Create issue ticket

考えれる7県の原因 卵胞刺激ホルモン値上昇

  • 卵巣嚢胞

    ですからPCOSの方は、生理中の血液検査で脳から出るゴナトロピン(LHとFSHのこと)をはかるとLHがFSH(卵胞刺激ホルモン)より高くなるという特徴があります。また、血中の男性ホルモンのも軽く上昇していることがあります。 治療法 PCOSの排卵障害は年齢とともに進み、月経周期はどんどん長くなっていく傾向にあります。[marianna-u.ac.jp]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    (インスリン抵抗性) ですからPCOSの方は、生理中の血液検査で脳から出るゴナトロピン(LHとFSHのこと)をはかるとLHがFSH(卵胞刺激ホルモン)より高くなるという特徴があります。また、血中の男性ホルモンのも軽く上昇していることがあります。[kasaoka-clinic.jp] ですからPCOSの方は、生理中の血液検査で脳から出るゴナトロピン(LHとFSHのこと)をはかるとLHがFSH(卵胞刺激ホルモン)より高くなるという特徴があります。また、血中の男性ホルモンのも軽く上昇していることがあります。 治療法 PCOSの排卵障害は年齢とともに進み、月経周期はどんどん長くなっていく傾向にあります。[marianna-u.ac.jp]

  • 卵管炎

    黄体形成ホルモン(LH)測定 黄体形成ホルモン(LH)はFSHとともに下垂体から分泌されるホルモンです。 卵巣を刺激卵胞を発育させる働きがあります。また、排卵近くになると上昇し(LHサージ)、成熟した卵胞の一部を破裂させて排卵を起こします。 排卵後は残った卵胞を黄体化させる働きがあります。[okamotoclinic.gr.jp]

  • 卵巣過剰刺激症候群

    ですからPCOSの方は、生理中の血液検査で脳から出るゴナトロピン(LHとFSHのこと)をはかるとLHがFSH(卵胞刺激ホルモン)より高くなるという特徴があります。また、血中の男性ホルモンのも軽く上昇していることがあります。 治療法 PCOSの排卵障害は年齢とともに進み、月経周期はどんどん長くなっていく傾向にあります。[marianna-u.ac.jp]

  • 多子出産

    また二卵性双生児の母親が受胎した際、卵胞刺激ホルモン上昇している傾向が見られる。その影響を受け、妊娠前の生理の周期が早まったり期間が短くなっていることが多い。他に、以下のような幾つかの要因が二卵性双生児の受胎に影響を与えていると考えられている。 30歳から40歳ぐらいである(特に35歳以上の妊婦の発生率が高い)。[ja.wikipedia.org]

  • XY/XXY モザイクがあるクラインフェルター症候群

    精巣への線量が0.2Gy未満では血清FSH(卵胞刺激ホルモンや精子数に対する有意な影響はありませんが、0.2-0.7Gyでは一過性の線量依存性の血清FSH値上昇や精子濃度低下をきたし、12-24か月以内に正常に復します。[imamoto-uro.com]

  • 排卵

    ですからPCOSの方は、生理中の血液検査で脳から出るゴナトロピン(LHとFSHのこと)をはかるとLHがFSH(卵胞刺激ホルモン)より高くなるという特徴があります。また、血中の男性ホルモンのも軽く上昇していることがあります。 治療法 PCOSの排卵障害は年齢とともに進み、月経周期はどんどん長くなっていく傾向にあります。[marianna-u.ac.jp]

さらなる症状