Create issue ticket

考えれる41県の原因 反射亢進 - 上肢よりも下肢に

  • 神経根障害

    側頸部から一側上肢への放散痛 [症状] 上肢の巧緻運動障害、特にmyelopathy hand 下肢の筋力低下や筋緊張の亢進に伴う歩行障害(特に階段の上り下りなどが困難になる) 躯幹以下の感覚障害、下肢の件反射亢進と病的反射の出現 [症状] 上肢の神経根症状に加え、下肢の遠位優位性知覚障害、痙性麻痺を生じる。[shiga-med.ac.jp]

  • 腰椎神経根障害

    側頸部から一側上肢への放散痛 [症状] 上肢の巧緻運動障害、特にmyelopathy hand 下肢の筋力低下や筋緊張の亢進に伴う歩行障害(特に階段の上り下りなどが困難になる) 躯幹以下の感覚障害、下肢の件反射亢進と病的反射の出現 [症状] 上肢の神経根症状に加え、下肢の遠位優位性知覚障害、痙性麻痺を生じる。[shiga-med.ac.jp]

  • むち打ち症

    神経根症状の場合、腱反射が低下・喪失し、脊髄症状の場合、腱反射亢進(過剰反応)する。 筋委縮検査 上肢または下肢の周囲径を図り、筋委縮が生じているかを確認する。 運動神経が障害され筋力低下が生じている場合、筋肉の使用頻度が減り、筋肉がやせ細る。 自覚症状と検査結果が整合する部分についてのコメントをもらいましょう。[secure01.red.shared-server.net]

  • 頸性脊椎炎

    側頸部から一側上肢への放散痛 [症状] 上肢の巧緻運動障害、特にmyelopathy hand 下肢の筋力低下や筋緊張の亢進に伴う歩行障害(特に階段の上り下りなどが困難になる) 躯幹以下の感覚障害、下肢の件反射亢進と病的反射の出現 [症状] 上肢の神経根症状に加え、下肢の遠位優位性知覚障害、痙性麻痺を生じる。[shiga-med.ac.jp] 受診時には両上下肢の異常感覚,中等度の両上肢知覚障害と巧緻運動障害,歩行障害を認め,膀胱機能は正常で,両下肢反射亢進していました。白血球1万2500/μL,CRP 2.1mg/dL,赤沈59mm,血液培養は陰性でした。[jmedj.co.jp]

  • 脊椎骨軟骨症

    側頸部から一側上肢への放散痛 [症状] 上肢の巧緻運動障害、特にmyelopathy hand 下肢の筋力低下や筋緊張の亢進に伴う歩行障害(特に階段の上り下りなどが困難になる) 躯幹以下の感覚障害、下肢の件反射亢進と病的反射の出現 [症状] 上肢の神経根症状に加え、下肢の遠位優位性知覚障害、痙性麻痺を生じる。[shiga-med.ac.jp]

  • 呼吸筋麻痺

    […] a.脳神経領域 b.頸部・上肢領域 c.体幹領域 (胸随領域) d.腰部・下肢領域 上位運動ニューロン徴候 下顎反射亢進 口尖らし反射亢進 偽性球麻痺 強制泣き・笑い 上肢反射亢進 ホフマン反射亢進 上肢痙縮 萎縮筋の腱反射残存 腹壁皮膚反射消失 体幹部腱反射亢進 下肢反射亢進 下肢痙縮 バビンスキー徴候 萎縮筋の腱反射残存 下位運動ニューロン[nanbyou.or.jp] 上位ニューロンの障害による徴候 四肢の筋萎縮(上肢よりも 下肢 に顕著)、球麻痺、強制号泣・強制失笑、腱反射・下顎反射亢進などである。上位ニューロンの障害が強い症例では、反射が亢進することも、下位ニューロンの障害によって消失していることもある。[ja.wikipedia.org] 徴候 顎、顔面 舌、咽・喉頭 頸部、上肢帯、 上腕 胸腹部、背部 腰帯、大腿、 下腿、足 重症度分類 2以上を対象とする。[nanbyou.or.jp]

  • 仙骨障害

    側頸部から一側上肢への放散痛 [症状] 上肢の巧緻運動障害、特にmyelopathy hand 下肢の筋力低下や筋緊張の亢進に伴う歩行障害(特に階段の上り下りなどが困難になる) 躯幹以下の感覚障害、下肢の件反射亢進と病的反射の出現 [症状] 上肢の神経根症状に加え、下肢の遠位優位性知覚障害、痙性麻痺を生じる。[shiga-med.ac.jp]

  • 亜急性脊髄視神経症(スモン)

    下肢の深部反射亢進し、Babinski徴候が陽性になることもあります。重症の場合には上肢にも障害が及ぶことがあります。 視力障害は20 30%の患者でみられます。最重症の場合失明し、約5%の患者が全盲であるというデータもあります。[suzuka.hosp.go.jp] 特に、異常感覚(ものがついている、しめつけられる、ジンジンする、その他)を伴い、これをもって初発することが多い 2 参考条項 必発症状と併せて、診断上極めて大切である (1) 下肢の深部覚障害を呈することが多い (2) 運動障害 ① 下肢の筋力低下がよくみられる ② 錐体路徴候(下肢反射亢進、Babinski 現象など)を呈することが多[med.nihon-u.ac.jp] い (3) 上肢に軽度の感覚・運動障害を起こすことがある (4) 次の諸症状を伴うことがある ① 両側性視力障害 ② 脳症状、精神症状 ③ 緑色舌苔、緑便 ④ 膀胱・直腸障害 (5) 経過はおおむね遷延し、再燃することがある (6) 血液像、髄液所見に著明な変化がない (7) 小児には稀である 3 鑑別除外診断 ギラン・バレー症候群、亜急性連合性脊髄変性症[med.nihon-u.ac.jp]

  • 化膿性仙腸関節炎

    また多発性神経炎のように、両下肢と両上肢のシビレが脊髄症(myelopathy)で起こることがあり、腱反射亢進、Babinskiに注意しよう。 また下肢麻痺がある時、脊髄の変化のみを考えがちであるが、脳の頭頂部病変(前大脳動脈の脳梗塞、髄膜腫など)でも起こりうることを思い出そう。Babinskiの有無に注意![hhk.jp]

  • 片麻痺

    深部反射亢進し、バビンスキー現象など病的反射が現れる。片麻痺が慢性化すると、上肢は肘 (ちゅう) 関節で屈曲し、下肢は膝 (しつ) 関節と足関節で伸展した型(ウェルニッケ‐マンWernicke‐Mann型の肢位)をとり、麻痺肢を鎌 (かま) で草を刈るように円弧状に回して歩く(円描 (えんか) き歩行)。[kotobank.jp]

さらなる症状