Create issue ticket

考えれる5県の原因 反復拮抗運動不全

  • 多発性硬化症

    多発性硬化症(たはつせいこうかしょう、英: multiple sclerosis; MS)とは中枢性脱髄疾患の一つで、神経のミエリン鞘が破壊され脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、多様な神経症状が再発と寛解を繰り返す疾患で、日本では特定疾患に認定されている指定難病である。 病名は、神経を包む組織(ミエリン鞘)が破壊されて生じる硬化が多数の領域で発生することに由来している。[…][ja.wikipedia.org]

  • ハンチントン病

    英:Huntington’s disease、英略語:HD 独:Huntington-Krankheit 仏:maladie de Huntington ハンチントン病は、四肢末端に始まりやがて全身に及ぶ 舞踏運動 (chorea)を中心とする 不随意運動 、 易怒性 や 易刺激性 などの 性格 変化、 注意力 や 記銘力 低下などの 認知機能 障害、 幻覚 ・ 妄想 などの精神障害を古典的主症状とする 常染色体優性遺伝形 式の進行性の神経変性疾患である。病因遺伝子は4番染色体短腕4p16.3のIT15(interesting transcript 15)領域に位置する ハンチンチン[…][bsd.neuroinf.jp]

  • フリートライヒ運動失調症

    フリードライヒ運動失調症 / Friedreich's Ataxia フリードライヒ運動失調症は、徐々に神経系を冒す遺伝性疾患で、筋肉の衰弱や言語障害や心臓疾患を引き起こします。最初の症状は、通常、歩行失調です。運動失調症患者の多くは、やがて車椅子の生活を強いられます。[…][christopherreeve.org]

  • 延髄外側症候群

    延髄外側症候群 (えんずいがいそくしょうこうぐん、 英: Lateral medullary syndrome)は、 脳幹 障害のうちの一つで、 延髄 外側の梗塞によって生じる症候群。通称 ワレンベルク症候群 ( 独: Wallenberg-Syndrome)。 病態 [ 編集 ] 延髄 外側が障害されることによって下記の一連の症状を表す。 主に 椎骨動脈 ないし椎骨動脈の枝である 後下小脳動脈 の閉塞によると考えられている。 症状 [ 編集 ] 病変の広がりによって様々な症状を来す。ここでは代表的な症状について述べる。 障害側と 同側 に 嘔吐 、 悪心 幻暈 ( めまい )、 眼振[…][ja.wikipedia.org]

  • 反復拮抗運動不全

    左の腕及び脚のわずかな拮抗運動反復不全及び測定障害もあり、そしてわずかに歩行失調及び痙縮があった。Kurzke拡大身体障害状態スケール(EDSS)における患者のスコアは3.0であった(0〜10の範囲に及ぶスケールで、より高いスコアはより高い身体障害を示す)。[biosciencedbc.jp] 試験時に(24.11.09)、彼女は覚醒しており、時間に対して見当識が保たれておらず、場所及び状況に対しては部分的に見当識が保たれ、そして右側の半盲、構音障害、全失語症、右腕の痙縮を示し、筋力は協力がなかったために試験できず、右腕の衰弱、測定異常及び右腕の緩徐拮抗運動反復不全(bradydisdiadochokinesis)を示した。[biosciencedbc.jp] 臨床的検査は、右側の半盲、不完全な右側INOP、軽度の構音障害、過剰(exaggerated)BSR及びTSR、過剰PSR、陽性両側バビンスキー徴候、左臀部屈曲はM4/5であり、右腕回内、両脚の軽度の衰弱(sinking)、両側で片足跳び1〜5回、軽度の横側の痙縮(paraspasticity)、軽度の測定障害及び四肢全ての反復拮抗運動不全[biosciencedbc.jp]

さらなる症状