Create issue ticket

考えれる11県の原因 卵管炎

  • 性感染症

    (Vol. 29 p. 239-241: 2008年9月号) わが国の性感染症(STD)サーベイランスは、性病予防法に加え、1987年以降感染症発生動向調査事業により実施されてきた( 資料1 およびIASR 19: 198-199, 1998 )。1999年4月の感染症法施行後は法に基づく感染症発生動向調査において、梅毒の全数届出が医師に義務付けられ、性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、淋菌感染症がSTD定点から毎月報告されている(届出基準は[…][idsc.nih.go.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    骨盤腹膜炎(こつばんふくまくえん)は、骨盤内炎症性疾患(Pelvic inflammatory disease : PID)ともいわれ、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)、淋菌などの微生物により発生する感染症である。性感染症 (STD)の一種でもある。 膣から上記微生物が侵入し、子宮、卵管を経由して腹腔内に到達、骨盤内にて腹膜に炎症を起こすためこの名がある。従って女性にしか発生しない。 性交との関連性が強く、通常初経前、閉経後、妊娠中には発症しない。 初体験年齢の低下に伴って若年層にも増加している。 下腹痛、発熱、帯下、不正性器出血、性交時痛等が見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 大腸菌

    嫌気性菌 / グラム陰性菌 / 杆菌 関連項目 カナマイシン 細菌 腸内細菌 水汚染 卵巣炎 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて 情報 栄養・生化学辞典 の解説 大腸菌 大腸に多い菌で,グラム陰性の桿菌. 遺伝子工学 などで広く利用される. O-157 のように病原性のある株もある.[kotobank.jp]

  • クラミジア感染
  • 虫垂炎

    消化器系 腸、大腸憩室、便秘、腸閉塞 生殖器系 卵巣 循環器系 大動脈解離 泌尿器系 腎盂腎炎 呼吸器系 肺炎 ほか 子宮内膜症 炎症が軽度であれば絶食・輸液管理を行い、セフェム系抗菌薬投与を行うことで快復することも多い。[ja.wikipedia.org] 腹痛を起こす疾患は数限りなくあり、右下腹部痛だけとっても腸、大腸憩室症、卵巣、さらには単なる便秘なども考えなくてはならない。超音波検査やCTで炎症性に腫大した虫垂が描出されれば診断はほぼ確定するが、すべての症例にみられるわけではない。[ja.wikipedia.org]

  • 虫垂切除術

    消化器系 腸、大腸憩室、便秘、腸閉塞 生殖器系 卵巣 循環器系 大動脈解離 泌尿器系 腎盂腎炎 呼吸器系 肺炎 ほか 子宮内膜症 炎症が軽度であれば絶食・輸液管理を行い、セフェム系抗菌薬投与を行うことで快復することも多い。[ja.wikipedia.org] 腹痛を起こす疾患は数限りなくあり、右下腹部痛だけとっても腸、大腸憩室症、卵巣、さらには単なる便秘なども考えなくてはならない。超音波検査やCTで炎症性に腫大した虫垂が描出されれば診断はほぼ確定するが、すべての症例にみられるわけではない。[ja.wikipedia.org]

  • 卵管水腫

    卵管水腫(らんかんすいしゅ、hydrosalpinx)とは粘膜の癒着、腔の閉塞が起こり、腔に分泌液が貯留する病態。水症とも呼ばれる。 からの移行、人為的失宜、先天的生殖器奇形。 腔の癒着と閉塞、分泌液貯留、不妊が起こり、両側性の場合は受胎できない。卵胞嚢腫と誤診されることがある。 有効な治療法は無い。[ja.wikipedia.org]

  • 卵管留膿症

    卵管蓄膿症(らんかんちくのうしょう、pyosalpink)とは閉鎖された卵管内に膿様分泌物が貯留したもので、の膨隆を伴う。膿腫とも呼ばれる。化膿性子宮内膜、子宮蓄膿症に続発するものが多い。両側性の場合は受胎できない。有効な治療法は無い。[ja.wikipedia.org]

  • 不妊

    HUMAN 基礎体温 基礎体温 卵管因子 卵管は精子が卵子に向かい、受精した(胚)が再び子宮に戻るための道です。が炎症などによって詰まっていると、妊娠は起こりません。や骨盤腹膜の原因となるクラミジア感染症にかかったことがある方で、ほとんど無症状のうちにが詰まっていることもあります。[jsog.or.jp] クラミジア感染症はまれにフィッツヒューカーティス症候群という肝周囲を起こす。若年女性の上腹部痛の鑑別として重要である。また不妊症にいたらなくとも炎症によっての輸送能が低下すると子宮外妊娠も起こしやすいので注意が必要である。 子宮因子 ほとんどが子宮の形態異常である。[ja.wikipedia.org]

  • 乱交

    二股(ふたまた)とは、二人の恋人と同時交際すること。様々な事象において、主に対立する二つの両方に味方するような場合もこの言葉が使われる。戦国時代末期、伊達政宗が「二股膏薬」(右足の股にも左足の股にもいつの間にかついている貼り薬。風見鶏と同様の意味)と揶揄されていたようであり、本来はこちらの意味が主流だった。 二人の異性または同性と同時に交際していることを、「二人に股を使っている」(二人とセックスしている)という意味から「二股」となった。 「二人にまたいで交際している」ということから「二また」(ただし、「またぐ」は漢字で「跨ぐ」と書く)となった。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状