Create issue ticket

考えれる18県の原因 反射亢進 - 上肢よりも下肢に

  • むち打ち症

    神経根症状の場合、腱反射が低下・喪失し、脊髄症状の場合、腱反射亢進(過剰反応)する。 筋委縮検査 上肢または下肢の周囲径を図り、筋委縮が生じているかを確認する。 運動神経が障害され筋力低下が生じている場合、筋肉の使用頻度が減り、筋肉がやせ細る。 自覚症状と検査結果が整合する部分についてのコメントをもらいましょう。[secure01.red.shared-server.net]

  • 亜急性脊髄視神経症(スモン)

    下肢の深部反射亢進し、Babinski徴候が陽性になることもあります。重症の場合には上肢にも障害が及ぶことがあります。 視力障害は20 30%の患者でみられます。最重症の場合失明し、約5%の患者が全盲であるというデータもあります。[suzuka.hosp.go.jp] 特に、異常感覚(ものがついている、しめつけられる、ジンジンする、その他)を伴い、これをもって初発することが多い 2 参考条項 必発症状と併せて、診断上極めて大切である (1) 下肢の深部覚障害を呈することが多い (2) 運動障害 ① 下肢の筋力低下がよくみられる ② 錐体路徴候(下肢反射亢進、Babinski 現象など)を呈することが多[med.nihon-u.ac.jp] い (3) 上肢に軽度の感覚・運動障害を起こすことがある (4) 次の諸症状を伴うことがある ① 両側性視力障害 ② 脳症状、精神症状 ③ 緑色舌苔、緑便 ④ 膀胱・直腸障害 (5) 経過はおおむね遷延し、再燃することがある (6) 血液像、髄液所見に著明な変化がない (7) 小児には稀である 3 鑑別除外診断 ギラン・バレー症候群、亜急性連合性脊髄変性症[med.nihon-u.ac.jp]

  • 静脈硬化症

    […] a.脳神経領域 b.頸部・上肢領域 c.体幹領域 (胸随領域) d.腰部・下肢領域 上位運動ニューロン徴候 下顎反射亢進 口尖らし反射亢進 偽性球麻痺 強制泣き・笑い 上肢反射亢進 ホフマン反射亢進 上肢痙縮 萎縮筋の腱反射残存 腹壁皮膚反射消失 体幹部腱反射亢進 下肢反射亢進 下肢痙縮 バビンスキー徴候 萎縮筋の腱反射残存 下位運動ニューロン[nanbyou.or.jp] 徴候 顎、顔面 舌、咽・喉頭 頸部、上肢帯、 上腕 胸腹部、背部 腰帯、大腿、 下腿、足 重症度分類 2以上を対象とする。[nanbyou.or.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    上位ニューロンの障害による徴候 四肢の筋萎縮(上肢よりも下肢に顕著)、球麻痺、強制号泣・強制失笑、腱反射・下顎反射亢進などである。上位ニューロンの障害が強い症例では、反射が亢進することも、下位ニューロンの障害によって消失していることもある。[ja.wikipedia.org] 上位運動ニューロン障害により、 深部腱反射亢進、 病的反射 、 痙縮 などの症状を呈し、下位運動ニューロン障害により進行性の 筋力低下 、 筋萎縮 を呈する。[bsd.neuroinf.jp] 診察上は、愁哀と驚愕を合併した顔貌、舌は皺襞多く繊維性攣縮あり、液体嚥下に障害あり、両上肢萎縮あり、下肢は膝蓋腱反射が非常に亢進していた以外は特変ない。項末で「唯言語ノ末梢的運動部麻痺ノ為メニ障害アルノミナラス、言談ヲ為スニ非常ニ労スル、発汗淋漓タリ」であるが、筆談は外来流暢であろうが震顫のため平安ならずと記載している。[ja.wikipedia.org]

  • 呼吸筋麻痺

    上位ニューロンの障害による徴候 四肢の筋萎縮(上肢よりも 下肢 に顕著)、球麻痺、強制号泣・強制失笑、腱反射・下顎反射亢進などである。上位ニューロンの障害が強い症例では、反射が亢進することも、下位ニューロンの障害によって消失していることもある。[ja.wikipedia.org] 上肢 の 腱反射 についての記載はない。一方、 下肢 については異常なく、腱反射も亢進していなかったとしている。また自発言語が不能で、書字障害が特徴的であり、漢字より仮名の障害を強く認めるが、読字や言語理解そのものは異常なかったとしている。記載はないが、復唱は著明な 球麻痺 のため不可能であったろう。[ja.wikipedia.org] 診察上は、愁哀と驚愕を合併した顔貌、舌は皺襞多く 繊維性攣縮 あり、液体 嚥下 に障害あり、両上肢萎縮あり、下肢は 膝蓋腱反射 が非常に亢進していた以外は特変ない。項末で「唯言語ノ末梢的運動部麻痺ノ為メニ障害アルノミナラス、言談ヲ為スニ非常ニ労スル、発汗淋漓タリ」であるが、筆談は外来流暢であろうが震顫のため平安ならずと記載している。[ja.wikipedia.org]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    後縦靱帯骨化症 靭帯の骨化は頚椎に最も多く、頚髄の圧迫では手足のしびれ感、運動障害、腱反射亢進、病的反射出現等の痙性四肢麻痺となる。胸髄圧迫では上肢は異常なく、下肢の痙性対麻痺となる。 骨折を伴う骨粗鬆症 脊椎圧迫骨折 … 腰背部痛を伴う脊柱の変形が特徴的である。軽微な外傷後もしくは誘因なく急性の腰痛を生じ寝たきりになることが多い。[city.mihara.hiroshima.jp]

  • 筋痙縮

    […] a.脳神経領域 b.頸部・上肢領域 c.体幹領域 (胸随領域) d.腰部・下肢領域 上位運動ニューロン徴候 下顎反射亢進 口尖らし反射亢進 偽性球麻痺 強制泣き・笑い 上肢反射亢進 ホフマン反射亢進 上肢痙縮 萎縮筋の腱反射残存 腹壁皮膚反射消失 体幹部腱反射亢進 下肢反射亢進 下肢痙縮 バビンスキー徴候 萎縮筋の腱反射残存 下位運動ニューロン[nanbyou.or.jp] 徴候 顎、顔面 舌、咽・喉頭 頸部、上肢帯、 上腕 胸腹部、背部 腰帯、大腿、 下腿、足 重症度分類 2以上を対象とする。[nanbyou.or.jp]

  • 典型的な進行性核上性麻痺症候群

    […] a.脳神経領域 b.頸部・上肢領域 c.体幹領域 (胸随領域) d.腰部・下肢領域 上位運動ニューロン徴候 下顎反射亢進 口尖らし反射亢進 偽性球麻痺 強制泣き・笑い 上肢反射亢進 ホフマン反射亢進 上肢痙縮 萎縮筋の腱反射残存 腹壁皮膚反射消失 体幹部腱反射亢進 下肢反射亢進 下肢痙縮 バビンスキー徴候 萎縮筋の腱反射残存 下位運動ニューロン[mhlw.go.jp] 徴候 顎、顔面 舌、咽・喉頭 頸部、上肢帯、上腕 胸腹部、背部 腰帯、大腿、下腿、足 参考にした診断基準: 厚生労働省特定疾患調査研究班(神経変性疾患調査研究班)による診断基準 4.後縦靱帯骨化症 (1) 自覚症状ならびに身体所見 a.四肢・躯幹のしびれ、痛み、知覚障害 b.四肢・躯幹の運動障害 c.膀胱直腸障害 d.脊柱の可動域制限 e.[mhlw.go.jp]

  • 筋線維束性収縮

    12 後縦靱帯骨化症 靱帯の骨化は頚椎に最も多く、頚髄の圧迫では手足のしびれ感、運動障害、腱反射亢進、病内反射出現等の痙性四肢麻痺となる。胸髄圧迫では上肢は果常なく、下肢の痙性対麻痺となる。 13 脊柱管狭窄症 腰部脊柱管狭窄症:腰痛、下肢病、間欠性跛行を主訴とする。 頚部脊柱管狭窄症:両側の手足のしびれで発症するものが多い。[tama-med.or.jp] 上位ニューロンの障害による徴候 四肢の筋萎縮(上肢よりも 下肢 に顕著)、球麻痺、強制号泣・強制失笑、腱反射・下顎反射亢進などである。上位ニューロンの障害が強い症例では、反射が亢進することも、下位ニューロンの障害によって消失していることもある。[ja.wikipedia.org] 上肢 の 腱反射 についての記載はない。一方、 下肢 については異常なく、腱反射も亢進していなかったとしている。また自発言語が不能で、書字障害が特徴的であり、漢字より仮名の障害を強く認めるが、読字や言語理解そのものは異常なかったとしている。記載はないが、復唱は著明な 球麻痺 のため不可能であったろう。[ja.wikipedia.org]

  • 線条体黒質変性症

    後縦靱帯骨化症 靭帯の骨化は頚椎に最も多く、頚髄の圧迫では手足のしびれ感、運動障害、腱反射亢進、病的反射出現等の痙性四肢麻痺となる。胸髄圧迫では上肢は異常なく、下肢の痙性対麻痺となる。 骨折を伴う骨粗鬆症 脊椎圧迫骨折 … 腰背部痛を伴う脊柱の変形が特徴的である。軽微な外傷後もしくは誘因なく急性の腰痛を生じ寝たきりになることが多い。[city.mihara.hiroshima.jp]

さらなる症状