Create issue ticket

考えれる132県の原因 反射低下(後に)

つまり: 反射低下(後に

  • 妊娠

    * 分娩前連用-出産新生児に退薬症候群(多動、振戦、反射亢進、過緊張等)が発現。 * 妊娠中の投与により、葉酸低下の報告[添付文書,1999.5.改訂]。 D :ヒト胎児に作用して奇形あるいは非可逆的障害の発現頻度を高める薬、高めたことが推定される薬、高めるであろうことが強く疑われる薬。これらの薬は薬理学的な副作用を伴うこともある。[drugsinfo.jp]

  • ニューロパチー

    ギラン・バレー症候群(GBS) 現場で役立つポイント ギラン・バレー症候群(GBS) は、軽い上気道炎症や下痢などの先行感染、急激な 四肢筋力低下 と 腱反射の低下・消失 、 脳神経症状 、 自律神経症状 などがあらわれる。 治療開始の遅れが後遺症や予後不良につながるため、積極的に早期治療を行う必要がある。[nurseful.jp] ギランバレー症候群(Guillain Barre sundrom、感染ニューロパチー) 急速に麻庫、腱反射低下が上行し呼吸不全を起す。患者の1/3 は人工呼吸器が必要。発症 数週前に呼吸感染や胃腸感染(Campylobacter)を伴うことが多い。[yamamotoclinic.jp]

  • 起立性低血圧

    しかし血圧の低下はすぐに圧受容体のトリガーとなって血管収縮を起こし(圧受容器反射)血液がくみ上げられるので、正常生体内では血圧はそれほどは低下しない。したがって、起立に血圧が正常より低下するにはさらに二次的な原因が求められる。その原因とは血液量の減少、何らかの疾患、薬物使用、あるいは稀ではあるが安全ベルトなどである。[ja.wikipedia.org] しかし血圧の低下はすぐに圧受容体のトリガーとなって血管収縮を起こし( 圧受容器反射 )血液がくみ上げられるので、正常生体内では血圧はそれほどは低下しない。したがって、起立に血圧が正常より低下するにはさらに二次的な原因が求められる。その原因とは血液量の減少、何らかの疾患、薬物使用、あるいは稀ではあるが安全ベルト [4] などである。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    CIPNの診断は、病歴・深部腱反射の消失、神経障害性化学療法に生じた左右対称性の手袋-靴下型の感覚低下もしくは異常感覚、のいずれかの有無によって判断された。対象は当初paclitaxelとoxaliplatin使用関連のみに限定したが、後にdocetaxel・cisplatinにも対象を広げた。[jspm.ne.jp]

  • 多発性神経炎

    ギランバレー症候群(Guillain Barre sundrom、感染ニューロパチー) 急速に麻庫、腱反射低下が上行し呼吸不全を起す。患者の1/3 は人工呼吸器が必要。発症 数週前に呼吸感染や胃腸感染(Campylobacter)を伴うことが多い。[yamamotoclinic.jp] 腰部脊柱管狭窄症(腰部神経根や馬尾の圧迫) 特徴:足背動脈の触知は良好 障害神経根に一致した知覚障害・筋力低下・腱反射低下が安静時で もみられる。狭窄が強ければ会陰部灼熱感の出現や膀胱直腸障害あ り。[ibaraisikai.or.jp] 一般に腰椎を湾することにより軽減(自転車に長時間乗れる ・前屈姿勢で軽快) 分類:馬尾型:多根性障害、下肢・臀部・会陰部の異常感覚が特徴 神経根型:単根性障害、下肢・臀部の疼痛が特徴 混合型:両者の合併 診断:臨床的特徴・腰椎単純レ線・MRI 神経内科と脊髄疾患 1.[ibaraisikai.or.jp]

  • 高カリウム血症

    一部の患者では、おそらく高カリウム血症によって引き起こされた異常感覚が、筋力低下の前ぶれとなる。脱力発作中、腱反射は減弱ないし消失する。 激しい運動をしたに持続的に軽い運動を続けることにより、運動を続けた筋でのみ麻痺の出現を遅らせたり防いだりすることができるが、安静にしていた筋では筋力低下が生じる。[grj.umin.jp]

  • 狭心症

    2.アダラート(ニフェジピン):最も強力な血管拡張作用を有し、血圧低下 による負荷軽減作用も強力である。そのため反射性の交感神経緊張をお こし頻脈を招く。安静狭心症に対する有効率も90%と最も高率。抗不整 脈作用はない。[nms.co.jp]

  • 血管迷走神経性失神

    ①神経調節性失神 1.迷走神経反射性失神 立位数分に循環血液量低下のため心拍出量が低下し、心臓副交感神経の亢進によって過度の徐脈となり、全身の血圧低下を引き起こし、顔面蒼白となって失神を来すものです。発作直前には、眼前暗黒感、嘔気、頭重感、頭痛、複視、腹痛を伴うこともあります。[toyoko-stroke.com]

  • 失神

    ①神経調節性失神 1.迷走神経反射性失神 立位数分に循環血液量低下のため心拍出量が低下し、心臓副交感神経の亢進によって過度の徐脈となり、全身の血圧低下を引き起こし、顔面蒼白となって失神を来すものです。発作直前には、眼前暗黒感、嘔気、頭重感、頭痛、複視、腹痛を伴うこともあります。[toyoko-stroke.com]

  • 起立性失神

    ①神経調節性失神 1.迷走神経反射性失神 立位数分に循環血液量低下のため心拍出量が低下し、心臓副交感神経の亢進によって過度の徐脈となり、全身の血圧低下を引き起こし、顔面蒼白となって失神を来すものです。発作直前には、眼前暗黒感、嘔気、頭重感、頭痛、複視、腹痛を伴うこともあります。[toyoko-stroke.com] しかし血圧の低下はすぐに圧受容体のトリガーとなって血管収縮を起こし( 圧受容器反射 )血液がくみ上げられるので、正常生体内では血圧はそれほどは低下しない。したがって、起立に血圧が正常より低下するにはさらに二次的な原因が求められる。その原因とは血液量の減少、何らかの疾患、薬物使用、あるいは稀ではあるが安全ベルト [4] などである。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状