Create issue ticket

考えれる246県の原因 呼吸筋力低下, 呼吸筋麻痺

  • 筋萎縮性側索硬化症

    初期症状は手や指,脚などの筋萎縮から始まり,手足がやせて全身の筋力低下する。病気の進行とともに,顔面,のど,舌の筋力低下して言語障害を起こす。さらに呼吸筋がおとろえて呼吸困難になると,気管切開をして人工呼吸器を装着するため,話せなくなることがほとんど。[kotobank.jp] 対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] 本症の末期は嚥下(えんか)障害、咀嚼(そしゃく)困難、呼吸筋の筋力低下を伴っています。そのために飲食物の誤嚥や気道内分泌物の喀出困難によって窒息、肺炎など重篤な状態に陥りやすく、看護や介護の内容も変わってきます。そして、呼吸筋まひに至ります。[rnac.ne.jp]

  • 低カリウム血症

    -自覚症状から探る薬の副作用- 高橋隆一著(第一メディカル)より引用 低K血症 血清カリウム値が3.5mEq/L以下になった状態 脱力感、筋力減退、手足の麻痺、 呼吸困難 、口の渇き、 意識障害 (傾眠)など 筋力低下、反射の低下、不整脈、意識障害(周囲への無関心)など 血清カリウム値の低下。心電図など。[haart-support.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 血清カリウム濃度が2.5mEq/l以下で、心電図変化が生じている場合、横紋筋融解、筋力低下呼吸筋に及び呼吸不全が予想される場合は緊急対応が必要である。 緊急時の対応として、心電図、呼吸状態をモニターし、真の低カリウム血症かを確認した後で、カリウム補充を開始する。 軽症:経口カリウム補充(20 80mEq/日)が安全である。[clinicalsup.jp]

  • 呼吸筋麻痺

    ALS の疫学的研究について ALS の発症様式 ALS では、患者さんごとに発症様式が異なり、手足の末端の筋力低下から始まるタイプ(四肢型)、しゃべりにくさ・飲み込みにくさから始まるタイプ(球麻痺型)、あと頻度は少ないですが呼吸筋の筋力低下から始まるタイプ(呼吸筋型)に分けられます。[neurology.dept.med.gunma-u.ac.jp] 概要 第43回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集 -862-FP-349 呼吸麻痺を呈し、挿管管理を要した重度低カリウム血症の1 例公立陶生病院小野寺 良太、横山 俊樹、早川 浩史、稲葉 慎一郎、倉田 圭、中島 義仁、市原 利彦、川瀬 正樹呼吸麻痺を呈し、挿管管理を要した重度低カリウム血症の1例公立陶生病院 救急部集中治療室小野寺良太[jsicm.org] 球麻痺型:飲み込みが悪くなる、言葉が話しにくくなるなど 上肢型:字が書きにくい、箸がうまく使えない、腕が上げにくいなど 下肢型:歩きにくい、階段が昇りにくい、スリッパが脱げやすい、こむら返りなど 呼吸筋麻痺型:手足の筋力低下よりも呼吸困難が先に現れる 当院の結果からは、球麻痺型、上肢型、下肢型、呼吸筋麻痺型で発症される割合は、それぞれ、およそ[alsjapan.org]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位筋優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸筋麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] II 型では小児型と成人型ともに筋ジストロフィーに類似した進行性筋力低下、嚥下障害と呼吸困難を示します。V,VII 型では運動時の筋痛や易疲労性による運動不耐性が見られます。V型では運動中に急に症状の軽減するセカンドウインドと呼ばれる現象が知られています。VII 型ではこの現象は見られませんが、溶血の亢進がみとめられます。[pathologycenter.jp] しかし、発熱、感染症や精神興奮を契機として、筋力低下の急激な悪化や突然の呼吸不全発作を呈することもある。新生児期に発症した場合、主な症状は次のとおりである。すなわち、哺乳困難、吸引力低下や啼泣力の低下、息のつまり、眼瞼下垂、顔面筋、咽頭喉頭筋および全身の筋力低下である。突然の呼吸停止やチアノーゼによる呼吸不全が起こりうる。[grj.umin.jp]

  • フグ中毒

    パリトキシンによる食中毒の主な症状は筋肉痛で、四肢のしびれ感、筋力低下やけいれん、重症例では呼吸困難、ショックや腎障害が報告されており、死亡することもあります。[city.hirado.nagasaki.jp] 治療 フグ中毒の治療では、呼吸麻痺による換気不全と低酸素状態を解除することが主となります。具体的には、口から呼吸の管を挿入して人工呼吸での管理を行います。フグ中毒において最も重要なことは、早期に診断を受け、早めに呼吸機能を補助することです。[medicalnote.jp] その後、食後30 60分で、言語のもつれ、顔面の筋力低下、めまいなどが認められる。さらに増悪すると、数時間後には、全身麻痺や呼吸不全を経て、低血圧、不整脈、徐脈などを呈し、死に至ることもある。 症状の経過が急速に増悪することが多く、重篤な症例では呼吸循環管理などの集中治療を要するので、早期に医療施設を受診しなければならない。[excite.co.jp]

  • 糖原病 2 型

    重度な筋力低下 心肥大 呼吸困難 成長不全 肝肥大 舌肥大 成長におけるいずれの時期にも発症し、より緩慢に進行する傾向があります。 一般的に発症年齢が若いほど、症状および進行は重症となります。[nagoya-central-hospital.com] 5.予後 好発病型: II型(ポンペ(Pompe)病)では生命予後は改善したが、症例によっては筋力低下が著明で、呼吸器装着の症例も多い。III型(コーリー(Cori)病)では心筋障害を伴う例では予後が不良で死にいたる。V型は一部進行性の筋力低下、あるいは乳児期に死亡する致死型もある。[nanbyou.or.jp] ポンペ病(Pompe disease)は1932年ポンペにより報告された 1) ライソゾーム病の一つであり,酸性α-グルコシダーゼ(acid alpha glucosidase,GAA)の遺伝的酵素欠損により発症する.臨床的には乳児型と小児・成人型(遅発型)に分類される.乳児型は乳児期早期に心拡大,心不全で2歳までに死亡する.遅発型では筋力低下[webview.isho.jp]

  • ボツリヌス中毒

    神経・筋接合部、自律神経節、神経節後の副交感神経末端からのアセチルコリン放出の阻害により、弛緩性麻痺を生じ、種々の症状(全身の違和感、複視、眼瞼下垂、嚥下困難、口渇、便秘、脱力感、筋力低下呼吸困難など)が出現し、適切な治療を施さない重症患者では死亡する場合がある。 感染経路の違いにより、以下の4つの病型に分類される。[pref.okayama.jp] 9)14) 重症例では、呼吸、横隔膜麻痺のため呼吸困難におちいり死にいたる。[j-poison-ic.or.jp] の麻痺と四肢筋の筋力低下の順序と強さは鑑別点の一つになる.つまり,ボツリヌス中毒では四肢筋力が比較的保たれているのに呼吸筋麻痺が強いのに対し,Fisher型のギランバレー症候群ではまず,四肢筋力低下して歩けない状態になった後に呼吸筋麻痺が起こることが多い(2).[square.umin.ac.jp]

  • 延髄灰白髄炎

    その症状は新たに起こる関節痛、筋肉痛、筋力低下呼吸障害などと考えられます。 症例の18%に進行性の嚥下障害を伴うとされています。 液体よりも固形食での嚥下障害が起こり、咽頭部での食物の停滞感を訴えるようになります。 鼻腔への逆流も起こり、咽頭期の障害が主ですが、舌運動が障害される場合もあります。[net-dental.co.jp] 感染者の200人に1人に下肢麻痺が出現し、そのうち5-10%が呼吸麻痺により死亡すると言われています。 治療法 特異的な治療法はありません。 予防等 ワクチン接種による予防が主体です。[forth.go.jp] PPSを患う多くの人が,筋力低下,倦怠感,関節痛や筋肉痛,冷え症,呼吸障害を経験します。ポリオ罹患者の正確な数を把握するのは困難ですが,世界保健機関の推定では,世界中で2,000万人いるようです。現時点で得られる情報からすると,そのうち25%から50%がPPSのようです。[wol.jw.org]

  • ギラン・バレー症候群

    顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸筋麻痺(呼吸筋の筋力低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] 発症時に感覚症状が強いが、筋力低下が限局的 発症時に膀胱直腸障害が存在 発症時の発熱 境界明瞭な感覚障害 呼吸機能障害がなく、限局的な筋力低下の緩徐な進行 (亜急性炎症性脱髄性ニューロパチー、またはCIDPを疑う) 筋力低下の著名な非対称性 持続的な膀胱直腸障害 髄液中の細胞数増多(50/μl) 髄液中の多核球増多 治験概要 治験の目的・デザイン[chiba-crc.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸筋・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org] ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状