Create issue ticket

考えれる173県の原因 周期性複合体, 脾腫

  • ビタミンB12欠乏

    および肝腫大が生じる。希に舌炎。 消化管症状は食欲不振、便秘、および限局性に乏しい腹痛。 神経症状は、思考力の低下やうつ病、興奮、情緒不安定(イライラ)などの性格の変化がある。 痺れ、反射の変化、味覚症害、 心機能低下、生殖率低下などがある。子供にみられる症状は成長障害、 発達障害、運動障害などがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 伝染性単核球症

    が強い例では、腹部への衝撃により破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭痛や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。抗菌薬は伝染性単核球症それ自体には無効である。[ja.wikipedia.org] 年長児から青年期、あるいはそれ以上の年齢で初感染した場合、発熱・全身倦怠感のほか、口蓋扁桃の発赤腫脹・咽頭痛、アデノイド腫脹による鼻閉、全身特に頚部のリンパ節腫脹、肝がみられる。発疹を伴うこともあり、特にアミノベンジルペニシリン (ABPC) の投与は発疹を誘発するとされる。[ja.wikipedia.org] 多くの症例で肝を伴うため、トランスアミナーゼ(AST, ALT)が上昇する。そのため、肝炎を疑われる場合も多い。 ポール・バンネル反応:伝染性単核球症患者に現れる異好抗体であるPaul-Bannell抗体を用いた検査法。近年は抗体価測定が発達したため臨床的意義は低下している。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 肝硬変

    それから、肝硬変に伴って門脈から肝臓への血流が入りにくくなった結果、門脈圧が上昇したことによって、しばしばを生ずる。に伴って、しばしば脾臓の機能は亢進し、結果として、必要以上に血球が破壊され、すなわち、赤血球、血小板などが総じて減少傾向となる汎血球減少症が見られる場合もある。[ja.wikipedia.org] に伴って、脾臓の機能が亢進するために、赤血球、血小板などが破壊されやすくなり、汎血球減少症を来たすこともある。赤血球の破壊亢進によって、貧血やビリルビンの大量遊離が起きてくる。[ja.wikipedia.org] 肝硬変に伴って発生した門脈圧亢進症によって発生したなどの結果として生ずる、貧血の改善のためには、鉄剤を用いることもあるものの、肝硬変の原因によっては鉄過剰によって肝細胞が打撃を受ける可能性があるため、慎重さが求められる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 末梢神経障害

    扁桃大、、リンパ節腫脹があり、HDLコレステロールは著明に低下している。 ポルフィリン症 [ 編集 ] ポルフィリン症 はヘム合成酵素の欠損によって起こる遺伝性疾患の総称である。常染色体優性遺伝である。ヘムはいくつかのポルフィリン体を経て合成される。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 心不全

    心不全(しんふぜん、英: heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • トキソプラズマ感染症

    ほとんどの症例において母体は免疫能正常で無症状ですが、妊娠中の初感染の約30%が経胎盤感染し、数%から20%に典型的な先天性トキソプラズマ症状(顕性感染:胎内死亡、流産、網脈絡膜炎、小眼球症、水頭症、小頭症、脳内石灰化像、肝など)を発症します。[jaog.or.jp]

    不足: 周期性複合体
  • 遺伝性球状赤血球症

    血管外溶血によって軽度から中等度の が起きる。 血中の 間接ビリルビン が増加して、家族性に小児期から 黄疸 や 胆石 を認める場合がある。 合併症 [ 編集 ] 胆石 を合併することが多く、 胆石 手術 の際に初めて診断されることもある。 高度の 貧血 が 成長期 に持続していると、 発育 が遅れて小柄となる傾向がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 関節リウマチ

    重症の関節リウマチ患者においては、、白血球(好中球のみ)減少をきたし、フェルティ症候群と呼ばれる病態を呈することがある。 白血球増加、血小板増加、等の炎症所見が見られ、中でも特にC反応性蛋白(CRP)上昇、赤血球沈降速度(ESR)亢進は活動性の指標となる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 溶血性貧血

    溶血性貧血(ようけつせいひんけつ、hemolytic anemia)とは、赤血球が破壊されることによって起こる貧血。赤血球が破壊されることを溶血と言い、本症は溶血で起こる貧血なので溶血性貧血と言う。 原因としては細菌感染、何らかの毒素、血漿浸透圧の極度の低下などがある。一方、アレルギー(抗原抗体反応)によるものもあり、この場合、赤血球を異物と誤認して、抗体反応によって赤血球が破壊されて発生する。 抗酸化作用を有するビタミンEが欠乏し、生体膜で活性酸素が存在すると脂質過酸化反応により過酸化脂質が連鎖的に生成され、膜が損傷し、赤血球で溶血が起こるなど生体膜の機能障害が発生する。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 感染性心内膜炎

    感染症状発熱 頭痛 全身倦怠感 など心症状心雑音: 疣贅や弁穿孔などによるもの 心不全 不整脈: 刺激伝導系の特殊心筋に炎症が及ぶことによるもの塞栓症状血尿 爪下線状出血 眼底のロート斑(Roth spots): 出血性梗塞により、中心部が白く見える ジェーンウェイ斑: 手掌や足底に見られる無痛性紅斑。 [ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体

さらなる症状

類似した症状