Create issue ticket

考えれる43県の原因 反響動作

  • トゥレット症候群

    例えば、頭を頻繁に動かしたり、クルクル回ったり、みだらな動作をしたりすることがあります。 言語性 の場合は、コプロラリア(卑猥な言葉を繰り返す)、反響言語(他の人の言葉を繰り返す)、パリラリア(自分の言葉を繰り返す)特徴がある。 トゥレット症候群 はしばしば、 多動性障害(ADHD)、強迫性障害 を併発します。[direct-commu.com] 単純チックは上記に述べた単純な動きを示しますが、複雑運動チックは、体の後方にそらす、拍手、ジャンプ、四肢の屈伸、等、より複雑な日常動作を繰り返すような症状、複雑音声チックは、無意味な言語、反復言語、汚言(悪い言葉を繰り返す)、反響言語(おうむ返し)などがあります。[segawa-clinic.jp]

  • 緊張病

    :すなわち、他者の言葉を真似する (12)反響動作:すなわち、他者の動作を真似する 出典: 緊張病(カタトニア)の治療法 緊張病(カタトニア)は原疾患の如何にかかわらず、一定の治療法が有効とされています。[h-navi.jp] 反響言語:すなわち、他者の言葉をまねする。 反響動作:すなわち、他者の動作をまねする。 ※参考文献 『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院) 『ICD-10 精神および行動の障害 臨床記述と診断ガイドライン(新訂版)』(医学書院) 『カプラン 臨床精神医学テキスト』(メディカルサイエンスインターナショナル)[e-heartclinic.com] 病像として興奮と昏迷という相反する症状を含み,すなわち一方では反響言語・反響動作・命令自動・ 常同症 などを交じえる激しい多動状態,他方ではあらゆる自発運動の停止・強硬症( カタレプシー )・蠟屈症・ 拒絶症 などからなる無動状態が交互に,あるいは一方だけ反復して現れたりするが,経過は概して短く,数ヵ月以内に回復する。[kotobank.jp]

  • 緊張性尿失禁

    3.緊張病 緊張病は、興奮・昏迷を基本として、①カタレプシー(同じ姿勢を固持する)、②反響言語(相手の言葉をオウム返しする),反響動作(相手の動作を反復する)、常同症(同じ動作をつづける)、拒絶症(態度や行動で拒否を示す)、無言など、特徴的な症状を示す症候群です。[comhbo.net]

  • 緊張型統合失調症

    病像として興奮と昏迷という相反する症状を含み,すなわち一方では反響言語・反響動作・命令自動・ 常同症 などを交じえる激しい多動状態,他方ではあらゆる自発運動の停止・強硬症( カタレプシー )・蠟屈症・ 拒絶症 などからなる無動状態が交互に,あるいは一方だけ反復して現れたりするが,経過は概して短く,数ヵ月以内に回復する。[kotobank.jp] 常同 体を前後にゆするなど、同じ動作を繰り返します。 反響動作 目の前の相手と同じ動作をします。 これらの症状がすべて起こるというわけではありません。主には、非常に興奮した状態(緊張病性興奮)か、または極端に動きがなくなる昏迷の状態のどちらかの症状が多いようです。また、興奮が昏迷に変わったり、昏迷が興奮に変わったりすることもあります。[dr-maedaclinic.jp] または反響動作 鑑別不能型 (295.90) 基準Aを満たす症状が存在するが、妄想型、解体型、緊張型の基準は満たさない統合失調症の一病型 残遺型 (295.60) 以下の基準を満たす統合失調症の一病型: A.顕著な妄想、幻覚、解体した会話、ひどく解体したまたは緊張病性の行動の欠如 B.陰性症状の存在、または統合失調症の基準Aの症状が2つ以上[hp.vector.co.jp]

  • 統合失調感情障害

    または反響動作 下位項目の特定 該当すれば以下の項目を特定すること 1.[n-kokoro.com] 場所の誤認,思路の錯乱 エピソード後に健忘を残すことがある 多形性に現れる c)緊張病症状:以下の項目のうち少なくとも1つの症状がみられるもの 1)カタレプシーまたは昏迷として示される 無動症 2)過度の運動活動性 3)極度の拒絶症あるいは無言症 4)常同姿勢,常同運動,顕著な衒奇症,顕著なしかめ面などとして示される自発運動の奇妙さ 5)反響言語[n-kokoro.com]

  • 妄想

    3.緊張病 緊張病は、興奮・昏迷を基本として、①カタレプシー(同じ姿勢を固持する)、②反響言語(相手の言葉をオウム返しする),反響動作(相手の動作を反復する)、常同症(同じ動作をつづける)、拒絶症(態度や行動で拒否を示す)、無言など、特徴的な症状を示す症候群です。[comhbo.net]

  • 淡蒼球錐体症候群

    具体的には,思考緩慢(考えるスピードが遅い),実行機能障害(物事の手順が悪い),考え無精(考えようとしない),反響言語/行為(相手の言葉や動作を反射的に繰り返す),把握反射(手掌への刺激で手指が屈曲する),本能性把握反応(視覚・触覚的に刺激を与える対象物を掴もうと手が追いかける)とその発展形である病的な到達運動(目の前の物品や診察医の身体に[kkh.ne.jp] チック Gilles de la Touretteチック 顔面チック 全身性チック・反響語・精神症状 部分性、良性、習慣性 7. ミオクローヌス ミオクローヌスてんかん 動作時ミオクローヌス 口蓋ミオクローヌス*** Creutzfeldt-Jakob病 てんかん・小脳失調・痴呆 脳アノキシア後遺症・低血糖症 血管障害が多い。[ibaraisikai.or.jp]

  • 前脊髄動脈症候群

    チック Gilles de la Touretteチック 顔面チック 全身性チック・反響語・精神症状 部分性、良性、習慣性 7. ミオクローヌス ミオクローヌスてんかん 動作時ミオクローヌス 口蓋ミオクローヌス*** Creutzfeldt-Jakob病 てんかん・小脳失調・痴呆 脳アノキシア後遺症・低血糖症 血管障害が多い。[ibaraisikai.or.jp]

  • ガンザー症候群

    緊張病症候群:興奮と昏迷が現れる、カタレプシー、反響動作反響言語、拒絶症、常同症、衒奇症 記銘障害、記憶の保持の障害(デジャ・ビュー、未視感)、健忘(記銘・保持・再生の障害) 精神遅滞、認知症、ガンザー症候群 明識困難状態、昏蒙、嗜眠、昏迷、昏睡。[okumura-mental.com]

  • 器質性脳症候群

    3.緊張病 緊張病は、興奮・昏迷を基本として、①カタレプシー(同じ姿勢を固持する)、②反響言語(相手の言葉をオウム返しする),反響動作(相手の動作を反復する)、常同症(同じ動作をつづける)、拒絶症(態度や行動で拒否を示す)、無言など、特徴的な症状を示す症候群です。[comhbo.net]

さらなる症状