Create issue ticket

考えれる41県の原因 反射低下(早期の症状)

つまり: 反射低下(早期の症状

  • ビタミンB12欠乏

    痺れ、反射の変化、味覚症害、 心機能低下、生殖率低下などがある。子供にみられる症状は成長障害、 発達障害、運動障害などがある。早期に治療されなかった場合、生涯的な症状障害になりえる。 小児の場合、脳発達障害や成長障害。 ビタミンB12製剤の皮下注射、経口投与。[ja.wikipedia.org]

  • ニューロパチー

    ギラン・バレー症候群(GBS) 現場で役立つポイント ギラン・バレー症候群(GBS) は、軽い上気道炎症や下痢などの先行感染後、急激な 四肢筋力低下 と 腱反射低下・消失 、 脳神経症状 、 自律神経症状 などがあらわれる。 治療開始の遅れが後遺症や予後不良につながるため、積極的に早期治療を行う必要がある。[nurseful.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    ギラン・バレー症候群(GBS) 現場で役立つポイント ギラン・バレー症候群(GBS) は、軽い上気道炎症や下痢などの先行感染後、急激な 四肢筋力低下 と 腱反射低下・消失 、 脳神経症状 、 自律神経症状 などがあらわれる。 治療開始の遅れが後遺症や予後不良につながるため、積極的に早期治療を行う必要がある。[nurseful.jp]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    腱反射は低下するのが一般的であり,特にアキレス腱反射早期低下消失します。 図 手袋靴下型の感覚障害 これらの事情を踏まえ,まずは以下の質問をします。 Qその(1)「症状はいつごろ起こりましたか?」 診察時には,運動症状と感覚症状の両方があるかもしれません。手にも足にも,左右両側に症状がある可能性もあります。[igaku-shoin.co.jp]

  • 呼吸筋麻痺

    (3)感覚障害、膀胱直腸障害、小脳症状を欠く。ただし、一部の例でこれらが認められることがある。 (4)下肢から発症する場合は早期から下肢の腱反射低下、消失することがある。 (5)身体の領域の分け方と上位及び下位運動ニューロン徴候は以下のとおりである。[nanbyou.or.jp] 普通型- 上肢の筋萎縮と筋力低下が主体で、下肢は痙縮を示す上肢型 進行性球麻痺 - 構音障害、嚥下障害といった球症状が主体となる球型 偽多発神経炎型 - 下肢から発症し、下肢の腱反射低下・消失が早期からみられ、二次運動ニューロンの障害が前面に出る下肢型 但し、初期から呼吸筋麻痺となる例や体幹筋障害、痴呆症状を伴うなど多様 [11] 。[ja.wikipedia.org] 3.症状 ALSは発症様式により、(1)上肢の筋萎縮と筋力低下が主体で、下肢は痙縮を示す上肢型(普通型)、(2)構音障害、嚥下障害といった球症状が主体となる球型(進行性球麻痺)、(3)下肢から発症し、下肢の腱反射低下・消失が早期からみられ、二次運動ニューロンの障害が前面に出る下肢型(偽多発神経炎型)の3型に分けられることがある。[nanbyou.or.jp]

  • 糖尿病性神経障害

    腱反射は低下するのが一般的であり,特にアキレス腱反射早期低下消失します。 図 手袋靴下型の感覚障害 これらの事情を踏まえ,まずは以下の質問をします。 Qその(1)「症状はいつごろ起こりましたか?」 診察時には,運動症状と感覚症状の両方があるかもしれません。手にも足にも,左右両側に症状がある可能性もあります。[igaku-shoin.co.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    普通型- 上肢の筋萎縮と筋力低下が主体で、下肢は痙縮を示す上肢型 進行性球麻痺 - 構音障害、嚥下障害といった球症状が主体となる球型 偽多発神経炎型 - 下肢から発症し、下肢の腱反射低下・消失が早期からみられ、二次運動ニューロンの障害が前面に出る下肢型但し、初期から呼吸筋麻痺となる例や体幹筋障害、痴呆症状を伴うなど多様。[ja.wikipedia.org]

  • 静脈硬化症

    (3)感覚障害、膀胱直腸障害、小脳症状を欠く。ただし、一部の例でこれらが認められることがある。 (4)下肢から発症する場合は早期から下肢の腱反射低下、消失することがある。 (5)身体の領域の分け方と上位及び下位運動ニューロン徴候は以下のとおりである。[nanbyou.or.jp] 3.症状 ALSは発症様式により、(1)上肢の筋萎縮と筋力低下が主体で、下肢は痙縮を示す上肢型(普通型)、(2)構音障害、嚥下障害といった球症状が主体となる球型(進行性球麻痺)、(3)下肢から発症し、下肢の腱反射低下・消失が早期からみられ、二次運動ニューロンの障害が前面に出る下肢型(偽多発神経炎型)の3型に分けられることがある。[nanbyou.or.jp]

  • 筋痙縮

    (3)感覚障害、膀胱直腸障害、小脳症状を欠く。ただし、一部の例でこれらが認められることがある。 (4)下肢から発症する場合は早期から下肢の腱反射低下、消失することがある。 (5)身体の領域の分け方と上位及び下位運動ニューロン徴候は以下のとおりである。[nanbyou.or.jp] 3.症状 ALSは発症様式により、(1)上肢の筋萎縮と筋力低下が主体で、下肢は痙縮を示す上肢型(普通型)、(2)構音障害、嚥下障害といった球症状が主体となる球型(進行性球麻痺)、(3)下肢から発症し、下肢の腱反射低下・消失が早期からみられ、二次運動ニューロンの障害が前面に出る下肢型(偽多発神経炎型)の3型に分けられることがある。[nanbyou.or.jp]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    ギラン・バレー症候群(GBS) 現場で役立つポイント ギラン・バレー症候群(GBS) は、軽い上気道炎症や下痢などの先行感染後、急激な 四肢筋力低下 と 腱反射低下・消失 、 脳神経症状 、 自律神経症状 などがあらわれる。 治療開始の遅れが後遺症や予後不良につながるため、積極的に早期治療を行う必要がある。[nurseful.jp]

さらなる症状