Create issue ticket

考えれる224県の原因 反復性肺炎

  • 胃食道逆流症

    例えば、咽喉頭異常感などの耳鼻科的疾患だけでなく、 慢性の咳嗽、喘息や反復肺炎といった呼吸器疾患の一部にも関与している場合があります。[nshp-muroran.or.jp]

  • 食道炎

    食道炎(びらん・食道潰瘍) 食道炎は食道の粘膜が炎症を起こし、肉眼的にびらんや潰瘍が見られるものをいいます。びらんとは粘膜表面が欠損を起こすもので、内視鏡で見ると、中心が白い苔(こけ)のようになり、その周りの粘膜が赤くなっています。ときには、出血を起こすこともあります。一方、潰瘍は粘膜の欠損が下の層に進んで、陥没した状態です。 食道炎で最も多いのは 逆流性食道炎[…][onaka-kenko.com]

  • 慢性アルコール依存症

    概要 アルコールは古代より親しまれている嗜好品で我々の生活を豊かにしてくれますが、一方で過剰な飲酒を長期に渡って続けると様々な臓器に障害を来たし、その中でも肝障害は高頻度でしばしば重篤となります。世界では過剰な飲酒によってアルコール性肝障害(脂肪肝、肝炎、肝硬変)となり、さらに肝細胞がんや肝不全となり毎年300万人以上が、国内においても毎年4万人以上が亡くなっています。 症状・診断[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • アルツハイマー病

    アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)とは、脳が萎縮していく病気である。アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Major Neurocognitive Disorder Due to Alzheimer's Disease)はその症状であり、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。「認知症」の部分は訳語において変化はないが、原語がDSM-IVでは Dementia であり、DSM-5では Major[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 無気肺

    無気肺(むきはい、英: atelectasis)は、気管支異物、腫瘍による閉塞、肺や主気管支などの呼吸器外科手術に伴う合併症として発症する呼吸器疾患。 気管支の内部に外科的処置による出血により進入した血液や、気管・気管支内にある線毛が機能しないことにより貯留した痰、誤嚥した異物、気道を閉塞する腫瘍などが原因となり、それよりも末梢の肺に空気が入っていないため、肺の一部が虚脱した状態にある。 放置しておくと肺炎なども引き起こすため、早期の治療が必要となってくる。痰による場合、強い咳嗽によって排痰などを促していくようにするが、排出できない場合には吸引を行い強制的に排出する。[…][ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    発表日:2016年12月14日 うっ血性心不全患者で摂食嚥下障害併存を予測する -認知機能と栄養状態検査で摂食嚥下障害の早期発見へ- 【研究概要】 東北大学大学院医学系研究科内部障害学分野の大学院生横田 純一(よこたじゅんいち)、小川 佳子(おがわ よしこ)元助教(現 帝京大学)、上月 正博(こうづき まさひろ)教授らのグループは、認知機能障害と低栄養状態が、入院時のうっ血性心不全急性増悪患者における摂食嚥下障害(注1)併存の予測因子であることを科学的に実証しました。[…][nikkei.com]

  • 慢性腎不全

    Home CKD(慢性腎臓病) 東葛クリニック病院 慢性腎不全に取り組んで45年 東葛クリニック病院は1973年の開業以来、慢性腎不全( CKD)をはじめとする腎臓病とその周辺領域、特に透析医療については、本院と7つの関連透析施設を擁して数多くの成果を挙げてきております。 その最大の特徴は、透析医療に至る前に、疾病の予防、早期発見と早期治療に全力を挙げて取り組み、それでも腎機能の低下が見られた場合には、腎機能維持のために専門スタッフがチームの総力を挙げて治療に取り組む、一貫した医療体制にあります。[…][tokatsu-clinic.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 非吸収性肺炎

    特殊な病態・病歴から推測 疫学 推定原因菌 インフルエンザ流行時 肺炎球菌、インフルエンザ菌 黄色ブドウ球菌、化膿連鎖球菌 慢性呼吸器疾患 反復感染、喫煙 肺炎球菌、インフルエンザ菌 モラクセラ、緑膿菌、レジオネラ 脳血管障害、誤嚥 口腔病変、閉塞病変 嫌気性菌 糖尿病 肺炎球菌、グラム陰性桿菌 (クラブシェラほか) 温泉旅行、循環式風呂[ok-tsurumi.com]

さらなる症状