Create issue ticket

考えれる5県の原因 周期性複合体, 脳脊髄液 正常

  • クロイツフェルト・ヤコブ病

    クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease, CJD)は、全身の不随意運動と急速に進行する認知症を主徴とする中枢神経の変性疾患。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではA810、病名交換用コードはHGP2。根治療法は現在のところ見つかっておらず、発症後の平均余命は約1.2年。なお、日本神経学会では「ヤコブ」ではなく、「ヤコプ」とし、「クロイツフェルト・ヤコプ病」を神経学用語としている。 米国に端を発し、ビー・ブラウン社(ドイツ)製造のヒト乾燥硬膜(ライオデュラ)を移植された多数の患者がこの病気に感染するという事故は日本を含め、世界的な問題となった。[…][ja.wikipedia.org]

  • ハイドログラフィス

    水頭症(すいとうしょう)とは、脊髄の産生・循環・吸収などいずれかの異常により髄が頭蓋腔内に貯まり、室が正常より大きくなる病気である。脊髄による脳の圧迫が、脳機能に影響を与える。おもに乳幼児に多くみられる。 脳水腫について 「水頭症」は以前「脳水腫」と称されることが多かったが、「脳水腫」は別の意味に用いられる場合がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 髄膜炎

    脊髄中グルコース濃度は正常値だと血中濃度の40%を超えるが、細菌性髄膜炎では典型的に低くなる。そこで脊髄中グルコース濃度を血中グルコース濃度で割って表す(脳脊髄液中グルコース濃度:血清中グルコース濃度)。この比が 0.4であると細菌性髄膜炎であることを示す。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 脳膿瘍

    脊髄中グルコース濃度は正常値だと血中濃度の40%を超えるが、細菌性髄膜炎では典型的に低くなる。そこで脊髄中グルコース濃度を血中グルコース濃度で割って表す(脳脊髄液中グルコース濃度:血清中グルコース濃度)。この比が 0.4であると細菌性髄膜炎であることを示す。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • ナルコレプシー

    このうち、「情動脱力発作を伴うナルコレプシー」と「身体疾患によるナルコレプシー」では、脊髄中のオレキシン1(ヒポクレチン-1)濃度が110pg/mL以下(正常コントロール群平均値の3分の1以下)であることがナルコレプシーの補助診断基準に含められている(前者は第3項、後者は第2項の選択的条件の1つ)。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体

さらなる症状