Create issue ticket

考えれる24県の原因 口囲蒼白

  • アトピー性皮膚炎

    痒みを伴い慢性的に経過する皮膚炎(湿疹)ですが、その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。慢性的ではありますが、適切な治療をきちんと受ければ、いずれ治ったと同様の状態になることが期待されます。 日本皮膚科学会編「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」について[dermatol.or.jp]

  • 不安障害

    パニック障害・不安障害とは 「パニック障害」も「不安障害」も、近年よく用いられるようになった病名ですが、正確にいうと、両者は並列関係にあるものではなく、下図のように、「パニック障害」は「不安障害」の下位分類のひとつです。 図1 不安障害と下位分類 ここに示した分類は、米国精神医学会のDSM-IV-TRによっています。もうひとつの臨床でよく使われる分類基準であるWHOのICD-10では、パニック障害と恐怖症の関係がやや異なることと、一般身体疾患や物質によるものは不安障害からのぞかれている点が異なっていますが、他はほぼ共通しています。[…][mhlw.go.jp]

  • 猩紅熱

    顔は、の周囲だけ発疹が現われないので蒼白(こういそうはく)といい、風疹やはしかとの区別に役立ちます。 3 4日たつと、舌の厚い苔(こけ)がはがれて西洋イチゴのようなぶつぶつのある紅い舌(いちご舌)になります。 熱が下がると、発疹もしだいに消え、皮膚が細かくむけますが、あとは残りません。 受診する科 小児科(内科)を受診します。[kotobank.jp] 顔面では通常このような皮疹は見られず、額と頬が紅潮し、の周りのみ蒼白にみえる(蒼白)ことが特徴的である (写真2) 。 また、舌の変化として、発症早期には白苔に覆われた舌(white strawberry tongue )がみられ、その後白苔が剥離して苺舌(red strawberry tongue )となる。[niid.go.jp] この場合、通常顔面には皮疹はなく、額と頬が紅潮し、の周りのみ蒼白にみえる(蒼白)と言われています。 治療 治療にはペニシリン系の抗菌薬やセフェム系抗菌薬の投与が推奨されており、投与期間はペニシリン系の場合は10日間、セフェム系の場合は5日間が推奨されています。[kansensho.jp]

  • 褐色細胞腫

    HOME 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) 褐色細胞腫(平成22年度) かっしょくさいぼうしゅ 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要 副腎髄質や傍神経節の腫瘍でカテコールアミンの過剰分泌を呈する疾患。 動悸、頭痛などの症状、高血圧、糖尿病をきたす。多くは良性腫瘍で手術による摘出で治癒するが、約10%は骨、肝などに転移する悪性褐色細胞腫である。治 療法は未確立で進行性に増悪する。初回の手術時の組織検査で良・悪性を診断するのが困難で、1年から30年後(平均5年)に局所再発、遠隔転移を生じ悪性 と判明する。悪性の早期診断法と有効な治療法の確立が必要な難治性疾患である。 2. 疫学[…][nanbyou.or.jp]

  • 咽頭炎

    顔面では通常このような皮疹は見られず、額と頬が紅潮し、の周りのみ蒼白にみえる(蒼白)ことが特徴的である (写真2) 。 また、舌の変化として、発症早期には白苔に覆われた舌(white strawberry tongue )がみられ、その後白苔が剥離して苺舌(red strawberry tongue )となる。[niid.go.jp] この場合、通常顔面には皮疹はなく、額と頬が紅潮し、の周りのみ蒼白にみえる(蒼白)と言われています。 治療 治療にはペニシリン系の抗菌薬やセフェム系抗菌薬の投与が推奨されており、投与期間はペニシリン系の場合は10日間、セフェム系の場合は5日間が推奨されています。[kansensho.jp] 猩紅熱での体幹部、顔面の発疹と蒼白 治療にはペニシリン系薬剤が第1選択薬であるが、アレルギーがある場合にはエリスロマイシンが適応となり、また第1世代のセフェムも使 用可能である。いずれの薬剤も少なくとも10日間は確実に投与することが必要である。[niid.go.jp]

  • 化膿レンサ球菌

    顔面では通常このような皮疹は見られず、額と頬が紅潮し、の周りのみ蒼白にみえる(蒼白)ことが特徴的である (写真2) 。 また、舌の変化として、発症早期には白苔に覆われた舌(white strawberry tongue )がみられ、その後白苔が剥離して苺舌(red strawberry tongue )となる。[niid.go.jp] 顔面では通常このような皮疹は見られず、額と頬が紅潮し、の周りのみ蒼白にみえる(蒼白)ことが特徴的。 また、舌の変化として、発症早期には白苔に覆われた舌(white strawberry tongue )がみられ、その後白苔が剥離して 苺舌 (red strawberry tongue )となる。[kunichika-naika.com] この場合、通常顔面には皮疹はなく、額と頬が紅潮し、の周りのみ蒼白にみえる(蒼白)と言われています。 治療 治療にはペニシリン系の抗菌薬やセフェム系抗菌薬の投与が推奨されており、投与期間はペニシリン系の場合は10日間、セフェム系の場合は5日間が推奨されています。[kansensho.jp]

  • レンサ球菌感染

    顔面では通常このような皮疹は見られず、額と頬が紅潮し、の周りのみ蒼白にみえる(蒼白)ことが特徴的である (写真2) 。 また、舌の変化として、発症早期には白苔に覆われた舌(white strawberry tongue )がみられ、その後白苔が剥離して苺舌(red strawberry tongue )となる。[niid.go.jp] この場合、通常顔面には皮疹はなく、額と頬が紅潮し、の周りのみ蒼白にみえる(蒼白)と言われています。 治療 治療にはペニシリン系の抗菌薬やセフェム系抗菌薬の投与が推奨されており、投与期間はペニシリン系の場合は10日間、セフェム系の場合は5日間が推奨されています。[kansensho.jp] 猩紅熱での体幹部、顔面の発疹と蒼白 治療にはペニシリン系薬剤が第1選択薬であるが、アレルギーがある場合にはエリスロマイシンが適応となり、また第1世代のセフェムも使 用可能である。いずれの薬剤も少なくとも10日間は確実に投与することが必要である。[niid.go.jp]

  • 鎖球菌感染後糸球体腎炎

    顔面では通常このような皮疹は見られず、額と頬が紅潮し、の周りのみ蒼白にみえる(蒼白)ことが特徴的である (写真2) 。 また、舌の変化として、発症早期には白苔に覆われた舌(white strawberry tongue )がみられ、その後白苔が剥離して苺舌(red strawberry tongue )となる。[niid.go.jp] 猩紅熱での体幹部、顔面の発疹と蒼白 治療にはペニシリン系薬剤が第1選択薬であるが、アレルギーがある場合にはエリスロマイシンが適応となり、また第1世代のセフェムも使 用可能である。いずれの薬剤も少なくとも10日間は確実に投与することが必要である。[niid.go.jp]

  • 落屑性紅皮症

    猩紅熱との違いはイチゴ舌や蒼白がないことである。合併症として 肺炎 や 気管支炎 、皮下出血、 血尿 ・ 蛋白尿 などを伴うこともあるが予後はウィルソン・ブロック紅皮症やヘブラ紅色粃糠疹に比べ良好で、通常生命への危険はない [21] 。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎レンサ球菌

    この場合、通常顔面には皮疹はなく、額と頬が紅潮し、の周りのみ蒼白にみえる(蒼白)と言われています。 治療 治療にはペニシリン系の抗菌薬やセフェム系抗菌薬の投与が推奨されており、投与期間はペニシリン系の場合は10日間、セフェム系の場合は5日間が推奨されています。[kansensho.jp]

さらなる症状