Create issue ticket

考えれる8県の原因 周期性変動呼吸

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳幹梗塞

    脳梗塞と深い関係のある さまざまな病気 脳幹梗塞 人間の脳の最も中心部にある脳幹は、脳に12種類あるという脳神経のうちの10種類が集まっている、最重要部分と言えます。脳幹に梗塞が起きた場合の症状の特徴や治療法、後遺症について、まとめて解説します。 脳幹梗塞とは 脳幹梗塞は、人間の脳の中でも脳幹と呼ばれる部分へ続く血管で血栓や狭窄ができてしまって起こる脳梗塞です。 脳幹は脳のちょうど真ん中に位置していて、脳を支えている小さなキノコのような形の部分です。下から順に延髄、橋(きょう)、中脳の3つからできていて、それぞれの部分に人間の思考や活動の原点となる脳神経の中枢があります。[…][braininfarct-nav.com]

  • 新生児呼吸窮迫症候群

    新生児呼吸窮迫症候群(しんせいじこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、英語: (Infant) Respiratory Distress Syndrome: (I) RDS)は、新生児呼吸不全の一つ。 肺の未成熟によって肺サーファクタントが欠乏し、肺コンプライアンスの低下から肺胞虚脱、肺血管抵抗増大の病態を呈する。発症は生後2〜3時間後であり、リスク・ファクターとして下記のようなものがある。 1,500g未満の極低出生体重児 早期産児(とくに32週未満; 肺サーファクタントの産生はおおむね34週以後) 母体糖尿病 帝王切開児また、動脈管開存症(PDA)の併存が高頻度で見られることも知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • カテコールアミン誘発性多形性心室性頻拍 5

    吸気時のわずかな心拍数上昇と呼気時の心拍数低下(呼吸洞性不整脈)も正常である,これには迷走神経緊張の周期変動が関係しており,健康な若年者で特に多くみられる。この周期変動は加齢とともに弱まるが,完全には消失しない。完全に規則的な洞調律拍動は病的であり,自律神経支配の喪失(例,進行した糖尿病)や重症心不全が生じた患者でみられる。[msdmanuals.com]

  • 心室性不整脈

    吸気時のわずかな心拍数上昇と呼気時の心拍数低下(呼吸洞性不整脈)も正常である,これには迷走神経緊張の周期変動が関係しており,健康な若年者で特に多くみられる。この周期変動は加齢とともに弱まるが,完全には消失しない。完全に規則的な洞調律拍動は病的であり,自律神経支配の喪失(例,進行した糖尿病)や重症心不全が生じた患者でみられる。[msdmanuals.com]

  • 短いPR感覚の心房頻脈性不整脈

    吸気時のわずかな心拍数上昇と呼気時の心拍数低下(呼吸洞性不整脈)も正常である,これには迷走神経緊張の周期変動が関係しており,健康な若年者で特に多くみられる。この周期変動は加齢とともに弱まるが,完全には消失しない。完全に規則的な洞調律拍動は病的であり,自律神経支配の喪失(例,進行した糖尿病)や重症心不全が生じた患者でみられる。[msdmanuals.com]

  • ジャーベル・ランゲニールセン症候群 1

    時々異なるP-P間隔となる 上室期外収縮 呼吸周期と同期してP-P間隔が変動する 呼吸洞性不整脈 吸気時に短縮,呼気時に延長する それ以外 正常洞調律 突然異なる波形が出現 QRS 0.12秒 先行P波がある 変行伝導を伴う上室性期外収縮 先行P波がない 心室性期外収縮,心室頻拍 単発(孤発),二連発,心室頻拍 数発程度の心室頻拍[med.kurume-u.ac.jp] いか右胸心 II III aVF P波が陰性 異所性洞調律(冠静脈洞調律) いずれかでP波の高さ 2.5mm 僧帽性P(左房負荷) 二峰性のP 肺性P(右房負荷) V1 大きな陽性P波 右房負荷 P波前半の陽性部分より後半の陰性部分が大きい 左房負荷 P-P間隔 0.6秒未満(心拍数 100) 洞性頻拍 1.2秒を超える(心拍数 50) 洞徐脈[med.kurume-u.ac.jp]

  • ジャーベル・ランゲニールセン症候群 2

    時々異なるP-P間隔となる 上室期外収縮 呼吸周期と同期してP-P間隔が変動する 呼吸洞性不整脈 吸気時に短縮,呼気時に延長する それ以外 正常洞調律 突然異なる波形が出現 QRS 0.12秒 先行P波がある 変行伝導を伴う上室性期外収縮 先行P波がない 心室性期外収縮,心室頻拍 単発(孤発),二連発,心室頻拍 数発程度の心室頻拍[med.kurume-u.ac.jp] いか右胸心 II III aVF P波が陰性 異所性洞調律(冠静脈洞調律) いずれかでP波の高さ 2.5mm 僧帽性P(左房負荷) 二峰性のP 肺性P(右房負荷) V1 大きな陽性P波 右房負荷 P波前半の陽性部分より後半の陰性部分が大きい 左房負荷 P-P間隔 0.6秒未満(心拍数 100) 洞性頻拍 1.2秒を超える(心拍数 50) 洞徐脈[med.kurume-u.ac.jp]

さらなる症状