Create issue ticket

考えれる1県の原因 卵胞刺激ホルモン値上昇

  • 多子出産

    また二卵性双生児の母親が受胎した際、卵胞刺激ホルモン上昇している傾向が見られる。その影響を受け、妊娠前の生理の周期が早まったり期間が短くなっていることが多い。他に、以下のような幾つかの要因が二卵性双生児の受胎に影響を与えていると考えられている。 30歳から40歳ぐらいである(特に35歳以上の妊婦の発生率が高い)。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状