Create issue ticket

考えれる8県の原因 周期性複合体, 神経膠症

  • クロイツフェルト・ヤコブ病

    クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease, CJD)は、全身の不随意運動と急速に進行する認知症を主徴とする中枢神経の変性疾患。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではA810、病名交換用コードはHGP2。根治療法は現在のところ見つかっておらず、発症後の平均余命は約1.2年。なお、日本神経学会では「ヤコブ」ではなく、「ヤコプ」とし、「クロイツフェルト・ヤコプ病」を神経学用語としている。 米国に端を発し、ビー・ブラウン社(ドイツ)製造のヒト乾燥硬膜(ライオデュラ)を移植された多数の患者がこの病気に感染するという事故は日本を含め、世界的な問題となった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 便秘

    薬剤性 オピオイド、抗コリン剤、カルシウム拮抗薬、抗がん剤ビンカアルカロイド、重金属中毒、全身性硬化などの原病・ミトコンドリア脳筋・パーキンソン病・慢性神経疾患・抗精神病薬の治療薬による副作用 虚血(消化管への血流減少) 腹部動脈瘤、 その他 妊娠、変形性関節症、心臓病、長期臥床 排便の停止や便量の減少を主症状として、腸の閉塞性疾患が[ja.wikipedia.org] ヘルニア、炎症(偽膜性大腸炎)、憩室炎後狭窄、消化管手術後狭窄、回虫、胆石、腸捻転、直腸脱、腸管内膜症、直腸重積 内分泌疾患、代謝異常 脳下垂体機能低下症、甲状腺機能低下症、褐色細胞腫 筋異常性疾患 家族性内臓骨格筋萎縮症、強皮症、アミロイドーシス、進行性全身性硬化症 代謝性疾患 糖尿病、ポルフィリン症、尿毒症、低カリウム血症、高カルシウム血[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 高血圧症

    褐色細胞腫 副腎髄質や神経節の腫瘍からアドレナリンまたはノルアドレナリンが過剰に分泌されるため起こる 高安動脈炎 原病の一つ。 甲状腺機能異常 甲状腺機能亢進や甲状腺機能低下症 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症より改名)。 高カルシウム血症この他、脳血管障害の急性期に著明な高血圧を来すことが知られている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 脊柱側弯症

    また、親・子ども・兄弟姉妹のいずれかが神経線維腫II型のときには、本人に①片側性の聴神経腫瘍(前庭神経鞘腫)、又は②神経鞘腫・髄膜腫・神経腫・若年性白内障のうちいずれか2種類が存在すれば診断が確定する。 2.検査所見 造影MRI、聴力検査、眼科的検査が必要で、特に造影MRIと聴力検査は毎年1 2回定期的に行う必要がある。[nanbyou.or.jp]

    不足: 周期性複合体
  • 慢性疲労症候群

    (調査対象301名、12 18歳) ライム病 過敏性腸症候群(IBS) 多発性硬化(MS) 原病 甲状腺機能低下 後天性免疫不全症候群(AIDS) 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 身体表現性障害 不安障害 セリアック病 神経衰弱 CFSの機序・病原については、国内外とも、生理学・疫学的な研究を含む多くの研究がされているがはっきりしない。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 便秘

    薬剤性 オピオイド、抗コリン剤、カルシウム拮抗薬、抗がん剤ビンカアルカロイド、重金属中毒、全身性硬化などの原病・ミトコンドリア脳筋・パーキンソン病・慢性神経疾患・抗精神病薬の治療薬による副作用 虚血(消化管への血流減少) 腹部動脈瘤、 その他 妊娠、変形性関節症、心臓病、長期臥床 排便の停止や便量の減少を主症状として、腸の閉塞性疾患が[ja.wikipedia.org] ヘルニア、炎症(偽膜性大腸炎)、憩室炎後狭窄、消化管手術後狭窄、回虫、胆石、腸捻転、直腸脱、腸管内膜症、直腸重積 内分泌疾患、代謝異常 脳下垂体機能低下症、甲状腺機能低下症、褐色細胞腫 筋異常性疾患 家族性内臓骨格筋萎縮症、強皮症、アミロイドーシス、進行性全身性硬化症 代謝性疾患 糖尿病、ポルフィリン症、尿毒症、低カリウム血症、高カルシウム血[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    CIDPと併存する病態としては糖尿病、シャルコー・マリー・トゥース病、ウイルス感染(C型肝炎、HIV)、悪性リンパ腫、MGUS、原病、多発性硬化が知られている。CIDPに中枢神経病変が合併することはしばしばあるが、多発性硬化症の診断基準を満たすことはまれである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 遺伝性疾患

    症状は、皮膚のカフェオレ斑(6個以上)、神経線維腫(神経細胞や神経を栄養する血管の腫瘍で、背中などの皮膚に近いところにできるために「こぶ」がたくさんできているようにみえる)、眼病変(虹彩小結節、視神経腫)、骨病変(脊柱側わん)など。 神経線維腫2型 22q12.2に存在するシュワノミン遺伝子の異常が責任遺伝子として同定されている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体

さらなる症状

類似した症状