Create issue ticket

考えれる11県の原因 反射低下, 呼吸筋麻痺

  • ギラン・バレー症候群

    その後、下肢から体幹部に向かい左右対称性に筋力低下や麻痺が上行する。四肢麻痺は、遠位に強く現れる。呼吸麻痺が発症すると人工呼吸器により呼吸管理が必要となることがある。運動神経の障害が主であるが、軽度の感覚神経障害も発症する。特に異常感覚や神経因性疼痛が多く支持療法が必要となることも多い。[ja.wikipedia.org] 急性・急速進行性・左右対称性・全身性・遠位筋優位の筋力低下である。末梢性神経障害のため、弛緩性麻痺となることが特徴である。 反射弓の障害 深部腱反射低下や消失が特徴的とされている。神経根の障害からレンショウ抑制や側方抑制の障害が起こることによって腱反射が亢進することがある。この所見は軸索型GBSで認められやすい。[ja.wikipedia.org] ギラン・バレー症候群が全身型の疾患であるのに対して、同様の自己免疫が原因で末梢神経の障害が起こる疾患にフィッシャー症候群やビッカースタッフ型脳幹脳炎があり、外眼麻痺、失調、深部反射低下などが見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 低カリウム血症

    中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 骨格筋機能の重度の障害からくる呼吸不全は稀なことではない。 特徴的な心電図が得られる。 T波の平坦化/陰性化 U波出現 ST低下出現 ST低下 U波増大 PR間隔延長 最も多い原因は腎臓または消化管からの過剰排泄で、慢性の下痢や緩下剤の長期乱用である。摂取不足だけで無く土食症、嘔吐、胃内容物の吸引も原因となる。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム血症

    血漿K濃度が6mEq/lをこえてくると四肢のしびれ感,脱力感,弛緩性麻痺,不整脈,そしてついには心拍停止や呼吸麻痺による呼吸困難も現われてくる。この場合,血漿K濃度が同程度に上昇しても,ある患者では著明な症状が現われたり,またほとんど出現しない患者もある。[medicalfinder.jp]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    MGでは深部腱反射低下は起こらないがLEMSでは深部腱反射低下する。LEMSに特異的な所見として、減弱している腱反射は、反復運動後はかえって亢進する(促通現象)。 反復刺激筋電図検査 LEMSの診断に必須であり、MGとの鑑別にも有用である。MGではCMAP振幅の低下はないがLEMSではCMAP振幅が著明に低下する。[ja.wikipedia.org]

  • 急性間欠性ポルフィリン症
  • ボツリヌス中毒
  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] 上位運動ニューロン障害により、 深部腱反射 の亢進、 病的反射 、 痙縮 などの症状を呈し、下位運動ニューロン障害により進行性の 筋力低下 、 筋萎縮 を呈する。[bsd.neuroinf.jp] ALSは、運動ニューロンの変性によって進行性の筋力低下や萎縮を起こし、健康人を数年内に呼吸麻痺により死に至らしめる神経難病で、この経過を遅らせる有効な治療法はいまだ見つかっていない。[news.mynavi.jp]

  • ミオパチー

    症状では両下肢の弛緩性麻痺で発症し数時間かけて上肢へと進展するが、脳神経の障害や呼吸麻痺になることはほとんど無い。早朝、起床時などから脱力が生じることが多く、数時間で回復することが多く、長くても2〜3日で回復する。大量炭水化物の摂取や過激な運動が誘発要因として知られている。[ja.wikipedia.org] 筋ジストロフィの各病型、多発筋炎および皮膚筋炎のほとんど筋障害では持続性の筋力低下を示す。通常は腱反射や感覚は保たれる。近位筋が遠位筋よりも強く対称性に障害され、顔面筋は障害されない肢体(limb-girdle)型の筋力低下を起こすことが多い。これ以外の筋力低下の分布を示す場合は鑑別診断はもっと絞り込むことができる。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺障害

    発作中のK濃度は平均1.7mEq/lであり呼吸麻痺や致死的不整脈などの致命的合併症が起こりうる。 バセドウ病だけでなく橋本病でも起こることがある。 甲状腺機能亢進症に伴う不随意運動としては振戦が一番有名である。手指や足指などに生じる8から10Hzの速い振戦を特徴とする。姿勢時や精神緊張時に増強する。[ja.wikipedia.org] 記憶力と集中力の低下も認められる。また腱反射の弛緩相の遅延と偽性筋強直が認められる。まれな神経障害としては可逆性の小脳性運動失調症、認知機能低下、精神病、粘液水腫性昏睡が知られている。先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)では精神運動発達遅延や小脳失調が知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    なお稀ですが脳神経の障害も知られており、しゃべりにくい、表情麻痺などが報告されています。ただし呼吸がしにくいなどの症状はごく稀ですので、その際には他の疾患でないか考慮する必要があります。 7.[nanbyou.or.jp] これは対称性の運動感覚障害多発ニューロパチー、近位筋と遠位筋が同様に障害される、四肢腱反射消失が特徴とされている。特に特徴的なのは近位筋と遠位筋に同定の筋力低下が起こることでありこのような分布をとるニューロパチーはギラン・バレー症候群とCIDPだけである。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状