Create issue ticket

考えれる32県の原因 反復症

  • 尿路感染症

    複雑性尿路感染の場合、再発予防のため、急性期を過ぎた後も少量の抗菌薬を予防内服することもある。 上部尿路感染反復している場合、腎に瘢痕を残すことによって腎機能の低下を招くことが懸念される。[ja.wikipedia.org] 尿路感染症のうち、解剖学的あるいは機能的な尿路の異常(先天性・後天性は問わない)を伴うものを複雑性尿路感染と呼ぶ。複雑性尿路感染は単純性と比べ、反復しやすい、上部尿路感染が多い、起炎菌が抗菌薬に耐性となりやすいといった特徴があり、治療・管理上の問題点となる。 尿路の異常の例として、以下のようなものがある。[ja.wikipedia.org] 急性期には、上部尿路感染の鑑別に役立ち(上部尿路感染では、取り込みの欠損像が見られる)、回復期には、VURや反復性感染による腎の瘢痕を検索するのに役立つ。 レノグラム 静脈内に微量の放射性同位体を注射し、尿への同位体の排泄を経時的に観察する。左右それぞれの腎機能、尿流を見ることができ、糸球体濾過率 (GFR) なども測定できる。[ja.wikipedia.org]

  • 急性膀胱炎

    複雑性尿路感染の場合、再発予防のため、急性期を過ぎた後も少量の抗菌薬を予防内服することもある。 上部尿路感染反復している場合、腎に瘢痕を残すことによって腎機能の低下を招くことが懸念される。[ja.wikipedia.org] 尿路感染症のうち、解剖学的あるいは機能的な尿路の異常(先天性・後天性は問わない)を伴うものを複雑性尿路感染と呼ぶ。複雑性尿路感染は単純性と比べ、反復しやすい、上部尿路感染が多い、起炎菌が抗菌薬に耐性となりやすいといった特徴があり、治療・管理上の問題点となる。 尿路の異常の例として、以下のようなものがある。[ja.wikipedia.org] 急性期には、上部尿路感染の鑑別に役立ち(上部尿路感染では、取り込みの欠損像が見られる)、回復期には、VURや反復性感染による腎の瘢痕を検索するのに役立つ。 レノグラム 静脈内に微量の放射性同位体を注射し、尿への同位体の排泄を経時的に観察する。左右それぞれの腎機能、尿流を見ることができ、糸球体濾過率 (GFR) なども測定できる。[ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    東京工科大学は10月10日、中東では健康食として知られる「ニゲラサチバ」の種子油に含まれる「チモキノン」が、アルツハイマー病の原因であるアミロイドβの神経細胞毒性を保護する作用があることを発見したことを発表した。 同成果は、同大応用生物学部の鈴木郁郎助教らによるもの。詳細は、「第8回ヨーロッパ神経科学会」、「第35回日本神経科学会大会」および「日本薬学会第133年会」などで紹介されたほか、科学雑誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載された。[…][news.mynavi.jp]

  • 過眠症

    患者数は少なく、ナルコレプシーは600人に1人、特発性過眠は10万人に2-5人、クライン・レビン症候群( 周期性傾眠反復性過眠)は全世界に1000人ー2000人と言われています。[kaminshou.net] 過眠を伴う主な睡眠障害にナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、反復性過眠(周期性傾眠症)、むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害などがあげられる。 アメリカ国立神経疾患脳卒中研究所(NINDS)のWebサイトによると、 以下のように記述されている。 過眠症は日中の過度の眠気、または長時間の夜間睡眠が繰り返されることによって特徴付けられる。[ja.wikipedia.org] 過眠はナルコレプシー、特発性過眠、クライン・レビン症候群(周期性傾眠反復性過眠)など、周期的にのみ起こるものを含む異常な長時間睡眠、又は長時間睡眠は伴わないが、毎日のように起こる異常な昼間の眠気等を主症状とする睡眠障害疾患の総称です。[kaminshou.net]

  • 抗第VIII因子抗体NMDA受容体脳炎

    【夏の甲子園】3年連続の高岡商 vs 4年ぶり石見智翠館 第1日第3試合 連載をフォロー 抗NMDA受容体脳炎 会員限定有料記事 毎日新聞 2016年12月7日 12時00分 (最終更新 5月9日 10時35分) 社会 速報 「悪魔払いされていた病」(1)[…][mainichi.jp]

  • 子宮外妊娠

    全妊娠の1%に認められ、反復を20%に認められる。妊娠可能年齢の女性の急性腹では常に鑑別にいれておかなければならない疾患のひとつである。問診では妊娠の可能性はないという患者でも検査をしてみれば、子宮外妊娠であるということはよくあり、聞き方・検査の同意の取り方の重要性を考えさせられる疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • 前庭神経炎

    前庭神経炎は突発性耳性めまいの中でも後迷路に病態をもつと推定されるものである。回転性めまいの強い発作は1回であり、反復しない。また、聞こえの症状は伴わない。 めまいは突発的に発症し、強い回転性めまい感が数時間から数日続く。その時、蝸牛症状(耳鳴、難聴、耳閉感、等)を伴わないのが特徴である(メニエール病との鑑別点)。[ja.wikipedia.org]

  • 卵管妊娠

    全妊娠の1%に認められ、反復を20%に認められる。妊娠可能年齢の女性の急性腹では常に鑑別にいれておかなければならない疾患のひとつである。問診では妊娠の可能性はないという患者でも検査をしてみれば、子宮外妊娠であるということはよくあり、聞き方・検査の同意の取り方の重要性を考えさせられる疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • ミオパチー

    カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ(CPT)欠損CRTはアシルカルニチンがミトコンドリア内膜を通過する際に必要な酵素である。長時間の運動、寒冷、飢餓によって誘発される反復性の筋痛、筋力低下、ミオグロビン尿や横紋筋融解が特徴的である。生検筋のCPT酵素活性で診断できる。[ja.wikipedia.org] 臨床症状では乳児型では筋トーヌスの低下、肝腫大、心肥大、脳症がみられ遅発型では進行性の筋力低下を伴うものと反復性の横紋筋融解を伴うものがあり、前者では病理学的に筋線維内に多数の脂肪滴を認めるが後者ではほとんどみられず、診断には生化学、遺伝子診断が有用である。[ja.wikipedia.org]

  • 亜鉛欠乏症

    さらに,脱毛,爪囲炎,免疫障害,反復性感染,成長障害,および下痢を引き起こす。症状および徴候は通常,乳児が離乳した後に出現する。そのような場合,医師は本症を疑う。診断が正しければ,硫酸亜鉛30 150mg/日の経口投与により,通常は完全寛解に至る。 亜鉛中毒 推奨されている亜鉛摂取の上限量は40mg/日である。中毒はまれである。[msdmanuals.com]

さらなる症状

類似した症状