Create issue ticket

考えれる18県の原因 右心房圧上昇

  • 左心室の心筋障害

    これにより 浮腫 や 肝腫大 を生じる病態が、心不全です。血行動態的には心房および中心静脈上昇します。 それぞれの症状により、左心不全なのか、心不全なのか判断することができると思います。うっ血性心不全は、心臓の左心室の機能不全なのか、右心室の機能不全なのかによって分類されることもあります。[kango-oshigoto.jp]

  • 頸静脈怒張

    頸静脈怒張に加え、呼吸困難、浮腫などの症候があればうっ血性心不全をまず疑うが、先天性心疾患や三尖弁膜症、肺動脈弁膜症、肺動脈狭窄症、肺高血圧症や肺塞栓症などに伴う心不全、収縮性心膜炎においても心房上昇し、頸静脈怒張を認める。その他、上大静脈症候群や一部の縦隔腫瘍においても頸静脈怒張を認める。[med.toaeiyo.co.jp] 病態 [ 編集 ] 僧帽弁口の面積が減少すると、心拡張期(つまり左心房収縮時)に左心房から左心室へ血液が十分に流れなくなる。 左心房上昇により、肺高血圧、肺水腫、心不全、心房細動などを引き起こす。 左心室血液流入量低下により、左心不全を引き起こす。 左心室への血液が足りなくなるので、左心室肥大はあまりみられない。[ja.wikipedia.org] 症状 [ 編集 ] 左心室血液流入量低下によるもの 易疲労感 末梢性 チアノーゼ 左心房上昇によるもの 労作時 呼吸困難 肺高血圧 肺水腫 心不全 (肝腫大、全身性浮腫、頚静脈怒張) 合併症 [ 編集 ] 心房細動 塞栓症 3日以上の心房細動によって、心房内に血栓が形成されやすく、その血栓が流れて、脳塞栓、急性心筋梗塞などを引き起こす。[ja.wikipedia.org]

  • 肺性心

    左房上昇心系に波及して肺高血圧症 右 心不全 (両心不全) 心房中隔欠損、心室中隔欠損など心臓内のシャントによって肺血流が増加して肺血管抵抗上昇 肺高血圧症 右心不全(負荷) 肺塞栓 症の 慢性期 で肺血管抵抗上昇 肺高血圧症 右心不全(負荷) 膠原病 (SLEなど)に伴う血管炎から肺血管抵抗上昇 肺高血圧症 右心不全(負荷) 原因不明[kango-roo.com]

  • 心臓弁膜症

    また心房では血流が停滞し、心房上昇する。 機能的; 原疾患による症状が主。 治療 症状が軽度であれば、内服薬での治療を行う。重症であれば、内科的なカテーテル治療や外科的な切開・形成・弁置換などが行われることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 心房中隔欠損

    右心房や、右室、肺動脈への血流が増加して、心房室、肺動脈が拡大(容量負荷)します。肺血流の増加が続くと思春期を過ぎた頃より肺動脈上昇 して肺高血圧となることもあります。また心房の拡大が続くと、不整脈が起こりやすくなります。[twmu-pedc.com] 左心房から心房に血流が流れるため、室側に負担がかかり、心不全や心房細動という不整脈、また進行すると肺の血管の上昇する肺高血圧をきたします。その結果、息切れ・動悸・むくみなどが出現し、適切な治療が行われなければ通常症状は進行していきます。また、足の静脈にできた血栓が心房中隔欠損孔を通り、脳梗塞をきたすことがあります。[tokyobay-mc.jp]

  • 慢性右側うっ血性心不全

    これにより 浮腫 や 肝腫大 を生じる病態が、心不全です。血行動態的には心房および中心静脈上昇します。 それぞれの症状により、左心不全なのか、心不全なのか判断することができると思います。うっ血性心不全は、心臓の左心室の機能不全なのか、右心室の機能不全なのかによって分類されることもあります。[kango-oshigoto.jp]

  • 心タンポナーデ

    心タンポナーデとは、心膜腔内に出血あるいは心膜液が何らかの原因で貯留した結果、心膜腔内の上昇し、心房を超えてしまった状態です。 原因には腫瘍、右心不全、左房破裂、心膜炎、特発性などがあります。 症状 虚脱(ぐったり)、食欲不振、胸水、腹水などが認められます。 診断 心臓エコー検査にて、心嚢水、右心房の虚脱を確認。[kamogawa-ac.jp]

  • 僧帽弁疾患

    病態 [ 編集 ] 僧帽弁口の面積が減少すると、心拡張期(つまり左心房収縮時)に左心房から左心室へ血液が十分に流れなくなる。 左心房上昇により、肺高血圧、肺水腫、心不全、心房細動などを引き起こす。 左心室血液流入量低下により、左心不全を引き起こす。 左心室への血液が足りなくなるので、左心室肥大はあまりみられない。[ja.wikipedia.org] 症状 [ 編集 ] 左心室血液流入量低下によるもの 易疲労感 末梢性 チアノーゼ 左心房上昇によるもの 労作時 呼吸困難 肺高血圧 肺水腫 心不全 (肝腫大、全身性浮腫、頚静脈怒張) 合併症 [ 編集 ] 心房細動 塞栓症 3日以上の心房細動によって、心房内に血栓が形成されやすく、その血栓が流れて、脳塞栓、急性心筋梗塞などを引き起こす。[ja.wikipedia.org] 検査 [ 編集 ] 聴診 Ⅰ音の亢進 僧帽弁解放音の聴取 拡張中期遠雷様雑音(ランブル) 胸部X線写真 左第2弓、左第3弓の突出 第2弓のdouble shadow 心エコー 左心房の拡大 心電図 心臓カテーテル検査 肺動脈楔入上昇 治療 [ 編集 ] 内科的治療 ループ利尿薬 ジギタリス、ワーファリン(心房細動合併時) 外科的治療[ja.wikipedia.org]

  • 再発肺塞栓症

    (1)検査所見 ①心カテーテル検査で 1.肺動脈上昇(安静時の肺動脈平均圧が25mmHg以上) 2.肺動脈楔入圧(左心房圧)が正常(15mmHg以下) ②肺換気・血流シンチグラム所見 換気分布に異常のない区域性血流分布欠損(segmental defects)が、血栓溶解療法または抗凝固療法施行後も6か月以上不変あるいは不変と推測できる[nanbyou.or.jp]

  • 僧帽弁狭窄症

    僧帽弁口の面積が減少すると、心拡張期(つまり左心房収縮時)に左心房から左心室へ血液が十分に流れなくなる。 左心房上昇により、肺高血圧、肺水腫、心不全、心房細動などを引き起こす。 左心室血液流入量低下により、左心不全を引き起こす。 左心室への血液が足りなくなるので、左心室肥大はあまりみられない。[ja.wikipedia.org] 左心室血液流入量低下によるもの 易疲労感 末梢性チアノーゼ左心房上昇によるもの 労作時呼吸困難 肺高血圧 肺水腫 心不全(肝腫大、全身性浮腫、頚静脈怒張) 心房細動 塞栓症3日以上の心房細動によって、心房内に血栓が形成されやすく、その血栓が流れて、脳塞栓、急性心筋梗塞などを引き起こす。[ja.wikipedia.org] 聴診 Ⅰ音の亢進 僧帽弁解放音の聴取 拡張中期遠雷様雑音(ランブル)胸部X線写真 左第2弓、左第3弓の突出 第2弓のdouble shadow心エコー 左心房の拡大心電図 心臓カテーテル検査 肺動脈楔入上昇 内科的治療 ループ利尿薬 ジギタリス、ワーファリン(心房細動合併時)外科的治療 僧帽弁置換術 (MVR) 経皮的僧帽弁交連術 ([ja.wikipedia.org]

さらなる症状