Create issue ticket

考えれる157県の原因 反復行動

  • 自閉性障害

    広汎性発達障害には「3つ組の障害」と呼ばれる「社会性の障害」、「コミュニケーションの障害」、「限定的な行動・興味・反復行動」の3つの領域が存在していました。[h-navi.jp] 限定した興味と反復行動 「こだわり」「想像力の障害」とも表現されます。同じことが反復されて起こることを好み、常同的で反復的な言葉を発し続けたり、同じ動作を繰り返したりします。自分の興味範囲が狭く、特定の物やことに強い関心を示し、その反復行動や情報収集を続けることで、高い能力を発揮することもあります。[hosp.u-fukui.ac.jp] 『DSM』第5版は、まずこの自閉症スペクトラム障害の総合的な診断のために、さまざまな指標を提供して(社会性障害、コミュニケーション障害の重さ、言語能力、反復行動の存在とその類型、知的障害、関連する病気など)、そのあとで非常に詳細な病状を定義している。[wired.jp]

  • 緊張性尿失禁

    3.緊張病 緊張病は、興奮・昏迷を基本として、①カタレプシー(同じ姿勢を固持する)、②反響言語(相手の言葉をオウム返しする),反響動作(相手の動作を反復する)、常同症(同じ動作をつづける)、拒絶症(態度や行動で拒否を示す)、無言など、特徴的な症状を示す症候群です。[comhbo.net]

  • 強迫性障害

    広汎性発達障害 においても、限局的対象、ないし習慣、儀式への極端な執着や、常同的、反復行動が認められる。しかしこれらは自らの興味や行動様式への頑なこだわりによるもので通常不安を伴わず、コミュニケーション障害なども見られる。[bsd.neuroinf.jp] 反復的または侵入的な思考やイメージ、繰り返し行動は、他の精神障害でもしばしば見られるが、内容がその障害の特異的病理に限定的な場合、OCDとは診断されない(体重やカロリーへの執着( 摂食障害 )、恐怖する対象や状況へのとらわれ( 恐怖症 )など)。[bsd.neuroinf.jp]

  • 急性アンフェタミン中毒

    [TOPへ] [覚せい剤の急性・慢性中毒] 覚せい剤の急性中毒は、高揚した気分で始まり、続いて、多幸感、過活動性、過剰な社交性、落ち着きのない言動、過覚醒と不眠、多弁、不安、緊張、警戒心、誇大性、対人関係へのこだわり、常同的で反復的な行動(一見したところ、無目的に見える単純な動作の繰り返し)、情緒不安定、判断力低下、衝動性、怒り、暴力行為などが[www2.wind.ne.jp] ラットにメタンフェタミンを反復投与すると常同行動の発現潜時が短縮し、急性単回投与で起こる量よりも少ない量で常同行動が起こるようになることが知られており、この過敏反応性は行動感作(逆耐性現象)と呼ばれている。DATヘテロ欠損マウスでは、逆耐性現象の発展が抑制され形成も遅延した。[bsd.neuroinf.jp]

  • 神経症性障害

    強迫性障害は、神経症圏の一亜型であり 1.強迫観念(自らの意思に反して侵襲性に反復する考え、イメ-ジ、衝動) 2.強迫行為(已むに已まれぬ強い衝動によって行われる特定の目的を持った反復性の行動)のいずれか、または両方があることが表徴です。[ota-mentalibus-clinic.com]

  • 外傷性脳損傷

    :短期記憶と長期記憶の欠落、思考速度の緩慢、注意や集中を維持することの困難、知覚の障害、意思疎通の障害、読み書きの能力の障害、論理的思考の障害、問題解決力の障害、計画性の障害、反復行動の障害、判断力の障害。 2.身体の障害として次のものを含みます。[e-net.or.jp]

  • 気分変調性障害

    思春期では反社会的行動として表現される場合がある。自殺には常に注意し,自殺願望が強い場合は入院をためらうべきではない。治療は十分な休養と抗うつ薬を主体とする薬物療法が主体になる。治療初期には抗うつ薬により自殺念慮が高まる場合があるため十分に注意しながら使用する。[www8.cao.go.jp] イ 気分障害(American Academy of Child & Adolescent Psychiatry,1997) (ア)大うつ病性障害(うつ病) 基本的特徴は,抑うつ気分(あるいはイライラ感)と興味・喜びの低下,体重減少(あるいは増加),睡眠障害,落ち着きのなさ,疲れやすさ,気力の減退,罪責感,集中力の減退,死についての反復思考[www8.cao.go.jp]

  • パーソナリティ障害

    に対する認知行動療法を行います。[daigo-hp.or.jp] 第2金曜日 15:00 対象年齢 7歳 17歳 診察日 火・金曜日 受付時間 初診の方 8:45 11:45 再診の方 13:45 15:30 専門外来(重症神経症)診察【完全予約制】 重症神経症外来では、精神医療の中で治療困難と言われている、境界性パーソナリティ障害、解離性障害(解離性同一性障害、転換性障害)、慢性持続性または反復性離人症[daigo-hp.or.jp]

  • 不安障害

    強迫行動は手洗い(不潔強迫、潔癖症)、カギの確認(確認強迫)、ある言葉を繰り返す、順番を並べるなどの過剰な反復行為です。 生涯有病率は2%前後で、男女比では、若干女性が多いとされています。ただ、児童・青年期では男性に多い傾向があります。[hs-cl.com]

  • 混合性不安抑うつ状態

    思春期では反社会的行動として表現される場合がある。自殺には常に注意し,自殺願望が強い場合は入院をためらうべきではない。治療は十分な休養と抗うつ薬を主体とする薬物療法が主体になる。治療初期には抗うつ薬により自殺念慮が高まる場合があるため十分に注意しながら使用する。[www8.cao.go.jp] イ 気分障害(American Academy of Child & Adolescent Psychiatry,1997) (ア)大うつ病性障害(うつ病) 基本的特徴は,抑うつ気分(あるいはイライラ感)と興味・喜びの低下,体重減少(あるいは増加),睡眠障害,落ち着きのなさ,疲れやすさ,気力の減退,罪責感,集中力の減退,死についての反復思考[www8.cao.go.jp]

さらなる症状