Create issue ticket

考えれる27県の原因 周期性複合体, 食欲不振

  • 先天性全身型リポジストロフィー4型

    215 TNF受容関連周期症候群 270 複合カルボキシラーゼ欠損症 325 ルビンシュタイン・テイビ症候群 216 低ホスファターゼ症 271 副甲状腺機能低下症 326 レーベル遺伝性視神経症 217 天疱瘡 272 副腎白質ジストロフィー ※※ 327 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ欠損症 218 禿頭と変形性脊椎症[city.tosa.lg.jp] 2.平成27年7月以降に対象外になった疾病 疾病名 肝外門脈閉塞症 肝内結石症 偽性低アルドステロン症 ギラン・バレ症候群 グルココルチコイド抵抗症 原発性アルドステロン症 硬化性萎縮性苔癬 好酸球性筋膜炎 視神経症 神経性過食症 神経性食欲不振症 先天性QT延長症候群 TSH受容体異常症 特発性血栓症 フィッシャー症候群 メニエール病 平成[city.minato.tokyo.jp] 211 中隔視神経形成異常症/ドモルシア症候群 266 ファロー四徴症 321 両大血管右室起始症 212 中毒性表皮壊死症 267 ファンコニ貧血 322 リンパ管腫症/ゴーハム病 213 腸管神経節細胞僅少症 268 封入体筋炎 323 リンパ脈管筋腫症 ※ 214 TSH分泌亢進症 ※ 269 フェニルケトン尿症 324 類天疱瘡(後天表皮水疱症[city.tosa.lg.jp]

  • カルバモイルリン酸合成酵素欠損症

    347 瀉血治療 267 シャペロン療法 227 周期嘔吐症 92 重症複合免疫不全症(SCID) 290 修正アトキンス食 186 手根管症候群 192 常染色優性巣状糸球体硬化症 314 常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD) 336 常染色体優性低リン血症性くる病(ADHR) 400 常染色体劣性遺伝形式 18 常染色体劣性高コレステロール[rnavi.ndl.go.jp] 酸尿症(207900)生化学的プロフィール:血漿シトルリンおよびグルタミンの上昇、尿中アルギニノコハク酸の上昇臨床的特徴:エピソード性高アンモニア血症、肝線維症、肝酵素上昇、肝臓肥満、タンパク質嫌悪、嘔吐、発作、知的障害、 (アルギニン尿症、リジン尿症、シスチン尿症、オルニチン尿症)、オロト酸性尿毒症、ピリミジン尿症臨床的特徴:発育遅延、食欲不振[vgonzalezciaimc2.weebly.com] 軽症例では、乳幼児期以降に繰り返す嘔吐、食欲不振、成長障害、発達遅延などの形で明らかとなり、急激に悪化して異常行動や意識障害を呈したり、成人期になって症状が出てくる場合もあります。[ameblo.jp]

  • 先天性葉酸吸収不良

    215 TNF受容関連周期症候群 270 複合カルボキシラーゼ欠損症 325 ルビンシュタイン・テイビ症候群 216 低ホスファターゼ症 271 副甲状腺機能低下症 326 レーベル遺伝性視神経症 217 天疱瘡 272 副腎白質ジストロフィー ※※ 327 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ欠損症 218 禿頭と変形性脊椎症[city.tosa.lg.jp] 211 中隔視神経形成異常症/ドモルシア症候群 266 ファロー四徴症 321 両大血管右室起始症 212 中毒性表皮壊死症 267 ファンコニ貧血 322 リンパ管腫症/ゴーハム病 213 腸管神経節細胞僅少症 268 封入体筋炎 323 リンパ脈管筋腫症 ※ 214 TSH分泌亢進症 ※ 269 フェニルケトン尿症 324 類天疱瘡(後天表皮水疱症[city.tosa.lg.jp]

  • 肥大型間質性神経障害

    215 TNF受容関連周期症候群 270 複合カルボキシラーゼ欠損症 325 ルビンシュタイン・テイビ症候群 216 低ホスファターゼ症 271 副甲状腺機能低下症 326 レーベル遺伝性視神経症 217 天疱瘡 272 副腎白質ジストロフィー ※※ 327 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ欠損症 218 禿頭と変形性脊椎症[city.tosa.lg.jp] 側頭動脈炎 大動脈炎症候群 多発筋炎 バージャー病 皮膚筋炎 ベーチェット病 内分泌系疾患 内分泌系疾患 アジソン病 ADH不適合分泌症候群 下垂体前葉機能低下症 偽性低アルドステロン症 偽性副甲状腺機能低下症 クッシング病 グルココルチコイド抵抗症 原発性アルドステロン症 高プロラクチン血症 ゴナドトロピン分泌過剰症 神経性過食症 神経性食欲不振[resja.or.jp] 56 サルコイドーシス 57 シェーグレン症候群 ※58 CFC症候群 59 色素性乾皮症 ※60 自己貪食空胞性ミオパチー 61 自己免疫性肝炎 62 自己免疫性溶血性貧血 63 視神経症 64 若年性肺気腫 ※65 シャルコー・マリー・トゥース病 66 重症筋無力症 ※67 シュワルツ・ヤンペル症候群 68 神経性過食症 69 神経性食欲不振[town.kotoura.tottori.jp]

  • 後天性全汎リポジストロフィー

    215 TNF受容関連周期症候群 270 複合カルボキシラーゼ欠損症 325 ルビンシュタイン・テイビ症候群 216 低ホスファターゼ症 271 副甲状腺機能低下症 326 レーベル遺伝性視神経症 217 天疱瘡 272 副腎白質ジストロフィー ※※ 327 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ欠損症 218 禿頭と変形性脊椎症[city.tosa.lg.jp] 副作用 〈国内の臨床試験〉 日本国内におけるHIV感染症例を対象とした臨床第I/II相試験において,安全性解析対象80例中副作用が報告されたのは,51例(63.8%)で,主な副作用はLDH上昇(22.5%),AST(GOT)上昇(16.3%),ALT(GPT)上昇(16.3%), 貧血 (8.8%), 悪心・嘔吐 (7.5%), 食欲不振[haart-support.jp] アミロイドーシス E869 体液量減少(脱水) E878 体液電解質障害 E888 代謝障害NOS F039 痴呆NOS F019 脳血管性痴呆NOS F100 急性アルコール中毒 F107 慢性アルコール中毒 F109 アルコール中毒NOS F209 統合失調症(精神分裂病) F299 精神病NOS F319 そううつ病(躁欝病) F500 食欲不振[pathology.or.jp]

  • 急性鉄中毒

    を形成 2 解毒剤 薬物中毒、アセトン血嘔吐症(自家中毒、周期性嘔吐症)、慢性肝疾患における肝機能の改善 薬物中毒解毒作用 助酵素的応、メルカプツール酸の生成/その他の解毒機構への関与/チオール酵素(SH酵素)・その他の細胞成分の保護活性化/酸化還元反応に関与 薬物中毒の際の排泄促進(ただし、pHの上昇により尿中排泄の促進される薬物に限る[iryohoken.go.jp] (1) 味覚障害 (2) 生殖機能障害 (3) うつ状態や食欲不振 (4) 易感染性 (5) 創傷治癒遅延 (6) 貧血:亜鉛欠乏性貧血,腎性貧血におけるエリスロポイエチン活性に亜鉛が関与 食物から摂取する亜鉛の推奨規定摂取最大量は一般成人で約15 mg/日,推奨量は男性成人9 mg/日,成人女性 7 mg/日とされています。[blog.goo.ne.jp] -副作用と注意- ・徐放性、非徐放性ともに主な副作用として、悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛、下痢便秘などの胃腸障害です。 ・鉄剤を服用すると便が黒くなることがありますが、心配はいりません。 ・貧血が改善されたからといって、指示なしに勝手にのむのを止めたりしないで下さい。[apha.jp]

  • 常染色体劣性難聴 44

    215 TNF受容関連周期症候群 270 複合カルボキシラーゼ欠損症 325 ルビンシュタイン・テイビ症候群 216 低ホスファターゼ症 271 副甲状腺機能低下症 326 レーベル遺伝性視神経症 217 天疱瘡 272 副腎白質ジストロフィー ※※ 327 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ欠損症 218 禿頭と変形性脊椎症[city.tosa.lg.jp] 2.平成27年7月以降に対象外になった疾病 疾病名 肝外門脈閉塞症 肝内結石症 偽性低アルドステロン症 ギラン・バレ症候群 グルココルチコイド抵抗症 原発性アルドステロン症 硬化性萎縮性苔癬 好酸球性筋膜炎 視神経症 神経性過食症 神経性食欲不振症 先天性QT延長症候群 TSH受容体異常症 特発性血栓症 フィッシャー症候群 メニエール病 平成[city.minato.tokyo.jp] 211 中隔視神経形成異常症/ドモルシア症候群 266 ファロー四徴症 321 両大血管右室起始症 212 中毒性表皮壊死症 267 ファンコニ貧血 322 リンパ管腫症/ゴーハム病 213 腸管神経節細胞僅少症 268 封入体筋炎 323 リンパ脈管筋腫症 ※ 214 TSH分泌亢進症 ※ 269 フェニルケトン尿症 324 類天疱瘡(後天表皮水疱症[city.tosa.lg.jp]

  • 常染色体劣性難聴 46

    215 TNF受容関連周期症候群 270 複合カルボキシラーゼ欠損症 325 ルビンシュタイン・テイビ症候群 216 低ホスファターゼ症 271 副甲状腺機能低下症 326 レーベル遺伝性視神経症 217 天疱瘡 272 副腎白質ジストロフィー ※※ 327 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ欠損症 218 禿頭と変形性脊椎症[city.tosa.lg.jp] 2.平成27年7月以降に対象外になった疾病 疾病名 肝外門脈閉塞症 肝内結石症 偽性低アルドステロン症 ギラン・バレ症候群 グルココルチコイド抵抗症 原発性アルドステロン症 硬化性萎縮性苔癬 好酸球性筋膜炎 視神経症 神経性過食症 神経性食欲不振症 先天性QT延長症候群 TSH受容体異常症 特発性血栓症 フィッシャー症候群 メニエール病 平成[city.minato.tokyo.jp] 211 中隔視神経形成異常症/ドモルシア症候群 266 ファロー四徴症 321 両大血管右室起始症 212 中毒性表皮壊死症 267 ファンコニ貧血 322 リンパ管腫症/ゴーハム病 213 腸管神経節細胞僅少症 268 封入体筋炎 323 リンパ脈管筋腫症 ※ 214 TSH分泌亢進症 ※ 269 フェニルケトン尿症 324 類天疱瘡(後天表皮水疱症[city.tosa.lg.jp]

  • 原発性無月経

    クロミフェン療法 第一度無月経や希発月経、無排卵周期症、多嚢胞卵巣症候群の一部で用いられる治療法である。エストロゲンアナログであるクロミフェンを投与することでエストロゲン受容複合体を減少させ、ゴナドトロピンの分泌を促進させるという原理に基づく。月経周期または消退出血の5日目よりクロミッド50mg 3T3 を5日間内服させる。[ja.wikipedia.org] 月経異常 原発性および続発性無月経 金崎 春彦,折出 亜希,京 哲 希発月経,過多月経 恒松 良祐,加藤 聖子 多嚢胞性卵巣症候群 佐藤 幸保 体重減少性無月経および神経性食欲不振症 岡垣 竜吾 乳汁漏出性無月経 石橋 ますみ,宇都宮 裕貴,八重樫 伸生 早発卵巣不全・早発閉経 大森 真紀子,平田 修司 不妊症 排卵因子・卵巣因子 木村 文則[igaku-shoin.co.jp] 無月経,過少月経および希発月経 原発性無月経 授乳性無月経 視床下部性無月経 下垂体性無月経 中枢性無月経 心因性無月経 精神性無月経 神経性食欲不振症無月経 続発性無月経 体重減少性無月経 子宮性無月経 機能性無月経 第1度無月経 第2度無月経 無月経症 原発性希発月経 続発性希発月経 過少月経 希発月経 遷延性月経 過多月経,頻発月経及[scuel.me]

  • 先天性全身型リポジストロフィー1型

    215 TNF受容関連周期症候群 270 複合カルボキシラーゼ欠損症 325 ルビンシュタイン・テイビ症候群 216 低ホスファターゼ症 271 副甲状腺機能低下症 326 レーベル遺伝性視神経症 217 天疱瘡 272 副腎白質ジストロフィー ※※ 327 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ欠損症 218 禿頭と変形性脊椎症[city.tosa.lg.jp] 平成27年7月以降に対象外になった疾病 疾病名 肝外門脈閉塞症 肝内結石症 偽性低アルドステロン症 ギラン・バレ症候群 グルココルチコイド抵抗症 原発性アルドステロン症 硬化性萎縮性苔癬 好酸球性筋膜炎 視神経症 神経性過食症 神経性食欲不振症 先天性QT延長症候群 TSH受容体異常症 特発性血栓症 フィッシャー症候群 メニエール病 平成27[city.minato.tokyo.jp] 211 中隔視神経形成異常症/ドモルシア症候群 266 ファロー四徴症 321 両大血管右室起始症 212 中毒性表皮壊死症 267 ファンコニ貧血 322 リンパ管腫症/ゴーハム病 213 腸管神経節細胞僅少症 268 封入体筋炎 323 リンパ脈管筋腫症 ※ 214 TSH分泌亢進症 ※ 269 フェニルケトン尿症 324 類天疱瘡(後天表皮水疱症[city.tosa.lg.jp]

さらなる症状