Create issue ticket

考えれる680県の原因 吐血

  • 食道炎

    病状が進行して、中程度から重症になると飲み込み時(嚥下(えんげ)時)のしみる感じ、胸の痛みが起こり、吐血(とけつ)する場合もあります。 また、症状がなく、検査などで発見されることもあります。[onaka-kenko.com] 腐食性食道炎の症状は、口内から胸部・腹部の激しい痛みや嘔吐、吐血など、劇的かつ重篤で、急性期には入院が必要となります。 診断には内視鏡検査(胃カメラ検査)が行われます。[saiseikai.or.jp] 潰瘍底から血管が飛び出すと出血をきたし、吐血、下血(タール便)を起こし、貧血になります。内視鏡的に止血術をしなくてはならないこともあります。内視鏡的止血が出来なければ、血管内カテーテルを入れ、止血する方法や手術が必要となります。当院でも、年間50例近くの患者様の出血性潰瘍に対する止血術を行っております。[keijinkai-hp.net]

  • 胃炎

    症状は「胃痛」「胸やけ」「出血(吐血、下血)」です。[itonaika.jp] [主な症状] 胃のあたりに不快感や痛みなどがあったり、嘔吐(ときには吐血することも)、食欲不振などの症状があります。慢性になると、こうした不快感がつねにあるようになり、空腹時痛などもひんぱんに起こるようになります。[eisai.jp] それに伴い、非常に強い腹痛、吐血、血を含んだ便が出るなど、すぐに治療が必要な状態になってしまいます。 さらに胃がんへの進行もありえます。 もしお悩みでしたらお気軽にご相談下さい。[okabefujiko-clinic.com]

  • 血小板減少症

    症状 皮膚や粘膜の内出血、傷からの持続性の出血、血便、血尿、吐血、眼出血、肝臓や脾臓の腫大、粘膜蒼白、呼吸困難・咳、心雑音、発熱など 診断 血小板が減少する、元となる病気を探します。 ・血液検査 ・尿検査 ・X線検査や超音波検査 治療 原因により治療法が異なりますが、ステロイド、抗生物質、抗がん剤、ヘパリンなどを使用します。[irisplaza.co.jp]

  • 急性胃炎

    痛みが激しい場合や少しでも吐血があったら緊急に消化器専門医を受診して内視鏡検査を受けてください。内視鏡検査の結果、潰瘍が深かったり、出血がみとめられたりした場合には入院、絶食、点滴治療が必要となることもありますので、けっして胃炎といって楽観視してはいけません。[medical.jiji.com] この病気では、前述したように、急激に出現する胃痛や腹痛、吐き気、嘔吐、吐血・下血などの症状があります。また、診察すると胃のあたりの圧痛(あっつう)(圧迫(あっぱく)したときの痛み)があり、出血がある場合には、貧血(ひんけつ)などもみられます。[kotobank.jp] 比較的急激に出現するみぞおちあたりの痛み(心窩部痛)、腹痛、嘔気・嘔吐、吐血・下血などを生じます。時に大出血を起こし出血性ショックを伴うことがあります。 どんな検査をすればいいの? 胃カメラ(上部消化管内視鏡)を受けることをおすすめします。胃カメラをすることにより 胃の粘膜を直接観察する ことができます。[adachi-ichou.com]

  • 胃潰瘍

    吐血 胃潰瘍・十二指腸潰瘍が出血すると吐血や下血することがあります。 この場合、胃酸によってどす黒くなった血を吐血します。 出血時には、冷や汗・脈拍が乱れる・血圧低下・激痛を伴うこともあります。 また、真っ赤な血を吐く場合は、肺や気管から出た喀血(かっけつ)です。 下血 胃潰瘍・十二指腸潰瘍で便に血が混じる場合、どす黒い便が出ます。[shinohara-clinic.com] 2.胸やけ 胸やけは胃液が食道に逆流したために起こる症状で、胃液が多すぎる人に見られます 3.出血(吐血、下血) 潰瘍の中には、出血するものもあります。出血量が多いと、悪心とともにコーヒーの残りかすのような黒褐色の血を吐いたり(吐血)、黒いコールタール様の便が出たり(下血、タール便)します。[med.or.jp] これにより痛みが生じたり、出血(吐血や下血)や穴が空いてしまう(穿孔)などの合併症を引き起こす可能性があります。[hamanoclinic.com]

  • 肝硬変

    初期症状としては、食欲不振や、疲れやすくなる等があり、重篤化すると、黄疸の症状や腹水が溜まったり、吐血、意識障害に陥ることがあります。 血液検査やCT、超音波等の画像診断で検査することができます。 一度死滅して、硬く変化した細胞は元に戻らないため、早期の内に病気の進行を防ぐ必要があります 。 早めの受診 を心掛けましょう。[okumaiin.jp] 病気がかなり進行した段階で初めて、黄疸(おうだん/皮膚が黄色くなる)や腹水がたまる腹部膨満、異常行動や昏睡を引き起こす肝性脳症、食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)破裂による吐血などの 肝不全 症状が出現するようになります(非代償期)。[saiseikai.or.jp] 静脈瘤はいったん破裂すると消化管の中に大出血を起こすため、吐血や下血がみられます。出血の程度によっては生命に危険がおよぶこともあります。 *出血の危険の予知 内視鏡検査(胃カメラ)で食道静脈瘤に赤い斑点(Red Colorサイン)がみられた場合には近い将来に破裂する危険が大きいことを意味します。[tsukazan-clinic.com]

  • 消化管出血

    概要 吐血や下血は、消化管の重大な異常を示すサインです。生命の危険を伴うことがあるため、自己判断せずにできるだけ早期に病院を受診し、速やかに診断と治療を受けることが大切です。特に、多量の吐血や下血を認めた際は直ちに検査や治療が必要です。 吐血 吐血は、上部消化管と呼ばれる食道・胃・十二指腸から出血した場合に認められます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] A 症状としては吐血や下血が生じ、その性状により出血部位を推測できます。吐血の場合、胃の中で滞留が長い時にはコーヒー残渣様(ざんさよう)と表現される褐色調となります。出血量が多く、出血後すぐに吐血した場合には鮮紅色に近くなります。上部消化管からの出血が下血となるときは黒色便が観察されます。[kyoto-np.co.jp] 消化管出血では、吐血、黒色便、血便などの症状がみられます。 吐血、黒色便は、上部消化管と呼ばれる食道・胃・十二指腸からの出血で認められ、原因となる疾患は主に以下ものです。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 食道静脈瘤・胃静脈瘤 マロリーワイス症候群 出血性胃炎 胃がん、食道がん 吐血、黒色便の原因として胃潰瘍や十二指腸潰瘍が最も多く認めます。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 上部消化管出血

    吐血は、消化管内腔に流出した血液が、肉眼的に明らかな出血と確認できる状態で口腔から体外へ排出される場合をいう。したがって、吐物にわずかに血液が混じる程度のものは吐血と呼ばない。吐血は Treitz 靭帯より口側の上部消化管からの出血を意味するが、ごく稀には空腸が出血部位であることもある。[kanazawa-med.ac.jp] 概要 吐血や下血は、消化管の重大な異常を示すサインです。生命の危険を伴うことがあるため、自己判断せずにできるだけ早期に病院を受診し、速やかに診断と治療を受けることが大切です。特に、多量の吐血や下血を認めた際は直ちに検査や治療が必要です。 吐血 吐血は、上部消化管と呼ばれる食道・胃・十二指腸から出血した場合に認められます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 嘔吐 している途中から 嘔吐 物が血性となった場合は,Mallory-Weiss 症候群を疑う. ② 吐血の量:大量に吐血する場合は, 食道・胃静脈瘤 破裂,Mallory-Weiss 症候群,胃・十二指腸潰瘍,大血管腸管瘻のいずれかである. ③ 下血の性状:タール便であれば上部消化管出血(表1),赤黒 鮮血便であれば下部消化管出血(表2)[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 慢性腎不全

    慢性腎不全 ( 慢性腎臓病 とも呼ばれます)は、血液をろ過して老廃物を取り除いてくれる腎臓の機能が数カ月から数年をかけて徐々に低下していく病気です。その結果血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなります。 その原因として 最も多いのは糖尿病 で、 次に多いのは高血圧 です。これらは腎臓の細い血管に直接損傷を与える病態です。慢性腎不全の原因としては、このほかにも尿路閉塞、腎臓の異常(多発性嚢胞腎や糸球体腎炎など)、抗体によって腎臓の微細な血管(糸球体)や細い管(尿細管)に損傷が生じる自己免疫疾患(全身性エリテマトーデスなど)が挙げられます。[…][shoyohkai.or.jp]

  • びらん性胃炎

    吐血がひどい場合には、血圧が下がって立ちくらみがしたり、頻脈が起こったりすることもあります。[astellas.com] 平成7年 (1995年) の阪神淡路大震災の際にも、被災地では吐血の患者さんが多く発生し、そのほとんどは心身のストレスが原因の胃潰瘍によるものでした。 上腹部の症状がある時は要注意![health.kobe-u.ac.jp] 急性胃粘膜病変(AGML) は、突然の上腹部痛や吐血、下血で発症することが多い急性の粘膜障害です。潰瘍やびらんがあり、出血が見られることもあります。基本的に、胃十二指腸潰瘍の治療をおこないます。 お薬 胃粘膜保護剤 胃酸分泌抑制薬 ヒスタミンH2受容体拮抗薬やプロトンポンプ阻害薬などがあります。[nishimura-clinic-saga.com]

さらなる症状