Create issue ticket

考えれる1県の原因 双方向性頻脈

  • カテコールアミン誘発多形性心室頻拍

    2017年11月 住友直方(埼玉医科大学国際医療センター小児心臓科) Q 10歳女性。1歳、4歳で痙攣の既往がある。てんかんの診断で6歳まで抗痙攣薬を投与されていた。脳波は正常で、内服は親の判断で中止した。自転車に乗っていて急に意識を失ったため、来院した。安静時心電図、運動負荷時の心電図を示す。 正しいのはどれか。 1. 洞不全症候群 2. QT延長症候群 3. QT短縮症候群 4. Brugada症候群 5. カテコラミン誘発多形性心室頻拍 回答と解説はこちらから 【解答】 5 【解説】 カテコラミン誘発多形性心室頻拍(catecholaminergic polymorphic ventricular[…][new.jhrs.or.jp]

さらなる症状