Create issue ticket

考えれる189県の原因 呼吸筋麻痺, 弛緩性麻痺

  • ダニ麻痺症

    は、しばしば他の神経障害あるいは疾患(ギランバレー症候群あるいはボツリヌス中毒症)と混同される急性の上行弛緩麻痺を特徴とする稀な疾病である。[imic.or.jp] 犬のダニ麻痺症の主症状 フラフラ歩く 後肢の脱力 顔面の弛緩 発声障害と嚥下困難 呼吸麻痺 瞳孔散大[koinuno-heya.com] 特に後頭部や脊椎付近にマダニが付着した場合は,麻痺の原因が1匹である可能がある。 症状と徴候には,食欲不振,嗜眠,筋力低下,協調運動障害,眼振,上行弛緩麻痺などがある。延髄麻痺や呼吸麻痺が生じることがある。 診断は臨床所見に基づく。[msdmanuals.com]

  • 低カリウム血症

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作・近位筋優位の四肢筋力低下(弛緩麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸筋麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 原文 Hypokalemic Periodic Paralysis 要約 疾患の特徴 低カリウム周期四肢麻痺(HOKPP)は麻痺型とミオパチー型とで特徴づけられる。 麻痺型 は、低カリウム血症を伴う可逆弛緩麻痺発作を特徴とし、多くの場合は対麻痺もしくは四肢麻痺にまで達するが呼吸筋や心筋は侵されない。[grj.umin.jp] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    急性・急速進行・左右対称・全身・遠位筋優位の筋力低下である。末梢神経障害のため、弛緩麻痺となることが特徴である。 反射弓の障害 深部腱反射の低下や消失が特徴的とされている。神経根の障害からレンショウ抑制や側方抑制の障害が起こることによって腱反射が亢進することがある。この所見は軸索型GBSで認められやすい。[ja.wikipedia.org] 顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] 多発性筋炎 や 進行筋ジストロフィー症 のような全身を侵す筋肉疾患, ギラン バレー症候群 のような多発性根神経炎, 運動ニューロン疾患 などでは,弛緩の四肢麻痺を呈することが多い。これらの疾患,とくに後2者においては,顔面筋やその他の脳神経系の運動麻痺をきたすことも少なくない。[kotobank.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp] 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は主に中高年に発症する、進行性の筋力低下や萎縮を特徴とする神経難病です。健康な人を数年の内に呼吸麻痺により死に至らしめる難病で、この経過を遅らせる有効な治療法は現在のところ、ありません。[u-tokyo.ac.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    は,深部腱反射の消失および筋の電気刺激に対する反応の消失を伴う弛緩麻痺発作を特徴とする,常染色体優性遺伝のまれな病態であり,浸透率にはかなりのばらつきがある。[msdmanuals.com] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 周期四肢麻痺とは? どんな病気か 反復する発作の四肢弛緩麻痺を示す病気です。弛緩麻痺とは、筋緊張の低下した麻痺のことです。 原因は何か 細胞外カリウムが何らかの理由で筋細胞内に取り込まれて血清カリウムが低値となり、筋細胞膜が脱分極状態に陥り、筋線維があらゆる刺激に反応できなくなって弛緩麻痺になると考えられています。[qlife.jp]

  • ボツリヌス中毒

    RCTの対象は、乳児ボツリヌス症疑い症例(急性の弛緩麻痺を示し、後に検査で確認された)122人。75人はA型毒素、47人がB型毒素による中毒だった。59人を治療群、63人を対照群に割り付け、入院から3日以内にBIG-IVまたは偽薬を投与した。BIG-IVの用量は、体重1kgあたり50mg。[medical.nikkeibp.co.jp] 9)14) 重症例では、呼吸、横隔膜麻痺のため呼吸困難におちいり死にいたる。[j-poison-ic.or.jp] 第5病日に採取された患者血清をマウスの腹腔内に接種したところ、ABEF型混合抗体を投与したマウスは健康だったが、抗体を投与しなかったマウスでは強度の呼吸困難と弛緩麻痺がみられ、ボツリヌス毒素による麻痺が疑われた。[idsc.nih.go.jp]

  • フグ中毒

    舌・顔面・四肢遠位端のしびれ感、初期の運動麻痺や失調、呂律困難、反射は正常(摂取後10 60分) Grade3. 全身の弛緩麻痺、呼吸不全、失声、瞳孔の固定と散瞳、患者の意識は保たれる(摂取後15分 数時間) Grade4.[clinicalsup.jp] 治療 フグ中毒の治療では、呼吸麻痺による換気不全と低酸素状態を解除することが主となります。具体的には、口から呼吸の管を挿入して人工呼吸での管理を行います。フグ中毒において最も重要なことは、早期に診断を受け、早めに呼吸機能を補助することです。[medicalnote.jp] 最終的には呼吸麻痺し、呼吸困難から呼吸麻痺になって死に至ります。意識は最後までありますから、辛いですよね。 それは酷だな。どうやって処置すればいいんですか。 山崎 毒が代謝されて消え、呼吸麻痺がおさまるまで、人工呼吸器で呼吸を続ければいいわけです。[athome-academy.jp]

  • 延髄灰白髄炎

    急性灰白髄炎 急性灰白髄炎(ポリオ、小児麻痺)とは ポリオはポリオウイルスが脊髄神経前角の運動神経核を侵すことで四肢を中心とする全身の筋肉の運動障害、いわゆる弛緩麻痺(だらりとした麻痺)を起こす急性ウイルス感染症です。かつて小児に多発したために小児麻痺と呼ばれましたが、免疫抗体をもたなければどの年代にも感染します。[kansensho.jp] 感染者の200人に1人に下肢麻痺が出現し、そのうち5-10%が呼吸麻痺により死亡すると言われています。 治療法 特異的な治療法はありません。 予防等 ワクチン接種による予防が主体です。[forth.go.jp] 前駆症状の後、四肢の非対称弛緩麻痺(AFP)と呼ばれる症状が出現します。 多くの場合、麻痺は脊髄型麻痺で下肢に現れますが、球麻痺を合併して嚥下、発語、呼吸障害が出ることもあります。麻痺による知的障害は起こりません。[health.merrymall.net]

  • 低カリウム性周期性四肢麻痺

    通常下肢より弛緩麻痺が生じるが、呼吸筋麻痺や脳神経支配筋の障害はほとんどみられない。 麻痺は夜間、早朝に起こりやすく、運動や、でんぷんに富む食物を大量に摂取した後に生じることが多い。発作に先立って血清カリウム値が著明に低下するのが特徴で、血清CK値も上昇し、心電図でU波が出現する。[ameblo.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 原文 Hypokalemic Periodic Paralysis 要約 疾患の特徴 低カリウム周期四肢麻痺(HOKPP)は麻痺型とミオパチー型とで特徴づけられる。 麻痺型 は、低カリウム血症を伴う可逆弛緩麻痺発作を特徴とし、多くの場合は対麻痺もしくは四肢麻痺にまで達するが呼吸筋や心筋は侵されない。[grj.umin.jp]

  • 脊髄梗塞

    Th11以下の温痛覚障害と左優位の不全麻痺(ASIA・B)を呈していた。 【経過】 初期評価時、両下肢は完全弛緩麻痺の状態を呈していたが、筋力は徐々に回復傾向がみられ、発症15日目には両側長下肢装具(以下、LLB)にて平行棒内立位が可能となった。[jstage.jst.go.jp] 急性期にはエダラボンなどの脳脊髄保護療法を開始しつつ,速やかに血栓融解療法を行う.抗リン脂質抗体症候群の場合は,副腎ステロイド療法(プレドニゾロン 40 60 mg)に加えて,急性期のヘパリン療法も併用する.その他,大動脈炎でのステロイド療法の併用や梅毒性血管炎でのペニシリン大量投与など基礎疾患への対応も併用する.また上位頸髄レベルの障害では呼吸麻痺[kotobank.jp] 脊髄ショック時は弛緩麻痺と腱反射消失を呈することがあり、急性多発ニューロパチーとの鑑別が必要となる。 馬尾症候群 [ 編集 ] 脊髄下端は高位診断が困難なことが多い。それは椎体と 脊髄 の高位が異なるからである。脊髄円錐部は円錐上部と円錐部に分けられる。円錐上部第12胸椎に位置し、L4からS2髄節である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状