Create issue ticket

考えれる208県の原因 呼吸筋麻痺, 尿失禁

  • ギラン・バレー症候群

    顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp] 重症例では,呼吸麻痺に対する呼吸補助(人工呼吸)が行われることがあります。 (参考) 厚生労働省検疫所ホームページ:ギラン・バレー症候群について[pe.emb-japan.go.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 尿閉、失禁、排尿困難は存在することがある。 末梢神経障害 末梢神経障害は主に運動神経であり、過去より現在の方が認められなくなった。筋力低下はしばしば下肢近位側より始まり、上肢や下肢遠位にみられることもあり、呼吸筋まで悪化して呼吸不全を伴う完全麻痺になることがある。[grj.umin.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 脊髄梗塞

    急性期にはエダラボンなどの脳脊髄保護療法を開始しつつ,速やかに血栓融解療法を行う.抗リン脂質抗体症候群の場合は,副腎ステロイド療法(プレドニゾロン 40 60 mg)に加えて,急性期のヘパリン療法も併用する.その他,大動脈炎でのステロイド療法の併用や梅毒性血管炎でのペニシリン大量投与など基礎疾患への対応も併用する.また上位頸髄レベルの障害では呼吸麻痺[kotobank.jp] 核上型神経因性膀胱でも核・核下型神経因性膀胱でも、ある程度の上肢機能が残存している場合は、間欠的自己導尿( セルフ・自己導尿)で排尿を行うことが、健康面からも衛生面からも最も良いことが判っています。 なお、尿漏れや失禁のある場合には、核上型神経因性膀胱に対しては膀胱の収縮を抑える薬(抗コリン薬)を用いることでかなりの改善が得られます。[pref.osaka.lg.jp] 麻痺症状は上行し延髄レベルへの麻痺進行の可能性が考えられたため、入院第6病日ステロイドパルス療法を追加したが、呼吸麻痺による呼吸不全のため第7病日に死亡。家族の同意を得て病理解剖実施した。[archive.jsco.or.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    呼吸麻痺、嚥下障害、不整脈や血圧の変動などの自律神経障害などを伴う重症例の場合では、厳重なモニタリングや、人工呼吸・循環管理などの集中治療を要する場合があります。[byouin.metro.tokyo.jp] 前頭葉/基底核の病変(前頭葉の腫瘍、大脳白質病変、パーキンソン病など)は、頻尿尿失禁をきたします。仙髄より末梢の病変(馬尾腫瘍、腰椎症、糖尿病性ニューロパチーなど)は、残尿尿閉をきたし、しばしば尿意の低下を伴います。頚髄・胸髄の病変(多発性硬化症など)は、頻尿尿失禁と残尿を同時にきたします。[lab.toho-u.ac.jp] 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。呼吸麻痺により呼吸障害をきたすこともある。 発症1 2週間前に、軽い上気道炎症や下痢がみられる。 発症から4週間以内に症状のピークを迎え、その後自然回復することが多い。しかし、後遺症が残ることもある。[nurseful.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    症状 初発症状は、手・指の萎縮と筋力低下を特徴とする。 次第に上肢・下肢の麻痺へと進行する。 進行に伴い言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる。 感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡の4つが生じにくいことが特徴(4大陰性徴候)。 検査と診断 特異的な診断法はない。初期症状や神経学的所見などをもとに、総合的に診断する。[nurseful.jp] (3)シャイ・ドレーガー症候群 中年以降に発症し、起立性低血圧(収縮期でも20mmHgもしくは拡張期で10mmHg以上)、排尿障害(100ml以上の残尿尿失禁)、男性での陰萎を中心とした自律神経症状が前景となる。発症後1年間にわたり上記の自律神経症状が前景であった場合に、シャイ・ドレーガー症候群ととらえる。[hoken.kakaku.com] でみられる眼振、外転神経麻痺、顔面の感覚低下 一側性核間性麻痺、顔面麻痺、顔面ミオキミア、難聴、一眼半水平注視麻痺症候群、三叉神経痛、発作性緊張性痙攣 完全外眼筋麻痺、垂直注視性麻痺、血管領域症候群、動眼神経麻痺、進行性三叉神経感覚障害、限局性ジストニア、斜頚 脊髄 非横断性脊髄症、レルミット徴候、求心路遮断された手、感覚低下、尿意切迫、尿失禁[ja.wikipedia.org]

  • シャイ・ドレーガー症候群

    この他、首を含む全身のに、筋力低下や動かしているうちに力が出なくなる疲労現象を認めます。重症例では、呼吸麻痺が出て緊急の人工呼吸器管理を必要とする場合もあります。[jikei.ac.jp] 薬の効かない排尿障害には時間をきめてカテーテルで自己導尿することもあります。排尿障害、特に尿失禁は社会活動に大きな障害となります。また尿路感染の誘因ともなります。排尿管理については泌尿器科医師も含めて専門医の助言を得ることが大切です。適度な運動は身体機能を維持する上で欠かせません。[nanbyou.or.jp] 重症化すると呼吸麻痺をおこし、呼吸困難を来すこともあります。 多発性硬化症/視神経脊髄炎 多発性硬化症は中枢神経系の脱髄疾患の一つです。私達の神経活動は神経細胞から出る細い電線のような神経の線を伝わる電気活動によってすべて行われています。[hwc.or.jp]

  • てんかん重積状態

    急性片麻痺 呼吸異常 無呼吸 泣き入りひきつけ 多呼吸症候群 知覚異常 めまい 頭痛 腹痛 特定疾患の一過性異常 ファロー四徴症のチアノーゼ発作 水頭症発作 上整脈 低血糖 低カルシウム 周期性麻痺 甲状腺機能低下 胃食道逆流 (Sandifer 症候群) 胃食道逆流に合併して、頭を後ろにそらせる痙攣性異常姿勢がみられる) 反芻症(精神発達遅滞児[aoitori-center.com] 全身性の痙攣発作の際には、尿失禁(あるいは便失禁)、口から泡を吹く、白目をむいたり、ある方向を睨むなどの症状を伴うことがあります。発作にともない手足をぶつけたり倒れたりするために、二次的に怪我をすることがあり、外傷に対して救急治療が必要になる場合も少なくありません。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 舌咬、尿失禁がない。不整脈による アダムス・ストークス症候群 を疑った場合は心電図や心臓超音波検査が必要である。 非てんかん性心因性発作 ヒステリー発作、偽痙攣(pseudoseizure)、心因性発作などということもある。心因性発作はてんかん患者の5〜35%に認められるとされている。[ja.wikipedia.org]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] また尿を出しにくくなることや、尿や便の失禁を生じることもありません。一部の患者さんには、意欲の低下や性格の変化がみられることがあります。 NCNP病院の診療科・専門疾病センター[ncnp.go.jp] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp]

  • 呼吸筋麻痺

    概要 第43回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集 -862-FP-349 呼吸麻痺を呈し、挿管管理を要した重度低カリウム血症の1 例公立陶生病院小野寺 良太、横山 俊樹、早川 浩史、稲葉 慎一郎、倉田 圭、中島 義仁、市原 利彦、川瀬 正樹呼吸麻痺を呈し、挿管管理を要した重度低カリウム血症の1例公立陶生病院 救急部集中治療室小野寺良太[jsicm.org] シャイ・ドレーガー症候群:尿失禁や失神を起こすような自律神経障害で発病しそれが経過前半期の主要症状である多系統萎縮症を特別に区別して、シャイ・ドレーガー症候群とよんでいます。 組織病理所見はオリーブ橋小脳萎縮症や線条体黒質変性症と共通であることから、同一の疾患と考えられています。[hwc.or.jp] 尿や便失禁も出てくることがあるため、カートに載せたまま排泄が可能なタイプが理想的です。このようなカートは我々が知る限り存在しませんでしたので、動物用の装具や車いすを作製するメーカーとDM専用のカートを共同開発しました。 排泄の問題(失禁)に対するケア 排泄の問題は様々なタイミングで出てきます。具体的には尿失禁と便失禁です。[animalhospital.gifu-u.ac.jp]

  • ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 尿閉、失禁、排尿困難は存在することがある。 末梢神経障害 末梢神経障害は主に運動神経であり、過去より現在の方が認められなくなった。筋力低下はしばしば下肢近位側より始まり、上肢や下肢遠位にみられることもあり、呼吸筋まで悪化して呼吸不全を伴う完全麻痺になることがある。[grj.umin.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状