Create issue ticket

考えれる337県の原因 吐き気, 呼吸筋麻痺

  • 低カリウム血症

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 医師・医療従事者・医療関係者の方に 心電図 今月の一枚 (過去の“ECG of the month” ) 低カリウム血症 カテゴリーなし 症例71 起床時の疲労感を主訴に来院 女性 52歳 2013.10 症例13 主訴:めまい、吐き気 女性 46歳 2008.11 心電図 今月の一枚に戻る[jeccs.org] 低カリウム血 症では,食欲不振,吐き気,嘔吐,呼吸困難,心電図の変化などが起る。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 栄養・生化学辞典 の解説 出典 朝倉書店 栄養・生化学辞典について 情報 Yahoo!辞書 コトバンクは、Yahoo!辞書と技術提携しています。[kotobank.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] 主な副作用や注意点 消化器症状 吐き気などがあらわれる場合がある 無顆粒球症 頻度は非常に稀である 突然の高熱、さむけ、のどの痛みなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する 肝機能障害 頻度は稀である 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する 一般的な商品とその特徴 リルテック グルタミン[medical.nikkeibp.co.jp] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp]

  • ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 具体的には、腹痛や下痢、便秘、吐き気、うつ病などで、光線過敏症が起こることもあります。疑われる人には血液検査や尿検査、便検査、皮膚の生検などが行われます。確立された治療はなく、症状を和らげる治療が中心になります。ポルフィリン症は一般内科や代謝・内分泌内科で検査や治療が行われます。[medley.life] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 吐き気に伴う嘔吐、腹部のはり、下痢、便秘等が起こり、高血圧、頻脈、情緒不安定、発汗といった状態が発作の最中におきます。又、筋肉に作用する神経に支障をきたしているために、脱力感も現れ、改善がみられても、筋肉の脱力感から解放されるには時間がかかります。[hospita.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp] 重症例では,呼吸麻痺に対する呼吸補助(人工呼吸)が行われることがあります。 (参考) 厚生労働省検疫所ホームページ:ギラン・バレー症候群について[pe.emb-japan.go.jp]

  • ボツリヌス中毒

    9)14) 重症例では、呼吸、横隔膜麻痺のため呼吸困難におちいり死にいたる。[j-poison-ic.or.jp] 吐き気、嘔吐、筋力低下、便秘、神経症状(視力障害、呼吸困難など)などきわめて特有な症状がでます。 原因食品 酸素が少ない状態で増えるため缶詰、びん詰、真空パック食品、発酵食品が原因となります。過去にはからし蓮根、いずしで起こしています。 予防法 容器が膨らんでいる缶詰、びん詰、真空パック食品などは食べません。[n-shokuei.jp] ボツリヌス中毒になると、およそ8 36時間後に吐き気、嘔吐、腹痛などの症状が現れ、手足の脱力、物が二重に見える、うまく喋れない、物が飲み込みにくいなどの異変が起きます。意識ははっきりしているのに、最終的には呼吸する筋肉も麻痺して呼吸困難となり、死亡します。[xn--u9jv84l7ea468b.com]

  • 急性胃腸炎

    潜伏期は2時間 3日で、頭痛・眼瞼下垂・散瞳・複視を 初発症状とし、まもなく嚥下障害・発語障害・呼吸麻痺へと進み、3 7日目に死亡す る(日本に多いE型による死亡率は35%)。早期に抗毒素血清を使用することが大切。 3.セレウス菌:Bacillus cereus による。[nms.co.jp] 典型的な経過としては、まず吐き気が生じ嘔吐し、次第に便が尿のような水様便になってきます。そして、吐き気から落ち着いてきて、最後に下痢が治まります。発熱や腹痛はある時とない時があり様々です。[jinsenkai.or.jp] 治療の基本 整腸剤や吐き気止めなどの薬を処方しますが、家庭での食事療法が一番大切です。吐き続けるときや脱水が強いときは外来での点滴や入院治療が必要になります。 家庭での治療 吐き気が強いときは胃腸を休めましょう (嘔吐と吐き気は発症して数時間から半日程度までに落ち着くことが多いです) 。[kubo-shonika.com]

  • 食中毒

    呼吸麻痺し、死亡することもある。 対策 食品の低温保存。 病原性大腸菌(腸管出血性大腸菌を除く) 特徴 人や動物の腸内に住む大腸菌のうち病原性を持つ菌のこと。糞便で汚染された食品が原因となる。 飲料水などが汚染されると大規模な食中毒につながる。 症状 潜伏期間は12時間から5日間。腹痛、下痢、発熱などがみられる。[city.sagamihara.kanagawa.jp] 焼き飯、ピラフ、スパゲティなど ・症状 : 激しい吐き気、嘔吐を伴う嘔吐型と、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐の下痢型がある。 【ウイルス】 ノロウイルス ・潜伏場所 : ヒトの腸管内やカキなどの貝類内 ・主な感染経路: カキなどの貝類、調理従事者を介入して二次汚染された惣菜など ・症状 : 吐き、嘔吐、下痢、腹痛。[ajha.or.jp] そして吐き気や嘔吐が収まったら、バナナやおかゆ、ゼラチンなど、味が薄く、消化がよいものを少しずつ食べてみましょう。もし吐き気が戻るようであれば、数時間は飲食を控え、落ち着いてから再び少量から食べ始めること。味の濃いもの、揚げ物、乳製品、高脂肪や糖分の多い食べ物は、食中毒の症状が治まるまで避けたほうがいいでしょう。[ajha.or.jp]

  • 高カリウム血症

    筋力低下や筋肉痛、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、便秘、痙攣(けいれん)などの諸症状から、重度になると四肢麻痺(まひ)や自律神経失調、筋肉痙攣、呼吸麻痺、不整脈、麻痺性腸閉塞などに至ります。 低カリウム血症が起こる主な原因は次の3つが挙げられます。[adpkd.jp] まれに手足のしびれや吐き気。 原因 何らかの原因により血中のカリウムの濃度があがってしまう電解質代謝異常症のひとつである。 「腎臓がカリウムをうまく排出できない」「筋肉細胞の中のカリウムが細胞外に漏出する」などの理由で、血清カリウム濃度が上がることによる。[fdoc.jp] 血漿K濃度が6mEq/lをこえてくると四肢のしびれ感,脱力感,弛緩性麻痺,不整脈,そしてついには心拍停止や呼吸麻痺による呼吸困難も現われてくる。この場合,血漿K濃度が同程度に上昇しても,ある患者では著明な症状が現われたり,またほとんど出現しない患者もある。[medicalfinder.jp]

  • 低カリウム性周期性四肢麻痺

    通常下肢より弛緩性麻痺が生じるが、呼吸麻痺や脳神経支配筋の障害はほとんどみられない。 麻痺は夜間、早朝に起こりやすく、運動や、でんぷんに富む食物を大量に摂取した後に生じることが多い。発作に先立って血清カリウム値が著明に低下するのが特徴で、血清CK値も上昇し、心電図でU波が出現する。[ameblo.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 甲状腺眼症/バセドウ病眼症 に対するステロイドパルス療法で重篤な 低カリウム性 周期性四肢麻痺 が誘発 甲状腺眼症/バセドウ病眼症 に対するステロイドパルス療法で、呼吸麻痺し、呼吸不全までおこす重篤な 低カリウム性 周期性四肢麻痺が誘発される事があります。[nagasaki-clinic.com]

さらなる症状