Create issue ticket

考えれる13県の原因 反応性気道疾患

  • 急性気管支炎

    急性気管支炎とは 急性気管支炎は気管粘膜の急性炎症です。原因はウイルスや細菌の感染などによります。多くの場合、かぜの症状の一つといえます。かぜと同時あるいは引き続いて起こります。また、刺激性のガスの吸引によっても起こります。 なお、肺気腫や肺繊維症のある人は重症化することが多いので、早めに受診しましょう。放置すると悪化するおそれがあります。 解説の続きを読む チェックシート 質問に対する回答を選んで、「選択完了」ボタンをクリックしてください。 [ご利用上の注意] 「症状チェック」[…][medical.itp.ne.jp]

  • 特発性器質化肺炎

    特発性器質化肺炎の予後、再発について教えてください いとこ(40歳、男性)が、二ヶ月ほど前から、風邪の症状が続き、三週間ほど前に、動くと息苦しくなりました。病院で検査してもらった所、特発性器質化肺炎と診断されました。 いとこは、他にも、潰瘍性大腸炎で、数年前から、薬を服用してます。 今は、入院中で、潰瘍性大腸炎の薬とめて、ステロイドの服用でゆっくりですが、改善してきてます。(薬も調べてもらったのですが、-反応だったそうです) ネットで調べた所、特発性間質肺炎は難病ということで、予後があまりよくないということですが、この特発性器質化肺炎も予後は良くないのでしょうか?[…][qa.itmedia.co.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    に罹患すると,その後反復喘鳴や反応気道疾患,肺機能の異常などの合併症を発症することがある.RSV感染が直接の原因ではなく,アレルギー素因をもった乳幼児がRSVに感染したために,このような合併症を発症しやすくなると考えられている.[kotobank.jp] 病態生理 潜伏期間は2 8日間,通常4 6日間である.母体からの移行抗体はRSV感染を十分に予防できないが,高い血中中和抗体を有していると重症化予防効果が認められている.RSVはまず鼻粘膜に感染して上気道炎症状が出現する.その後感染性分泌物を下気道に吸引し,細気管支炎の症状が出現する.初感染では20 30%の児が下気道炎を発症する.RSV細気管支炎[kotobank.jp]

  • アスピリン喘息

    気管支喘息 bronchial asthma 1999.11.10 松澤 定 義 気管、気管支が種々の刺激に対し反応が亢進している状態で、自然にあるいは治療によりその強さが変化する広汎な気道閉塞によって症状を現す疾患である。気管支炎、肺胞壁の破壊を起こす肺気腫、心不全を起こす心血管系疾患などに由来する気道閉塞を除く。[shinshu-u.ac.jp]

  • 反応性気道疾患

    ひとたび感作された労働者は,初回反応時のアレルゲン濃度よりはるかに低い濃度にも常に反応する。 職場での吸入曝露により生じるいくつかの他の気道疾患は,職業喘息および職業により悪化した喘息と鑑別できることもある。[msdmanuals.com] 気道可逆検査 気道平滑筋のβ刺激薬への反応を調べることができ、喘息とCOPDと類似した疾患との鑑別が可能となります。 気道過敏性検査 気道の外部からの刺激に対する敏感度を調べることで喘息のコントロール状況を調べることができます。[tch.toyama.toyama.jp] 症状以外で重要な検査所見として、気道可逆性試験による可逆性気流制限の有無の確認、気道過敏性試験による気道収縮反応の亢進の確認、呼気中一酸化窒素(NO)濃度測定などによる好酸球気道炎症の確認、さらに症状が他の心肺疾患によらないことを確認することで、喘息の診断を行っていきます。[hospital.japanpost.jp]

  • 気管支喘息発作重積状態

    気管支喘息 bronchial asthma 1999.11.10 松澤 定 義 気管、気管支が種々の刺激に対し反応が亢進している状態で、自然にあるいは治療によりその強さが変化する広汎な気道閉塞によって症状を現す疾患である。気管支炎、肺胞壁の破壊を起こす肺気腫、心不全を起こす心血管系疾患などに由来する気道閉塞を除く。[shinshu-u.ac.jp]

  • CAID症候群

    気管支喘息はアレルギーが主因で、好中球、マスト細胞、CD4陽性リンパ球などの多彩な細胞群が関与した中枢から末梢までの気道炎症によって特徴づけられ、ステロイド薬への反応も良好です。 COPDは大部分が喫煙を契機とする疾患で、好中球、マクロファージが炎症の中心であり、ステロイド薬への反応性は認めません。[satojuichi-cl.com]

  • 大気汚染

    大気汚染(たいき おせん)とは、大気中の微粒子や有害な気体成分が増加して、人の健康や環境に悪影響をもたらすこと。人間の経済的・社会的な活動が主な原因である。自然に発生する火山噴火や砂嵐、山火事なども原因となるが、自然由来のものは大気汚染に含めない場合がある。 国際エネルギー機関(IEA)によると、2016年時点で年間650万人が大気汚染により死亡している。特に都市部を中心に汚染が悪化しており、経済協力開発機構(OECD)は2012年、「2050年には大気汚染による死者が水質汚染による死者を上回って環境悪化による死者の最大の要因になるだろう」と予測している。[…][ja.wikipedia.org]

  • 気道閉塞

    喘息、慢性閉塞疾患(COPD)、一部の重症なアレルギー反応などにより、気道が広範囲にわたって狭くなっていることもあれば、腫瘍または気道に詰まった異物などにより、気道の一部のみが狭くなっていることもあります。[msdmanuals.com]

  • 外因性アレルギー性肺胞炎

    一方 、新ガイドラインである 2006年の GOLD によれば、予防と治療が可能で、有害な粒子やガスを吸入することで気道や肺に異常な炎症反応が生じ、可逆的ではない気流閉塞が進行にみられる疾患と定義づけられている。 病変部位による病態 *中枢気道 :気管支に炎症細胞の浸潤、粘液分泌線の肥大と杯細胞の増加が認められる。[nurseful.jp]

さらなる症状