Create issue ticket

考えれる22県の原因 反復性肺炎, 正球性正色素性貧血

  • 慢性腎不全

    病態 腎臓は赤血球を作るホルモンである エリスロポエチン を作っているので、慢性腎不全ではエリスロポエチンが不足して色素貧血になる。 高リン酸血症 : 糸球体濾過量の低下による。[ja.wikipedia.org] 貧血 エリスロポエチン の産生低下による色素貧血を来たす。 肺水腫 水分の排泄障害から体液の増加を来たし、循環血漿量の増加からうっ血性心不全を来たし、心不全から肺水腫に至る。心障害から至る肺障害を心性肺と言う。 中枢症状 尿毒素による神経障害から、意識障害、頭痛、等を来たす。[ja.wikipedia.org] 臨床像 [ 編集 ] 第1期(腎予備能減少期)から見られるもの 第2期(代償性腎不全期)から見られるもの 第3期(腎不全期、非代償期)から見られるもの 腎性貧血 腎性貧血 は、腎不全が原因で起こる 貧血[ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org] 末梢血液検査では, 色素貧血 ,赤血球の連銭形成(rouleaux formation),軽度の白血球減少,血小板減少を認めることが多い.形質細胞白血病では,末梢血中に形質細胞を多数認める.骨髄穿刺検査では,CD138 で形態学的に異型性のある形質細胞を認める(図14-10-25).CD38とCD19との発現を検索すると,単クローン[kotobank.jp]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • ホジキン病

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 ホジキン病 ホジキンびょう Hodgkin's disease 腫瘍, 悪性リンパ腫 の一種。臨床的には, 弛張熱 , 好酸球 増加,全身 リンパ節 の 腫大 などがみられる。特に頸部, 縦隔 ,腹腔,鼠径部の無痛性のリンパ節に初発することが多い。その他の症状としては,炎症と免疫不全がみられる。また,皮膚病変を伴わない皮膚のかゆみ,アルコール飲酒後のリンパ節の痛み,食欲不振などの症状もある。 脾臓 ,肝臓,骨髄も侵される。脾臓では小結節状の病巣が多数みられることが多く,これは 斑岩 脾と呼ばれている。組織学的には,単核および多核の 腫瘍 細胞,[…][kotobank.jp]

  • 小児慢性肉芽腫症

    重症度は様々だが、IgG2欠損症では インフルエンザ菌 や 肺炎球菌 に対して易感染を示すため、中耳炎や肺炎反復、 細菌髄膜炎 の罹患などを呈する。 明確に定義された免疫不全症 [ 編集 ] ディジョージ症候群 胸腺低形成による細胞性免疫能の低下であり、真菌、ウイルスなどの反復性感染をおこす。[ja.wikipedia.org] などを反復し, 抗生物質投与にもかかわらず難治である.細菌感染症(ブドウ球菌,大腸菌,肺炎桿菌など), 真菌感染症(アスペルギルスなど)が多い.[pidj.rcai.riken.jp] 抗体産生不全症 [ 編集 ] 免疫グロブリン の低値を示す疾患で、抗体産生の異常により易感染を示す。化膿細菌への易感染が著しく、中耳炎や肺炎、膿痂疹などを反復する。一方で、ウイルス感染には比較的強い。 明確に定義された免疫不全症 [ 編集 ] 特徴的な症状・検査所見および発症機序などから、明確に定義された症候群。[ja.wikipedia.org]

  • 鎌状赤血球症

    […] μl TP 7.9 g/dl RBC 406 x10 4 /μl Alb 4.5 g/dl Hb 11.2 g/dl AST 35 IU/l Ht 33.8 % ALT 17 IU/l Plt 22.6 x10 4 /μl LDH 406 IU/l T-Bil 2.0 mg/dl Cr 0.57 mg/dl CRP 1.42 mg/ml 色素貧血[trc-rad.jp]

  • 重度の再生不良性貧血

    血算 色素貧血 : 作られる赤血球は正常な赤血球のため、(または大色素貧血を示す。 PNH血球検査 [2] 生化学検査 [ 編集 ] 血清生化学検査 血清鉄 、血中 エリスロポエチン 値、 顆粒コロニー刺激因子 (G-CSF) などの上昇が見られる。[ja.wikipedia.org] 白血球では、リンパ球は保存されて減少の程度が軽いため、比率でみると顆粒 (かりゅう) が減少して、リンパが増している。これをリンパ比較的増加という。貧血色素貧血で、ときに経過の途中で軽い高色素性を示す例がある。出血傾向はもっぱら血小板の減少によるもので、出血時間は延長するが、凝血時間は正常である。[kotobank.jp] 検査成績 1)末梢血所見: 赤血球,白血球,血小板のすべてが減少する.ただし,慢性型の病初期には,貧血と血小板減少のみしかみられないこともある.貧血色素性または大球性を示し,網赤血球の増加を伴わない.白血球の減少は顆粒球減少が主体である. 2)骨髄穿刺所見: 有核細胞数の減少,特に幼若顆粒球・赤芽球・巨核球の著しい減少がみられる.[kotobank.jp]

  • 先天性無ガンマグロブリン血症

    乳児偽白血病 白赤芽症 脾貧血 D648 その他の明示された貧血 思春期貧血 血色素貧血 貧血 色素貧血 貧血 本態貧血 老人貧血 色素貧血 D649 貧血, 詳細不明 劇症紫斑病 後天性無フィブリノゲン血症 消費性凝固障害 線維素溶解性紫斑病 線溶亢進 続発性線維素溶解性障害 播種性血管内凝固 D65[kegg.jp] 重症度は様々だが、IgG2欠損症では インフルエンザ菌 や 肺炎球菌 に対して易感染を示すため、中耳炎や肺炎反復、 細菌髄膜炎 の罹患などを呈する。 明確に定義された免疫不全症 [ 編集 ] ディジョージ症候群 胸腺低形成による細胞性免疫能の低下であり、真菌、ウイルスなどの反復性感染をおこす。[ja.wikipedia.org] 結果として,男子乳児の扁桃は非常に小さく,リンパ節が発達しない;莢膜を有する細菌(例,肺炎レンサ球菌 ,インフルエンザ菌 )による肺,副鼻腔,および皮膚における反復の化膿性感染症を呈する。[msdmanuals.com]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    乳児偽白血病 白赤芽症 脾貧血 D648 その他の明示された貧血 思春期貧血 血色素貧血 貧血 色素貧血 貧血 本態貧血 老人貧血 色素貧血 D649 貧血, 詳細不明 劇症紫斑病 後天性無フィブリノゲン血症 消費性凝固障害 線維素溶解性紫斑病 線溶亢進 続発性線維素溶解性障害 播種性血管内凝固 D65[kegg.jp] 重症度は様々だが、IgG2欠損症では インフルエンザ菌 や 肺炎球菌 に対して易感染を示すため、中耳炎や肺炎反復、 細菌髄膜炎 の罹患などを呈する。 明確に定義された免疫不全症 [ 編集 ] ディジョージ症候群 胸腺低形成による細胞性免疫能の低下であり、真菌、ウイルスなどの反復性感染をおこす。[ja.wikipedia.org] 結果として,男子乳児の扁桃は非常に小さく,リンパ節が発達しない;莢膜を有する細菌(例,肺炎レンサ球菌 ,インフルエンザ菌 )による肺,副鼻腔,および皮膚における反復の化膿性感染症を呈する。[msdmanuals.com]

  • IgE型骨髄腫

    末梢血液検査では, 色素貧血 ,赤血球の連銭形成(rouleaux formation),軽度の白血球減少,血小板減少を認めることが多い.形質細胞白血病では,末梢血中に形質細胞を多数認める.骨髄穿刺検査では,CD138 で形態学的に異型性のある形質細胞を認める(図14-10-25).CD38とCD19との発現を検索すると,単クローン[kotobank.jp] (2) 肺炎、髄膜炎、敗血症など重症感染症の反復罹患 (3) ニューモシスチス、カンジダ、サイトメガロウイルスなどの日和見感染 診断基準 (1) 原発免疫不全症候群に含まれる疾患(国際免疫学会の分類に準ずる。)[nanbyou.or.jp] 貧血 [ 編集 ] 骨髄腫で認められる 貧血 は一般的には色素貧血である。 骨髄 における腫瘍細胞の浸潤と サイトカイン 産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 神経症状 [ 編集 ] よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状