Create issue ticket

考えれる63県の原因 周期性複合体, 後頭部棘波-徐波

つまり: 周期性複合体, 後頭部棘波-徐

  • クロイツフェルト・ヤコブ病

    クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease, CJD)は、全身の不随意運動と急速に進行する認知症を主徴とする中枢神経の変性疾患。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではA810、病名交換用コードはHGP2。根治療法は現在のところ見つかっておらず、発症後の平均余命は約1.2年。なお、日本神経学会では「ヤコブ」ではなく、「ヤコプ」とし、「クロイツフェルト・ヤコプ病」を神経学用語としている。 米国に端を発し、ビー・ブラウン社(ドイツ)製造のヒト乾燥硬膜(ライオデュラ)を移植された多数の患者がこの病気に感染するという事故は日本を含め、世界的な問題となった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 良性家族性点頭てんかん

    第X編 てんかん症候群 てん かん症候群:概論[分類学を中心に] 局在関連性(焦点性,局所性,部分性)てんかんおよび症候群 特 発 性 中心・側頭部にをもつ良性小児てんかん 後頭部に突発(波)をもつ小児てんかん 原発性読書てんかん 症候性・潜因性 小児の慢性進行性持続性部分てんかん・非進行性持続性部分てんかん 特異な発作誘発様態をもつてんかん[medbooks.or.jp] 局在関連性(焦点性,局所性,部分性)てんかんおよび症候群 1 特 発 性 1) 中心・側頭部にをもつ良性小児てんかん 榊原 洋一 15 2) 後頭部に突発(波)をもつ小児てんかん 折口 美弘 19 3) 原発性読書てんかん 上島 雅彦 23 2 症候性・潜因性 1) 小児の慢性進行性持続性部分てんかん・非進行性持続性部分てんかん[nippon-rinsho.co.jp]

    不足: 周期性複合体
  • 良性家族性新生児てんかん

    局在関連性(焦点性,局所性,部分性)てんかんおよび症候群 1 特 発 性 1) 中心・側頭部にをもつ良性小児てんかん 榊原 洋一 15 2) 後頭部に突発(波)をもつ小児てんかん 折口 美弘 19 3) 原発性読書てんかん 上島 雅彦 23 2 症候性・潜因性 1) 小児の慢性進行性持続性部分てんかん・非進行性持続性部分てんかん[nippon-rinsho.co.jp]

    不足: 周期性複合体
  • 若年性ミオクロニーてんかん

    第2型:後頭部優位性を示す 第3型:後頭部優位だが前頭部にも波及する 第4型:全般性棘徐波複合(光けいれん反応と同 一、これのみを光感受性と呼ぶべきで あるという意見もある) (2)原因となる視覚刺激について ア 視覚刺激の物理的性質 1) 閃光点滅刺激 (ア)周波数:10 30Hzで賦活効果(刺激により脳内に反応を起[soumu.go.jp] 反応とを区別した 1952年 Livingstonが、テレビてんかんを最初に報告 1981年 Rushtonが、スペースインベーダてんかんを最初に報告 1989年 わが国で前田らがテレビゲームてんかんを報告 1992年 Waltzらは中枢神経系の光感受性を反映する光突発反応 として、4類型を報告 光突発反応の4類型 第1型:閃光に一致する後頭部[soumu.go.jp]

    不足: 周期性複合体
  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    局在関連性(焦点性,局所性,部分性)てんかんおよび症候群 1 特 発 性 1) 中心・側頭部にをもつ良性小児てんかん 榊原 洋一 15 2) 後頭部に突発(波)をもつ小児てんかん 折口 美弘 19 3) 原発性読書てんかん 上島 雅彦 23 2 症候性・潜因性 1) 小児の慢性進行性持続性部分てんかん・非進行性持続性部分てんかん[nippon-rinsho.co.jp]

    不足: 周期性複合体
  • 特発性全般てんかん

    第2型:後頭部優位性を示す 第3型:後頭部優位だが前頭部にも波及する 第4型:全般性棘徐波複合(光けいれん反応と同 一、これのみを光感受性と呼ぶべきで あるという意見もある) (2)原因となる視覚刺激について ア 視覚刺激の物理的性質 1) 閃光点滅刺激 (ア)周波数:10 30Hzで賦活効果(刺激により脳内に反応を起[soumu.go.jp] 反応とを区別した 1952年 Livingstonが、テレビてんかんを最初に報告 1981年 Rushtonが、スペースインベーダてんかんを最初に報告 1989年 わが国で前田らがテレビゲームてんかんを報告 1992年 Waltzらは中枢神経系の光感受性を反映する光突発反応 として、4類型を報告 光突発反応の4類型 第1型:閃光に一致する後頭部[soumu.go.jp]

    不足: 周期性複合体
  • ウォルフラム症候群

    215 TNF受容関連周期症候群 270 複合カルボキシラーゼ欠損症 325 ルビンシュタイン・テイビ症候群 216 低ホスファターゼ症 271 副甲状腺機能低下症 326 レーベル遺伝性視神経症 217 天疱瘡 272 副腎白質ジストロフィー ※※ 327 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ欠損症 218 禿頭と変形性脊椎症[city.tosa.lg.jp] 211 中隔視神経形成異常症/ドモルシア症候群 266 ファロー四徴症 321 両大血管右室起始症 212 中毒性表皮壊死症 267 ファンコニ貧血 322 リンパ管腫症/ゴーハム病 213 腸管神経節細胞僅少症 268 封入体筋炎 323 リンパ脈管筋腫症 ※ 214 TSH分泌亢進症 ※ 269 フェニルケトン尿症 324 類天疱瘡(後天表皮水疱症[city.tosa.lg.jp]

    不足: 後頭部棘波-徐波
  • 睡眠中の連続的な棘波と徐波があるてんかん

    6Hz spike and slow wave complex 別名ファントム棘(phantom spike and slow waves)[#x94a2cbe] 脳波レポート記述例:「6Hzの短い群発が、ほぼ広汎性ではあるが、とくに両側後頭部、頭頂部、中心部に目立って出現している」 6Hz(4 7Hz)で低振幅の陰性波の[seesaawiki.jp]

    不足: 周期性複合体
  • 特発性全般てんかん

    第2型:後頭部優位性を示す 第3型:後頭部優位だが前頭部にも波及する 第4型:全般性棘徐波複合(光けいれん反応と同 一、これのみを光感受性と呼ぶべきで あるという意見もある) (2)原因となる視覚刺激について ア 視覚刺激の物理的性質 1) 閃光点滅刺激 (ア)周波数:10 30Hzで賦活効果(刺激により脳内に反応を起[soumu.go.jp] 反応とを区別した 1952年 Livingstonが、テレビてんかんを最初に報告 1981年 Rushtonが、スペースインベーダてんかんを最初に報告 1989年 わが国で前田らがテレビゲームてんかんを報告 1992年 Waltzらは中枢神経系の光感受性を反映する光突発反応 として、4類型を報告 光突発反応の4類型 第1型:閃光に一致する後頭部[soumu.go.jp]

    不足: 周期性複合体
  • 常染色体劣性難聴 44

    215 TNF受容関連周期症候群 270 複合カルボキシラーゼ欠損症 325 ルビンシュタイン・テイビ症候群 216 低ホスファターゼ症 271 副甲状腺機能低下症 326 レーベル遺伝性視神経症 217 天疱瘡 272 副腎白質ジストロフィー ※※ 327 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ欠損症 218 禿頭と変形性脊椎症[city.tosa.lg.jp] 211 中隔視神経形成異常症/ドモルシア症候群 266 ファロー四徴症 321 両大血管右室起始症 212 中毒性表皮壊死症 267 ファンコニ貧血 322 リンパ管腫症/ゴーハム病 213 腸管神経節細胞僅少症 268 封入体筋炎 323 リンパ脈管筋腫症 ※ 214 TSH分泌亢進症 ※ 269 フェニルケトン尿症 324 類天疱瘡(後天表皮水疱症[city.tosa.lg.jp]

    不足: 後頭部棘波-徐波

さらなる症状