Create issue ticket

考えれる739県の原因 反射異常

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨折

    骨折(こっせつ、英語: fracture)とは、直達外力や介達外力により骨が変形、破壊を起こす外傷であり、構造の連続性が絶たれた状態のことである。 骨折は全ての骨に起こり得る。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊される。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在する。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨、肋骨、指骨、鼻骨、尾骨、橈骨、尺骨、脛骨、腓骨等が挙げられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳血栓症

    症候 [ 編集 ] 意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 失行 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経眼科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常[ja.wikipedia.org] 身体所見(神経学的所見) [ 編集 ] 上記の巣症状のほか、上位中枢の障害を示唆する 錐体路徴候 ( 腱反射 の亢進、 バビンスキー反射 の出現)や 眼球運動 異常などから梗塞部位が推測できる。神経学的所見から脳梗塞(脳卒中)の客観的な重症度を記載する方法として、いくつかのスケールが提唱されている。[ja.wikipedia.org]

  • 片頭痛

    症候 [ 編集 ] 意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 失行 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経眼科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常[ja.wikipedia.org]

  • 一過性脳虚血発作

    一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、Transient ischemic attacks:TIA) (以下TIAと略す) とは、脳血管疾患の一つであり、脳の循環障害により起こる一過性の神経症状を指す。 24時間以内に一旦完全に消失する特徴を持ち、また繰り返し起こることで脳梗塞を併発する恐れがあるので、脳梗塞の危険信号と考えられている。脳卒中治療ガイドライン2009によれば、TIA発症後90日以内に脳梗塞を起こす可能性は15ないし20パーセント、そのうち48時間以内の発症は約半数である (48時間以内の脳梗塞への移行は5%程度、数ヶ月以内の移行は20[…][ja.wikipedia.org]

  • てんかん

    症候 [ 編集 ] 意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 失行 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経眼科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常[ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    四肢の腱反射亢進 f. 四肢の病的反射 (2)血液・生化学検査所見 一般に異常を認めない。 (3)画像所見 a. 単純X線 後縦靱帯骨化は側面像で椎体後縁に並行する骨化像として認められ、4型に分類される。黄色靱帯骨化は椎弓間に観察される。 b. CT 靭帯骨化の脊柱管内の拡がりや横断面での骨化の形態は、CTによりとらえられる。 c.[hoken.kakaku.com] MTATP6のミスセンス変異が小児期および成人期発症の両方の小脳性運動失調を引き起こすことがあり、時々異常な眼球運動、構音障害、筋力低下、軸索神経障害、および反射亢進を伴うことが報告されている。.[laurarodriguezsa.over-blog.com] FRDAは、通常25歳より前に発症する緩徐進行性の運動失調を特徴とし、典型的には陥没した腱反射、構音障害、Babinski反応、ならびに体位および振動感覚の喪失と関連している. 29罹患者の約25%が発症が遅く(年齢が25歳を超える)、腱反射の保持が遅い、または疾患の進行が異常に遅い.[laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 前脊髄動脈症候群

    反射やBabinski反射は 亢進することが多く断綴言語、眼振、口囲の異常運動や眩暈、難聴をを伴うこと もあるが感覚障害はみられない。遺伝性、家族性に発症する。[ibaraisikai.or.jp] 微熱・倦怠の前駆症の後に急速に病巣 以下の弛緩性麻痺・知覚脱失・膀胱直腸障害・栄養および反射異常が起こる。 病巣の直ぐ上の分節は刺激状態にあるため、知覚脱失部位と知覚正常な皮膚領域 との間には痛覚過敏地帯がある。麻痺は2 3週の後には次第に痙性となってくる。[ibaraisikai.or.jp] 舞踏病 Huntinton舞踏病 小舞踏病 有棘赤血球舞踏病 単優性遺伝・痴呆・精神障害 リウマチ熱・心障害・ASO高値 有棘赤血球症(acanthocytosis) 深部反射消失 3.アテトーゼ 脳性麻痺 脳血管障害 Paroxysmal choreoatethosis 周産期異常・筋固縮 視床症候群(疼痛,異常感覚,視床手) 家族性・外傷[ibaraisikai.or.jp]

  • 髄膜炎

    症候 [ 編集 ] 意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 失行 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経眼科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常[ja.wikipedia.org] 脳組織が増大し頭蓋骨内部の圧力が亢進して、膨張した脳が頭蓋底から押し出され脳ヘルニアになる場合があり、意識レベルの低下、対光反射の消失、異常肢位によって気づくことが多い。また、脳組織の炎症によって脳周囲のCSFの正常な流れが阻害される場合がある(水頭症) 。 小児ではさまざまな原因からてんかん発作を来たす。[ja.wikipedia.org]

  • 脳塞栓症

    身体所見(神経学的所見) [ 編集 ] 上記の巣症状のほか、上位中枢の障害を示唆する 錐体路徴候 ( 腱反射 の亢進、 バビンスキー反射 の出現)や 眼球運動 異常などから梗塞部位が推測できる。神経学的所見から脳梗塞(脳卒中)の客観的な重症度を記載する方法として、いくつかのスケールが提唱されている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状