Create issue ticket

考えれる83県の原因 右下腹部の圧痛

  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸炎で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 卵巣嚢胞

    トップ No.4804 質疑応答 プロからプロへ 子宮内膜症性卵巣嚢胞の治療法選択 【年齢,嚢胞の大きさ,挙児希望の有無を考慮する】 【Q】 子宮内膜症性卵巣嚢胞(チョコレート嚢胞)を治療する場合,年齢,嚢胞の大きさ,挙児希望の有無を考慮して薬物療法・手術療法のいずれかを選択することになります。薬物療法を優先して効果がみられないときに手術療法を行うのか,なるべく手術療法を優先させるべきなのか,治療法選択の考え方について東京大学・甲賀かをり先生にご教示頂ければ幸いです。 【質問者】 松本光司:筑波大学医学医療系産科婦人科学准教授 【A】[…][jmedj.co.jp]

  • 筋挫傷

    筋挫傷(肉離れや筋肉の損傷) 追突などの衝撃により、筋肉や腱(筋肉を骨に付着させる組織)が打撃または無理に伸ばされることによって生じます。重度になると、皮下出血が出現しその部分の組織を使って動こうとすると痛みで動かすことができなくなります。たとえば、ふくらはぎであればつま先立ちができなくなったりします。 どういう症状がでてくるのか 患部の痛み 内出血(皮下出血) 腫れ(腫脹) 運動能力の低下 運動能力の制限 はしぐち整骨院の診察・治療方法[…][jikoitami.com]

  • 虫垂炎

    一般的には、発熱、CRP上昇・白血球増多など炎症所見があり、下腹があれば急性虫垂炎を考える。腹部所見はと腹膜刺激症状をチェックする。軽症の虫垂炎ではピンポイントの下腹を示す(McBurney point)。炎症が広がると痛点は広がるが、やはり下腹に最強の痛点がある。[nakano-kodomo.or.jp] 上腹部,嘔吐(おうと)などで始まることが多く,痛みは次第に下腹に限局し,軽度の発熱を伴う。下腹,筋性防衛(反射性の腹壁緊張),白血球数増加などにより診断する。炎症が進行し虫垂が破れて膿瘍(のうよう)を作り,さらに腹腔内に広がり 腹膜炎 を起こすと重症。[kotobank.jp] 下腹のみでは虫垂炎だけではなく、他の疾患も鑑別する必要があるので、血液および超音波検査を実施します。治療方針を決定するのに最も有用な画像診断は超音波検査ですが、肥満が強い患児や腸管内ガスが多い患児にはCTを実施します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 帯状疱疹

    抄録 症例は66歳男性. 32歳から2型糖尿病, 52歳時に慢性C型肝炎による膜性増殖性糸球体腎炎からの末期腎不全で血液透析導入となった. X年2月, 腰痛の出現後から左下肢の筋力低下と両下肢痛が出現し歩行困難となったため入院となった. MRIにて胸椎2-3レベルの脊髄の腫大を認め, 左側よりにT1, T2強調画像で淡いhigh intensity areaを認めた. 髄液検査にて水痘帯状疱疹ウイルスを認めたが, 皮疹を認めないことから無疹性帯状疱疹に伴う脊髄炎と診断した. 免疫能が低下していると皮疹が現れにくいといわれており, そのため診断に苦慮することが多い. 本例は糖尿病, 肝硬変,[…][doi.org]

  • 子宮内膜症

    子宮内膜症 (しきゅうないまくしょう、 英 : Endometriosis )は、 子宮内膜 やそれに類似した組織が 子宮 内腔や子宮体部以外の骨盤内で増殖する疾患。 子宮内膜症のデータ ICD -10 N80 統計 出典: 世界の患者数 約890万 人 (20xx年xx月xx日) 日本の患者数 約12万 人 (2006年) 子宮内膜症学会 日本 日本産科婦人科学会 世界 この記事は ウィキプロジェクト の 雛形 を用いています 概念 [ 編集 ] 子宮内膜 が子宮外で増殖する疾患である。良性の疾患ではあるが、 転移 や 浸潤 するなど 悪性腫瘍[…][ja.wikipedia.org]

  • 過敏性腸症候群

    過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、英語:Irritable Bowel Syndrome、略称:IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛とそれに関係する便通異常が慢性的または再発性に持続する機能性消化管疾患である。 以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで「過敏性大腸症候群」と呼ばれていたが、最近では、大腸だけではなく小腸にも関係することなどからこのように呼ばれている。20 -[…][ja.wikipedia.org]

  • 盲腸後部虫垂炎
  • 再発性虫垂炎

    一般的には、発熱、CRP上昇・白血球増多など炎症所見があり、下腹があれば急性虫垂炎を考える。腹部所見はと腹膜刺激症状をチェックする。軽症の虫垂炎ではピンポイントの下腹を示す(McBurney point)。炎症が広がると痛点は広がるが、やはり下腹に最強の痛点がある。[nakano-kodomo.or.jp] 上腹部,嘔吐(おうと)などで始まることが多く,痛みは次第に下腹に限局し,軽度の発熱を伴う。下腹,筋性防衛(反射性の腹壁緊張),白血球数増加などにより診断する。炎症が進行し虫垂が破れて膿瘍(のうよう)を作り,さらに腹腔内に広がり 腹膜炎 を起こすと重症。[kotobank.jp] Alvarado スコア 痛みの中央から下方への移動 1 点 食欲不振 1 点 嘔吐 1 点 下腹 2 点 反跳痛 1 点 発熱 1 点 白血球 数 10000 /μL 2 点 核 の左方移動(好中球での 桿状核球 の増加) 1 点 合計 10 点 Alvarado スコア [14] も(頭文字を取りMANTRELS スコアとも[ja.wikipedia.org]

  • 虫垂膿瘍

    下腹のみでは虫垂炎だけではなく、他の疾患も鑑別する必要があるので、血液および超音波検査を実施します。治療方針を決定するのに最も有用な画像診断は超音波検査ですが、肥満が強い患児や腸管内ガスが多い患児にはCTを実施します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 腹部触診 下腹に強いがあるかがチェックされます。腹膜刺激症状といって、腹部に触れると腹壁をかたくしてしまう反射があると、ほぼまちがいありません。ときにはダグラス窩(か)( 図「ダグラス窩の位置」 )という腹腔(ふくくう)の底に膿(うみ)がたまっていることがあります。[kotobank.jp] そして、下腹に強い、筋性防御(きんせいぼうぎょ)(手で圧迫しようとすると、腹壁をかたくしてしまう反射)がみられるため、容易に診断がつきます。 もっとも多い圧痛点は臍(へそ)と右腸骨の前上棘(ぜんじょうきょく)(腰骨(こしぼね)が前に飛び出した部分)を結ぶ線を3等分して右側3分の1にあたる部分(マクバーネイ点)です。[kotobank.jp]

さらなる症状