Create issue ticket

考えれる567県の原因 右心不全

  • 肺性心

    肺に広範な病変があるため、肺動脈圧が高くなり、心が拡張・肥大した状態(心不全)をいう。 肺塞栓(急性型)、肺気腫、回血管(慢性型)で見られる チアノーゼを伴う心不全を起こす 肺性心とは呼吸器系の機能的・構造的異常により、心室が肥大・拡張し、機能不全(心不全)を呈した病態で、通常、慢性肺性心を意味する。[naoru.com] 左房圧の上昇が心系に波及して肺高血圧症 心不全 (両心不全) 心房中隔欠損、心室中隔欠損など心臓内のシャントによって肺血流が増加して肺血管抵抗上昇 肺高血圧症 心不全(負荷) 肺塞栓 症の 慢性期 で肺血管抵抗上昇 肺高血圧症 心不全(負荷) 膠原病 (SLEなど)に伴う血管炎から肺血管抵抗上昇 肺高血圧症 心不全(負荷) 原因不明[kango-roo.com] 概要 肺性心とは、肺高血圧を引き起こす肺疾患によって生じる心疾患のことを指し、進行すると心不全となります。 初期には症状が生じないこともありますが、肺疾患による呼吸困難などを認めます。進行して心不全になると、むくみなどが起こります。 肺性心の治療では、肺の血管抵抗・血圧を下げるための薬物治療などが行われます。[medicalnote.jp]

  • 心不全

    心不全 心不全は、心系の機能不全にともなう一連の病態のことであり、静脈系のうっ血が主体となる。この場合、液体が過剰に貯留するのは体全体、特に下肢であり、心不全徴候としての下腿浮腫は有名である。そのほか、腹水、肝腫大、静脈怒張など、循環の不良を反映した症状をきたす。 心不全の多くは、左心不全に続発して生じるかたちとなる。[ja.wikipedia.org] 心不全で肺うっ血が進行し、肺高血圧をきたすまでに至ると、室に圧負荷がかかり、心不全を起こす。治療薬にコルホルシンダルパートがある。 心不全のみを起こすのは、肺性心、肺梗塞など、ごく限られた疾患のみである。 急性・慢性心不全の区別は、主として、治療内容の決定に使用される。[ja.wikipedia.org] 症状を来たす原因が、主に左心室の機能不全によるものなのか、心室の機能不全によるものなのかによって、心不全を 左心不全(さしんふぜん、left heart failure) 心不全(うしんふぜん、right heart failure)の2種類に大別する方法である。[ja.wikipedia.org]

  • 動脈管開存症

    そのため左心不全を起こしてしまいます。 また、過剰な血液が流れ込む肺の血圧は高くなるために血管は動脈硬化を起こし、 肺のうっ血、さらには心系のうっ血を呈するようになり最終的には心不全を起こすようになります。 動脈管開存症の血液の流れ 動脈管開存症の症状は、初期ではほとんど症状を示さず元気なことが多いです。[ikegami-aqua.jp] 具体的には室流出路(肺動脈)狭窄が軽く、心室中隔欠損症と同じような心不全症状がある場合には利尿剤を内服する場合があります。[myogadani-kids.com] 動脈管開存症単独の場合の症状は、左―短絡率の大小により、新生児期から呼吸不全心不全を呈する重症例から、成人にいたるまで無症状で経過するものまで多様です。 一般に本症は左―短絡率の大小にかかわらず、手術治療が勧められています。[okinawa.med.or.jp]

  • 肺高血圧症

    さらに心室が拡大するため、左心室の大きさが相対的に小さくなります。「肺動脈性肺高血圧症」に必ず伴う合併症は、心不全心不全 )です。但し、潜在的な心不全(症状がまだでない)という段階から、明らかに症状が出現する場合まで、程度は様々です。この心臓の機能低下を回復させる、ないしは進行を遅らせる治療法が「肺血管拡張療法」になります。[nanbyou.or.jp] また肺動脈圧が上昇すると、心室に高い圧力がかかることにより心臓に負担が生じて、心室の機能低下(心不全)を引き起こします。 肺高血圧症の仕組み 肺高血圧症はさまざまな原因により起こりますが、現在は原因ごとに第1群から第5群に分類されています。[saiseikai.or.jp] 同氏は肺高血圧症が心不全に至る流れを示した(図2)。[jhf.or.jp]

  • 全身性強皮症

    3.症状 レイノー症状、皮膚硬化、その他の皮膚症状、肺線維症、強皮症腎クリーゼ、逆流性食道炎などが認められ、手指の屈曲拘縮、肺高血圧症、心外膜炎、不整脈、関節痛、筋炎、偽性イレウス、吸収不良、便秘、下痢、心不全などが起こることがある。[nanbyou.or.jp] 心系は肺循環を維持するために高圧で血液を押し出す必要が生じ、心肥大、心不全があらわれる。肺血管の攣縮は悪化要因である。 心病変 心筋の線維化に伴い拡張障害が見られやすい。心筋内の線維化の進展により伝導障害をおこすと、不整脈や脚ブロックが発生する。収縮障害や心嚢液が認められることもある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] また、肺動脈が細くなって行き場を失った血液は肺動脈や心臓に滞り、心房や心室が拡大したり、肥大化したりします。症状が進行すると全身の血流が滞り、むくみや心不全が起きたり、低血圧によって失神、突然死に至ることもあります。[jpma-nanbyou.com]

  • 右心不全

    しかし、近年左心不全患者において心機能に関連する指標が予後や運動耐容能を規定する重要な因子であることが続々と報告され、心への取り組みが見直され始めてきている。 本稿では、まず心不全室の構造・生理機能について整理し、その後心不全の評価法について概説する。 心不全とは?[ameblo.jp] 急性心不全治療ガイドライン(2011年改訂版) Guidelines for Treatment of Acute Heart Failure( JCS 2011) 左心不全に続発する場合を除いた急性心不全の原因には,室収縮力の低下(右室梗塞,不整脈源性右室異形成症),右室容量負荷の増加 (急性の三尖弁逆流,フォンタン循環の破綻など),[jcs2011-izumi-h.medicalvista.info] 心不全の症状が強い患者さんが入院されているのですが、先輩看護師に必要な看護とは何かを聞かれうまく答えられませんでした。心不全の看護について詳しく教えてください。 質問したいこと 心不全症状の強い患者さんの看護について詳しく知りたいです。 ひとこと回答 心不全には左心不全心不全があり、それぞれに特徴的な症状があります。[kango-oshigoto.jp]

  • 慢性右側うっ血性心不全

    このなんらかの原因によって心不全と左心不全に分類することができます。心不全の患者様の看護は様々な浮腫に対する看護、左心不全の患者様の看護は肺うっ血にともなう呼吸困難の緩和と、呼吸困難にともなう日常生活動作の制限に対する援助が中心となります。[kango-oshigoto.jp] 動作時の息切れ 呼吸回数の増加 咳や喘鳴(ぜんめい) 起座呼吸(寝ていると苦しいが、起き上って座ると呼吸が楽になる) 心不全による症状 心不全の特徴として、一部を除き、左心不全が起こると続発して心不全も起こる、両心不全状態になるということです。 心(心臓の右側)は、全身をめぐった血液が心臓に戻ってくる場所です。[tyojyu.or.jp] 血(肝腫大、肝胆道系酵素上昇)など うっ血性心不全はうっ血による症状が主体となるため、肺うっ血による左心不全症状、体静脈うっ血による心不全症状に注意しながら観察していくことが大切です。[kango-oshigoto.jp]

  • 高拍出性心不全

    抄録 症例は50歳,男性.極めて不規則な食生活とアルコール多量摂取の既往があり,下腿浮腫,呼吸困難が出現しショックに陥り入院した.入院時,ショック状態に加え,著明なアシドーシス,心不全を認めたが,肺動脈拡張期圧の上昇はなく,末梢血管抵抗は低値,心係数は高値を示し,高拍出状態であった.心エコーでも左室収縮能は保たれていた.衝心脚気を疑い大量[jstage.jst.go.jp] によるうっ血での分類:左心不全心不全、両心不全 心拍出量の高低による分類:低拍出性心不全、高拍出性心不全 心不全心不全 [診断] [治療] 急性心不全 慢性心不全 心不全の診断・治療 進展速度(時間)による分類:急性心不全、慢性心不全 血行動態異常によるうっ血での分類:左心不全心不全、両心不全 心拍出量の高低による分類:低拍出性心不全[nursepress.jp] 心不全の多くは、左心不全に続発して生じるかたちとなる。左心不全で肺うっ血が進行し、肺高血圧をきたすまでに至ると、室に圧負荷がかかり、心不全を起こす。治療薬にコルホルシンダルパートがある。 心不全のみを起こすのは、 肺性心 、 肺梗塞 など、ごく限られた疾患のみである。[ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    血(肝腫大、肝胆道系酵素上昇)など うっ血性心不全はうっ血による症状が主体となるため、肺うっ血による左心不全症状、体静脈うっ血による心不全症状に注意しながら観察していくことが大切です。[kango-oshigoto.jp] 心不全心不全 左[さ]心不全[う]心不全というのは、心不全状態の原因が、主に左室や左房(これらをまとめて左心系[さしんけい]と言います)にあるのか、房や室(これらをまとめて心系[うしんけい]と言います)にあるのかという観点に立った分類です。[newheart.jp] 心不全 心不全は、心系の機能不全にともなう一連の病態のことであり、静脈系のうっ血が主体となる。この場合、液体が過剰に貯留するのは体全体、特に下肢であり、心不全徴候としての下腿浮腫は有名である。そのほか、腹水、肝腫大、静脈怒張など、循環の不良を反映した症状をきたす。 心不全の多くは、左心不全に続発して生じるかたちとなる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症

    「慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)」に必ず伴う合併症は、心不全心不全)です。但し、潜在的な心不全(症状がまだでない)という段階から、明らかに症状が出現する場合まで、程度は様々です。心不全を起こすと、足がむくんだり、動く時に息苦しくなりますが、心機能障害の程度と自覚症状は必ずしも一致しません。[nanbyou.or.jp] 低酸素血症に対する在宅酸素療法、心不全に対する利尿薬、血栓再発例では、下大静脈フィルターの挿入が行われる。また、日本では、バルーンによるカテーテル治療が行われはじめている。[kitakyushu-shogai.net] 心臓が広がったり筋肉が厚くなり機能が低下して心不全を起こします。 ※2010年10月31日現在 頭文字から探す ジャンルから探す 用語ガイドのトップ ※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期すよう努めておりますが、当社は利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。[hoken-mammoth.jp]

さらなる症状