Create issue ticket

考えれる75県の原因 原発性脳血管炎

  • 嚢胞性線維症

    お子さんは呼吸器感染(肺炎、気管支炎)を繰り返していませんか? お子さんにキスをしたとき、塩辛く感じませんか? 合わせて、次のような症状があったら、嚢胞性線維症(CF)かもしれません。 ・生後まもなく胎便性イレウス(腸閉塞)をおこした ・咳を繰り返す ・便の量が多い ・脂肪便が出る ・便に特有の臭いがある ・体重がなかなか増えない ・副鼻腔炎がある *症状には個人差があります。全ての症状が現れるわけではありません。 Enter Copyright (C) 2012 Japan Cystic Fibrosis Network All Rights Reserved.[jcfn.jimdo.com]

  • 風邪

    しつこい咳を抑える風邪薬を探し求めている人に、残念なニュースだ。市販されているさまざまな咳止めの薬から米国で「風邪に効く」とされているチキンスープといった民間療法まで、あらゆる治療法に関して米国胸部医学会(ACCP)の専門家委員会が文献のシステマティックレビューを行ったところ、効果を裏付ける質の高いエビデンスがある治療法は一つもなかったという。これに基づき同委員会は指針をまとめ、「風邪による咳を抑えるために市販の咳止めや風邪薬を飲むことは推奨されない」との見解を示した。[…][carenet.com]

  • 急性気管支炎

    厚生労働省が作成を進める「抗微生物薬適正使用の手引き」が推奨する抗菌薬の適正使用は、実臨床でどの程度、実践されているのだろうか。日経メディカル Onlineの医師会員を対象とした調査で、まず、急性気管支炎への抗菌薬処方の実態について聞いた(有効回答医師3642人、調査期間3月30日 4月9日)。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 上気道感染症

    著者の結論: プロバイオティクスは、急性URTIのエピソードが認められた患者数、急性URTIのエピソードの平均持続期間、抗菌薬使用および風邪に関連した学校の欠席についてプラセボより優れていた。この結果は、プロバイオティクスが急性URTIの予防にプラセボよりも有益である可能性を示唆している。しかし、エビデンスの質は低いまたは極めて低い、であった。 アブストラクト全文を閲覧 背景:[…][cochrane.org]

  • 副鼻腔炎

    副鼻腔炎(ふくびくうえん、Sinusitis)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。症状が4週未満の場合は急性副鼻腔炎(ARS)、12週以上続く場合は慢性副鼻腔炎(CRS)と定義される。 原因には感染症、アレルギー、大気汚染、鼻の構造的問題などがある。大部分はウイルス感染症である。症状が10日以上続いたり、悪化していく場合は細菌感染症が疑われる。再発エピソードは喘息、嚢胞性線維症、免疫機能低下の者に多い。X線は合併症が疑われる場合を除いて必要ない。慢性ケースでは、直接造影やCTにより確定検査が推奨される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性副鼻腔炎

    手術紹介 大村耳鼻咽喉科で主に行っている手術をご紹介させて頂きます。 副鼻腔内視鏡手術 慢性副鼻腔炎を外科的に治療する手術です。 慢性副鼻腔炎・ちくのう症については、以下をご覧下さい。 副鼻腔内視鏡手術とは? これまでの慢性副鼻腔炎の手術は、上アゴの歯ぐきの部分を切って、ほほ骨にも穴を開けて、という大掛かりな手術でしたが、現在では内視鏡(ファイバースコープ)を使って、鼻の穴からの手術が行うことができるようになりました。これにより、手術時間はもちろん、患者さん自身の術後の負担が大幅に軽減されました。これまで慢性副鼻腔炎の完治をあきらめていたいた方も、再度検討して頂く価値はあると思います。[…][omura-ent.or.jp]

  • 無気肺

    無気肺(むきはい、英: atelectasis)は、気管支異物、腫瘍による閉塞、肺や主気管支などの呼吸器外科手術に伴う合併症として発症する呼吸器疾患。 気管支の内部に外科的処置による出血により進入した血液や、気管・気管支内にある線毛が機能しないことにより貯留した痰、誤嚥した異物、気道を閉塞する腫瘍などが原因となり、それよりも末梢の肺に空気が入っていないため、肺の一部が虚脱した状態にある。 放置しておくと肺炎なども引き起こすため、早期の治療が必要となってくる。痰による場合、強い咳嗽によって排痰などを促していくようにするが、排出できない場合には吸引を行い強制的に排出する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 非吸収性肺炎

    抄録 過去10年間に4回の肺炎を反復した81歳, 男子の症例の, 臨床的特徴と剖検所見を報告した. 4回の肺炎において, 肺炎病巣中に連輪状陰影が認められたが, 剖検所見では病巣中に拡張した気管支, 細気管支, 肺胞ならびに嚢胞を認めた. 連輪状陰影の発現機序は, 硬化巣中にこれらの含気空間が存在することと, 炎症反応が弱く滲出液が乏しいためであると考えられた. 4回のうち3回の肺炎で陰影の吸収は遅く, 不完全であった. 非吸収性肺炎の機序を本剖検例から明らかにすることはできなかったが, 幾つかの機序について考察した. 更に本症例の場合, 肺炎を繰返し, 肺炎陰影が残存する毎に, 漸次肺活量の低下をきたした.[…][jstage.jst.go.jp]

  • 脳血栓症

    原発血管(PACNS) 原発血管(PACNS)は中枢神経(CNS)に限局した血管炎であり、主に脳や脊髄の軟膜および脳実質内の長径200〜300μmの細動脈から中動脈レベルの血管が障害される。[ja.wikipedia.org] 血管炎によるもの [ 編集 ] 血管 としては 抗リン脂質抗体症候群 、 全身性エリテマトーデス によるものが若年梗塞の原因として有名である。 抗リン脂質抗体症候群 原発性抗リン脂質抗体症候群とSLEなどに合併する続発性抗リン脂質抗体症候群が知られている。[ja.wikipedia.org] これらの所見がなくとも若年者での梗塞やリスクファクターが少ない症例では抗カルジオリピン/β2GPI抗体、ループスアンチコアグラント、抗プロトロンビン抗体などの検査を行うことがある。[ja.wikipedia.org]

  • 前大脳動脈梗塞

    原発血管(PACNS) 原発血管(PACNS)は中枢神経(CNS)に限局した血管炎であり、主に脳や脊髄の軟膜および脳実質内の長径200〜300μmの細動脈から中動脈レベルの血管が障害される。[ja.wikipedia.org] 血管炎によるもの [ 編集 ] 血管 としては 抗リン脂質抗体症候群 、 全身性エリテマトーデス によるものが若年梗塞の原因として有名である。 抗リン脂質抗体症候群 原発性抗リン脂質抗体症候群とSLEなどに合併する続発性抗リン脂質抗体症候群が知られている。[ja.wikipedia.org] これらの所見がなくとも若年者での梗塞やリスクファクターが少ない症例では抗カルジオリピン/β2GPI抗体、ループスアンチコアグラント、抗プロトロンビン抗体などの検査を行うことがある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状