Create issue ticket

考えれる3県の原因 右下象限の腹腔内膿瘍

  • 大腸憩室炎

    詳細 カテゴリ: 健康相談 公開日:2009年07月26日 【質問】 40代でも発症?予防法は 40代の男性です。先日、病院で「大腸憩室炎」と診断されました。高齢者のかかる病気と聞きましたが、40代でも起こるのでしょうか。治療や予防法について教えてください。 【答え】 大腸憩室炎 -生活習慣改善 心掛けを- 大塚外科・内科 大塚雅文(徳島市川内町) 「大腸憩室炎」の話をする前に、まず、消化管の憩室について説明します。 憩室とは、消化管の壁が管腔(かんくう)の外へ袋状に飛び出した状態のことです。食道や胃、十二指腸、小腸にも起こりますが、大腸に最も多く見られます。[…][tokushima.med.or.jp]

  • クローン病

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.クローン病(Crohn病)の理解に必要な情報 【消化管とは】 私たちは食物を消化し栄養を吸収することで生命を維持するために必要なエネルギーを得ています。食物を体内に取り込み、消化、吸収し、最終的には不要物を排泄するまでの役割をになう器官が消化器です。消化器は、胃や腸はもちろん、食物を取り込む口(口腔)や栄養素を貯蔵・加工する肝臓なども消化器に含まれます。消化器のうち、食物や水分の通り道となる部分が消化管です。[…][nanbyou.or.jp]

  • 大腸クローン症

    クローン病は主に若い人に好発する病気です。 口から肛門まで、全消化管に炎症性の潰瘍などの病変ができます。 現在のところ原因不明のため根治療法はまだ確立されていませんので、慢性に寛解と再燃を繰り返し、継続的な治療を必要とします。 人に感染したり遺伝する病気ではありません。 クローン病は腸の縦の方向に「縦走潰瘍」ができたり、腸の粘膜に敷石を敷いたようにみえる潰瘍(「敷石状病変」)や、連続性がなく飛び飛びの潰瘍が現れるのが特徴です。 炎症が持続することで、腸管の内側が狭くなる「狭窄」が現れることもあります。[…][nomu-capsule.jp]

さらなる症状