Create issue ticket

考えれる12県の原因 呼吸筋麻痺, 嘔吐

  • 低カリウム血症

    摂取不足だけで無く土食症、嘔吐、胃内容物の吸引も原因となる。また、前立腺腫瘍のの治療に用いられる事があるアビラテロン酢酸エステル製剤や芍薬甘草湯・小柴胡湯の副作用としての症候を呈することがある。[ja.wikipedia.org] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 摂取量の異常 - 摂取不足 低栄養患者、過度のダイエット、拒食症、経口摂取不能者への補給不足 分布の異常 - 細胞内への移動 カリウム取り込み亢進 - インスリン、カテコラミン(β刺激)、アルカローシス、甲状腺ホルモン 消化管からの喪失 下痢・嘔吐 尿中排泄亢進 利尿剤、尿細管アシドーシス、内分泌疾患(アルドステロン高値、コルチゾール高値)[ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    その後、下肢から体幹部に向かい左右対称性に筋力低下や麻痺が上行する。四肢麻痺は、遠位に強く現れる。呼吸麻痺が発症すると人工呼吸器により呼吸管理が必要となることがある。運動神経の障害が主であるが、軽度の感覚神経障害も発症する。特に異常感覚や神経因性疼痛が多く支持療法が必要となることも多い。[ja.wikipedia.org] ギラン・バレー症候群が全身型の疾患であるのに対して、同様の自己免疫が原因で末梢神経の障害が起こる疾患にフィッシャー症候群やビッカースタッフ型脳幹脳炎があり、外眼麻痺、失調、深部反射低下などが見られる。[ja.wikipedia.org] PCB(pharygeal-cervical-brashial weakness、咽頭頚部上腕型GBS)という亜型も知られており咽頭呼吸筋、近位筋の筋力低が特徴とされている。 稀な疾患であり、年間の発病率は10万人当たり1〜2人程度とされる。ただ、厳密には前述するように複数の名称が混在しており、その解釈により増減する。[ja.wikipedia.org]

  • ポルフィリン症

    骨髄性プロトポルフィリン症 ( Erythopoietic protoporphyria, EPP )の診断と治療 近畿大学医学部皮膚科 川原 繁 EPP は常染色体優性遺伝を示し,原因はプロトポルフィリンからヘムへの合成酵素であるフェロケラターゼ( ferrochelatase )の活性低下である。 (1)臨床症状 ① 皮膚症状 EPP[…][med.kindai.ac.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    低カリウム性周期性四肢麻痺:甲状腺機能亢進症、嘔吐や下痢、尿中へのカリウム排泄の増加(利尿薬や腎泌尿器疾患など)など 高カリウム性周期性四肢麻痺:慢性原発性副腎皮質機能低下症、薬剤、腎不全、カリウムの過剰投与など 日本では難病法で用いるために、遺伝性のPPについて診断基準が作成された。 血清カリウム濃度: 診断・治療方針決定に必須。[ja.wikipedia.org] 脱力の程度も、下肢のみといった限局性筋力低下から完全四肢麻痺まである。発作の頻度も幅があり、毎日から生涯に数回までがある。顔面・嚥下・呼吸麻痺はあまり見られず、感覚や膀胱直腸障害はない。平均的には、高カリウム性は低カリウム性より程度も軽く持続も短い。[ja.wikipedia.org]

  • 急性間欠性ポルフィリン症
  • ボツリヌス中毒
  • ジフテリア

    喉の痛み、犬がほえるような咳、筋力低下、激しい嘔吐などが起こる。 約39.5 までの発熱 扁桃付近には粘りのある灰色の偽膜が付着。偽膜は厚く剥がれにくく剥がすと出血する。 喉頭部の腫脹や偽膜の拡大のため、しばしば気道がつまって息ができなくなることがあり、窒息死することもある。 神経麻痺、失明を起こすこともある。[ja.wikipedia.org] 軟口蓋の麻痺(3週目)や眼、手足、横隔膜の麻痺(5週目)、さらに二次性肺炎、横隔麻痺による呼吸障害、小児では、中耳炎、呼吸不全が見られる場合もある。感染例の多い咽頭ジフテリアの場合は、厚い偽膜と咽頭粘膜の浮腫により気道を閉塞することもあり、熱は通常高くない。[idsc.nih.go.jp] また、毒素が血流中に入って全身に拡がると、心筋炎・心不全による循環器系障害、四肢の筋肉および呼吸などの麻痺( ジフテリア後神経麻痺) の原因となる。毒素の直接作用は、動物細胞のレセプターに結合し、細胞膜から細胞内に侵入しペプチド伸長因子(EF-2)を不活化することによりリボゾームにおけるタン白合成を阻害し、細胞を死に至らしめる。[idsc.nih.go.jp]

  • 炭疽症

    これにより運動神経及び副交感神経が遮断され、複視、眼瞼下垂、口渇、嚥下困難、尿閉、便秘等のほか、骨格麻痺が起こる。この麻痺呼吸にも及び、その結果、呼吸困難に陥り死に至る。ヒトからヒトへの感染はないので患者隔離の必要はない。 (2) 治療等 ボツリヌス毒素に対する抗血清の早期投与が第一選択となる。[mhlw.go.jp]

  • カンピロバクター腸炎

    カンピロバクター感染症で最も多い臨床症状は、下痢(しばしば血性となる)、腹痛、発熱、頭痛、悪心、嘔吐です。通常、症状は3日から6日続きます。 カンピロバクター症による死亡は稀です。通常は、幼少期の子どもか高齢者に限られます。AIDSのように他に重篤な疾患を患っているときにも、死亡のリスクは高まります。[forth.go.jp] ギランバレー症候群とは急激に発症する主として運動障害を起こす末梢神経疾患で、下肢の筋力低下による歩行困難、顔面の神経麻痺、それに重症例では呼吸も侵されて人工呼吸器が必要な場合も起こりうる病気ですが、本症候群とカンピロバクター菌との関連が推測されています。[pref.aichi.jp] ヒト 発熱(38 以下、稀にそれ以上)・下痢(ときに粘血便)・腹痛が主であり、嘔吐を伴うこともある。腹痛は下痢よりも長期間継続。100個程度の菌でも発症。たとえば、生の鶏肉からの一滴のしずくでも発症する。 サルモネラ症のような症状だが、サルモネラ症よりも軽いことが多い。 潜伏期間は約2 - 7日で、2 - 5日で回復する。[ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、微熱です。通常、これらの症状が1 2日間続いた後に治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や、軽い風邪のような症状の場合もあります。[kantei.go.jp] 合併症がハイリスクとなる人とは、 65歳以上の年齢 慢性呼吸器疾患(喘息やCOPD) 心血管疾患(高血圧単独を除く) 慢性腎、肝、血液、代謝(糖尿病など)疾患 神経疾患(運動麻痺、痙攣、嚥下障害) 免疫抑制状態(HIV感染や、薬物によるものを含む) 妊婦 長期療養施設の入所者 著しい肥満 アスピリンの長期投与を受けている者 担癌患者 「インフルエンザ[ja.wikipedia.org] 腹痛、嘔吐、下痢といった胃腸症状を伴う場合もある。 主要な合併症として肺炎とインフルエンザ脳症がある。 潜伏期間は1–2日が通常であるが、最大7日までである。 A型インフルエンザはとりわけ感染力が強く、症状も重篤になる傾向がある。 まれにA型、B型の両方を併発する場合もある。 肺炎や上気道の細菌感染症を続発し死亡することがある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状