Create issue ticket

考えれる197県の原因 呼吸筋麻痺, 四肢脱力

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] ②種々の程度の腹痛、嘔吐、便秘(消化器症状) ③四肢脱力、痙攣、精神異常(精神神経症状) ④高血圧、頻脈、発熱など(自律神経症状) ⑤皮膚症状(光線過敏症)がみられることがある。[nanbyou.or.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    呼吸困難が強くなれば生命にかかわることがあり、 重症無力症でみられる呼吸麻痺をクリーゼと言い、 医療機関への救急受診が必要となります。[ketsukyo.or.jp] 野田 成美, 金 成浩, 井原 祥一, 南 誠剛, 緒方 嘉隆, 小牟田 清 同 神経内科 田中 なつき, 江並 朋美, 岡崎 知子 【症例】73歳女性.20X-2年に肺扁平上皮癌と診断し,20X年2月より4th lineとしてNivolumabを開始しPRであった.4月に橋本病を基礎とした甲状腺機能低下症を発症した.7月頃より眼瞼下垂と四肢脱力[haigan.gr.jp] 1)低頻度反復刺激誘発筋電図 2)エドロフォニウム試験(眼球運動障害、低頻度反復刺激誘発電図などの客観的な指標を用いて評価すること) 3)単線維電図 4.鑑別診断 眼麻痺、四肢筋力低下、嚥下・呼吸障害を来す疾患は全て鑑別の対象になる。[nanbyou.or.jp]

  • 糖原病 2 型

    小児型は四肢脱力、筋萎縮などで発見され肝腫は著しくないことが ある。CPKアイソザイム異常で診断されるが心筋障害のため20才頃までに死亡 しやすい。成人型は舌の肥大、筋力低下、筋萎縮などで壮年期以後に発見され 肝、心の肥大を欠くが呼吸筋障害で呼吸不全に陥ることはある。 3.[ibaraisikai.or.jp]

  • ボツリヌス中毒

    9)14) 重症例では、呼吸、横隔膜麻痺のため呼吸困難におちいり死にいたる。[j-poison-ic.or.jp] ヒトにボツリヌス菌毒素を吸入させた試験では、3日後に咽頭に粘液貯留、嚥下困難、めまい、4日後に眼が動かしにくい、瞳孔散大(軽度)、眼振、会話不明瞭、歩行不安定、四肢脱力などの症状が発現した報告がある。[group-midori.co.jp] 麻痺と四肢筋の筋力低下の順序と強さは鑑別点の一つになる.つまり,ボツリヌス中毒では四肢筋力が比較的保たれているのに呼吸麻痺が強いのに対し,Fisher型のギランバレー症候群ではまず,四肢筋力が低下して歩けない状態になった後に呼吸麻痺が起こることが多い(2).[square.umin.ac.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 4型

    呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp] バクロフェンやベンゾジアゼピンといった薬剤により痙縮や筋痙攣を緩和できるが,一般的に脱力や傾眠の副作用を伴う.患者に合わせた躯幹や四肢の中等度の運動負荷により,痙縮を軽減できる場合がある[Ashworth et al 2004].[grj.umin.jp] ,上肢型(普通型),下肢型(偽多発神経炎型)などに病型分類されることがある.その他呼吸麻痺が初発症状としてみられる例や首下がり症状で発症する例がある.高齢発症例では球麻痺型の割合が高くなる.[kotobank.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] [最終診断]周期性四肢麻痺(甲状腺機能亢進症に伴う二次性周期性四肢麻痺) 初療での診断が難しい周期性四肢麻痺 周期性四肢麻痺は,四肢の筋力の非周期性に生ずる発作性,間欠性の弛緩性麻痺(脱力)を主症状とする症候群だ。代表的なイオンチャネル病のひとつで,原発性(家族性)のものと続発性(症候性)のものに大別される。[igaku-shoin.co.jp] 脱力の程度も、下肢のみといった限局性筋力低下から完全四肢麻痺まである。発作の頻度も幅があり、毎日から生涯に数回までがある。顔面・嚥下・呼吸麻痺はあまり見られず、感覚や膀胱直腸障害はない。平均的には、高カリウム性は低カリウム性より程度も軽く持続も短い。[ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] この場合しびれよりむしろ、四肢脱力の方が強く、体を動かす行為そのものが不自由になることが多い。そうした症状は数日から一週間ぐらいで進行し、場合によっては、全く動けなくなることもあります。さらに症状が激しい場合には、食べ物を飲み込む、言葉を発するといったこともできなくなります。[hyogo.med.or.jp] B-53 ギランバレー症候群に併発した深部静脈血栓症の一例 症例は39歳男性.四肢脱力にて平成15年 1 月18日当院神経内科に入院.呼吸困難をきたし,ギランバレー症候群と診断.入院後すぐ挿管し人工呼吸器管理となった.1 月22日より免疫吸着療法を行う目的で両鼠径部を穿刺しライン確保したが,静脈ライン凝固にて 1 月31日で免疫吸着療法計[js-phlebology.org]

  • ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] ②種々の程度の腹痛、嘔吐、便秘(消化器症状) ③四肢脱力、痙攣、精神異常(精神神経症状) ④高血圧、頻脈、発熱など(自律神経症状) ⑤皮膚症状(光線過敏症)がみられることがある。[nanbyou.or.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    重症化すれば呼吸麻痺にいたります。 解説 末梢神経系に炎症が生じ、髄鞘とよばれる神経線維を取り囲む組織が破壊されることによっておこる病気です。髄鞘が破壊されることを脱髄と呼びます。ギランバレー症候群は末梢神経の代表的脱髄疾患です。症状が出現する数日 数週間前に呼吸器系や消化器系の感染症が多くの例でみられます。[kanden-hsp.jp] この病気ではどのような症状がおきますか 脊髄から出て四肢、体幹の筋を支配する末梢運動神経(障害されると四肢脱力となります)、皮膚、関節などから脊髄へ入る末梢感覚神経(障害されると四肢のしびれ、痛みを認める)が障害されるために、四肢の運動麻痺、感覚麻痺(鈍麻、異常感覚など)がおこります。[soumura-roumukanri.jp] 呼吸障害 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の検査・診断 一つの検査で診断がつくわけではなく、診断の上では、 発症 からの経過と診察の 所見 も非常に重要となる 検査の例 末梢 神経伝導検査 神経の電気信号を伝える速度が通常よりも低下していないかを調べる 神経根 MRI ( 脊髄 MRI)検査 神経の形や性状に異常なものがいないかを[medley.life]

  • 多巣性運動ニューロパチー

    適切に治療されない場合、筋肉のやせが進むことはありますが、呼吸麻痺することはありません。 キーワード解説 抗GM1抗体 神経に存在する「糖脂質」という物質に対する抗体で、約半数のMMN患者さんの血液中に認められます。自分の神経を攻撃する「自己抗体」として働いている可能性がありますが、病因的意義は不明です。[jbpo.or.jp] この病気ではどのような症状がおきますか 脊髄から出て主に四肢の筋肉の動きをコントロールする運動神経(これが障害されると四肢脱力がおこります)、皮膚における触覚や痛覚、また関節の曲がり具合などの位置感覚を担当する感覚神経(これが障害されると四肢のしびれ感や手指のふるえなどがおこります)が障害されることでCIDPの症状が完成します。[nanbyou.or.jp] この他、首を含む全身のに、筋力低下や動かしているうちに力が出なくなる疲労現象を認めます。重症例では、呼吸麻痺が出て緊急の人工呼吸器管理を必要とする場合もあります。[jikei.ac.jp]

さらなる症状