Create issue ticket

考えれる5県の原因 口腔筋緊張低下

  • 口内炎
  • 血管性浮腫
  • 遺伝性血管性浮腫
  • 遺伝性血管性浮腫 3型
  • スミス・マゲニス症候群

    成長障害の原因となる摂食困難は一般的で、哺乳、嚥下の弱さを伴う口腔運動機能障害、食物嫌悪、胃食道逆流が含まれる。乳児期の緊張低下はほぼ全例で報告されており、反射の減弱(84%)および全般的に不活発、無頓着さを伴い、ダウン症候群で認めるものと類似している。 神経行動学的特徴 粗大、微細運動機能は生後一年で遅れていく。[grj.umin.jp] の75%以上 頭蓋顔面/骨格 -短頭 -顔面正中部形成不全 -年齢と共に相対的に前突した顎 -大きく、四角い顔 -めくれた、テント状の上唇 -深くくぼんだ、寄り目 -短く大きな手 -歯の異常(小臼歯、長髄歯の欠損) 耳鼻科 -中耳、咽頭の異常 -嗄声、太い声 神経/行動 -認知障害/発達遅滞 -全般的に無頓着/不活発(乳児期) -乳児期の緊張低下[grj.umin.jp] -睡眠障害 -反転したメラトニンの日概リズム -常同行動 -自傷行為 -言葉の遅れ -反射減弱 -末梢神経障害症状 -口腔の感覚運動機能障害(幼児期) 一般的な特徴 (50%-75%) -難聴 -低身長 -側弯 -軽度の脳室拡大 -気管気管支の問題 -鼻咽喉閉鎖機能不全(VPI) -眼球異常(光彩の異常、小角膜) -REM睡眠の異常 -高[grj.umin.jp]

さらなる症状