Create issue ticket

考えれる97県の原因 周期性複合体, 片麻痺

  • クロイツフェルト・ヤコブ病

    クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease, CJD)は、全身の不随意運動と急速に進行する認知症を主徴とする中枢神経の変性疾患。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではA810、病名交換用コードはHGP2。根治療法は現在のところ見つかっておらず、発症後の平均余命は約1.2年。なお、日本神経学会では「ヤコブ」ではなく、「ヤコプ」とし、「クロイツフェルト・ヤコプ病」を神経学用語としている。 米国に端を発し、ビー・ブラウン社(ドイツ)製造のヒト乾燥硬膜(ライオデュラ)を移植された多数の患者がこの病気に感染するという事故は日本を含め、世界的な問題となった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    症状は麻痺や感覚障害だけでなく、失語や失認など「高次脳機能障害」をしばしば伴います。さらに、心筋梗塞や四肢の閉塞性動脈硬化症も合併しますからあなどれません。 *高次脳機能障害・・・大脳の皮質が傷害されたときにみられる症状で、失語(言葉が出てこない、他人のいうことが理解できないなどの症状で、言語中枢に傷害が生じた時に起こる。[ncvc.go.jp] 症状は出血の部位によって異なりますが、多くは麻痺、感覚障害を伴い、重症例では意識障害をきたします。意識障害を伴う脳出血の予後はあまりよくありません。 3.くも膜下出血 脳動脈にできたこぶ(動脈瘤)が破れて、脳の表面(くも膜下腔)に出血するものです。大部分は先天性の動脈瘤ですが、高血圧によって大きくなるといわれています。[ncvc.go.jp]

    不足: 周期性複合体
  • 一過性脳虚血発作

    内頚動脈領域症状…単麻痺ないし麻痺、感覚異常、構語障害、失語 椎骨脳底動脈領域症状…めまい、同名半盲、運動失調、半身ないし両側の筋力低下・感覚障害、構語障害これを分かりやすい言葉で表現すると、片目が見えなくなったり、ものが二重に見えたり、転倒しやすくなったり、顔や手足がしびれたり、急に言葉が不自由になる(ろれつがまわらない、言葉がでなくなる[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 片頭痛

    麻痺頭痛麻痺頭痛(HM)は家族性麻痺性頭痛(FHM)と孤発性麻痺性頭痛に分類される。海外における検討では有病率は0.01〜0.03%と稀少疾患である。典型的な頭痛よりも発症は早期であり10〜20歳とされる。運動性の前兆が認められるのが最大の特徴である。前兆の出現中もしくは前兆出現後60分以内に頭痛がおこる。[ja.wikipedia.org] それほど多くはないが、頭痛なしで、あるいは頭痛ではないただの頭痛とともに前兆が現れる場合もある。他の下位分類としては、運動麻痺と前兆が起こる頭痛である家族性麻痺頭痛や孤発性麻痺頭痛がある。近親者に同様の症状があれば「家族性」、そうでなければ「孤発性」とされる。[ja.wikipedia.org] 脳底型片頭痛脳底型頭痛(BM)は頭痛の前兆の責任病巣が脳幹または両側大脳半球あるいはその両方と考えられるものである。運動麻痺が前兆のものは含まれない。脳底型前兆で最も多いものはめまい感である。血管収縮薬は使用禁忌である。これはトリプタンの治験が血管攣縮を増悪させる恐れがあるという懸念から脳底型片頭痛を除外して行った経緯からである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 多発性神経炎

    多発性神経炎(たはつせいしんけいえん)とは、薬物中毒、代謝異常、遺伝性疾患などにより手や足の末梢神経に障害を生じる病気である。多発性ニューロパチーとも称される。多発性神経炎と多発性神経根炎に分けることもある。 主に次のような原因がある。 中毒ヒ素や鉛、薬品(医薬品や農薬等)などによるもの。アルコールの慢性中毒によるものもある。代謝異常ビタミンB群の欠乏慢性疾患糖尿病遺伝性疾患 その他[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 脳血栓症
    不足: 周期性複合体
  • 硬膜外血腫

    同時に、 瞳孔 不同、 麻痺 、除皮質あるいは 除脳硬直 などの 脳嵌頓 徴候を生じる。中硬膜動脈の損傷がある場合には、この徴候は急速に出現することが多い。 診断 [ 編集 ] 頭部 CT により、血腫をレンズ状の高吸収域としてみとめ、圧排のため「midline shift」がみられる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 髄膜腫

    摘出の際に隣接した正常組織まで摘出してしまうと、摘出部位によっては術後に麻痺や言語障害などの重篤な後遺症を残してしまうことになる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 片麻痺

    なお、 クモ膜下出血 では麻痺のような局所的障害よりも全般性の障害がでることの方が多い [1] 。[ja.wikipedia.org] 中風(ちゅうふう、地方によって「ちゅうぶ」、「ちゅうぶう」、「ちゅうふ」などと呼ぶところもある)は、現在では脳血管障害の後遺症(偏風)である半身不随、麻痺、言語障害、手足の痺れや麻痺などを指す言葉として用いられている。中気、卒中また俗に「よいよい」ともいう。[ja.wikipedia.org] 脳内出血と違い麻痺等の脳局所症状が起こることは少なく、頭痛と嘔吐、意識障害が主な症状です。軽症では頭痛が続き何となくおかしいという症状で、歩いて外来に来られる場合もあります。 くも膜下出血の危険因子は喫煙、高血圧、女性の経口避妊薬などがですが、高血圧の人に起こるとは限りません。[ebm.jp]

    不足: 周期性複合体

さらなる症状

類似した症状