱髄多発神経炎(CIDP)や多巣運動ニューロパチーも、末梢神経障害の原因となる炎症の末梢神経障害として挙げられます。 糖尿病などの代謝性疾患 代謝に異常が起こる病気も末梢神経障害の原因となります。なかでも代表的な代謝性疾患は糖尿病です。[medicalnote.jp] 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。呼吸麻痺により呼吸障害をきたすこともある。 発症1 2週間前に、軽い上気道炎症や下痢がみられる。 発症から4週間以内に症状のピークを迎え、その後自然回復することが多い。しかし、後遺症が残ることもある。[nurseful.jp]

さらなる症状