Create issue ticket

考えれる13県の原因 口唇ヘルペス

  • 性感染症

    「性器ヘルペス」はヘルペスウイルス(Ⅱ型)によって生じます。ヘルペスと言うと、唇やその周囲に水疱(すいほう)ができて痛がゆくなる「口唇ヘルペス」を経験した人がいると思いますが、それはヘルペスウイルス(Ⅰ型)が原因です。口唇ヘルペスは疲れているときや体調の悪い時に出やすいですよね。[asahi.com] 性器ヘルペスはオーラルセックスによっても感染し、口唇ヘルペスと同じく再発することもあります。 クラミジアもヘルペスも最近はオーラルセックスによる口腔(こうくう)・咽頭(いんとう)などへの感染が目立っています。口腔や咽頭粘膜は傷がつきやすいため、感染が容易なのです。[asahi.com]

  • 日焼け

    日焼け(ひやけ)とは、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす急性症状(サンバーン sunburn)と、メラニン色素が皮膚表面に沈着すること(サンタン sun tanning)である。 日焼けは、通常日光(稀に紫外線人工灯)の過剰照射の結果として発生し、照射された紫外線がメラニンの保護能力を超えている時に起こる。メラニンの成分量は個人差があるが、一般に、より浅黒い肌の人々は色白の人より多くのメラニンを持っており、これは浅黒い肌の人は日焼けがしにくいことを意味している。[…][ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    厚労省のインフルエンザ予防啓発に「うがい」なし 「根拠ない」 「うがい」が、インフルエンザの予防に明確な根拠がないと、厚生労働省は、予防対策のポスターから外している。 山形県では29日、インフルエンザ警報が発令された。 小学校では、手洗いなどの予防対策が徹底されている。 厚労省によると、1月14日から20日に報告された全国のインフルエンザの患者数は、11万人を突破した。 これから流行のピークを迎えるとみられている。 インフルエンザの予防法というと、「手洗い」、「うがい」、「マスク」。[…][web.archive.org]

  • 口唇ヘルペス
  • 肺炎球菌性肺炎
  • 細菌性肺炎

    細菌性肺炎 (さいきんせいはいえん)は細菌を原因とした肺の急性 炎症 ( 肺炎 )であり、そのほとんどは 肺胞性肺炎 である。 肺炎の死亡率はとくに高齢者で高く、75歳を過ぎると急激に増加する。加齢に伴う 唾液 分泌量の低下は口腔内の病原性細菌の増殖をまねき、病原細菌を含んだ口腔‐咽頭分泌物のくり返される誤嚥は肺の細菌処理能力をこえ、肺炎を引き起こす。よって、口腔ケアにより口腔内を清潔に保つことが重要である。また、人工呼吸器や経管栄養チューブをつけている高齢の入院患者などでは 胃液 の誤嚥による肺炎も問題となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 濾胞性リンパ腫

    グレード2-4までの感染症では、肺炎、帯状疱疹、口唇ヘルペスが各1人(2%)に発現した。 全対象のPFS中央値は18カ月、1年のPFSは79%となり、対象の多くを占めたFLの患者でも同様の結果だった。 同試験で示された有効性と安全性は、海外のフェーズ2試験(K.S. Robinson, et al.[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 細菌性髄膜炎

    細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん、英: Bacterial meningitis)は、細菌感染によって起こる中枢神経系の感染症。別名として、化膿性髄膜炎(かのうせいずいまくえん、英: Septic meningitis)とも呼ばれる。通常結核性髄膜炎はこの細菌性髄膜炎に含めない。 発熱の原因が中枢神経と疑われるとき、髄液検査を行い細胞数の増加があれば神経感染症と考える。神経感染症では感染部位によって名称、症状が異なる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多形性紅斑
  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状